山水 治夫 公式ブログ  ” ハレ”

    ハレラマ、瀬織津姫でお馴染みヤンズこと山水 治夫のブログ

 

お知らせ

お陰様で2月20日に瀬織津姫Caféは2周年を迎えました💝

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

RSS取り込み1

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ヤンズ
おはようございます。
ミートホープの一番最初の記者会見の時の父親と三男でしたっけ?あのやりとりは忘れられませんね。父を諭す息子。
ピアノ業界もひどいですよ。でも多分全ての業種、業界同じなんだと思いますね。昨今の報道を見ているとそう思えてなりません。
赤城おろしさんも顔色みてましたか!笑
血の抜けたカツオほど美味しくないものはありませんからね。マグロって不思議ですが、生のものと解凍のものとそんなに変わらなかったり生の方が美味しくなかたりしますが、あれは漁船の中の冷凍技術がすごいのでしょうかね?
簿記右派ひねくれもの?なのかきゅうりや人参はわざと曲がったものないかと探すときありますよ。笑


http://harerama.hahaue.com
投稿者:ちゃんりー
(製造者はそれを見越して偽装工作してる)
ってたしかにあるかもですねー。
まっすぐなきゅうりしか買わない人が多い時代ですからー。
生産者も消費者もおなじ想念になっているからこのような時代になっているんだろうと思ったりします。わたしも気をつけないとー!!!

ヤンズさん。ピアノの話しもひどいですね!
音楽のわかる人でもわかんない人でもドイツ製といわれると、へ〜!ておもいますよね。
投稿者:ヤマガタ
主婦の私ももちろん毎日スーパーで戦いです。
ヤンズさんから教えてもらいましいたが、肉の着色はもちろん、酸化防止剤などにも神経を配るようになりました。でもなかなかそうなると買う物が少なく最初は大変でした。でも今は買えるものが少なくても安心に重点をおいています。ありがとうございました。
マスコミ、政府は切りのいいところで報道、問題をしりすぼみにしてゆくことは目に見えてますね。ですから私達自身の心構えが一番の防御策ですね。がんばります!
ちなみに、サンマの刺身は冷凍ものはないと思います。100パーセントでないかもしれませんが、、、
今の時代、それだけは生物の新鮮なものだけ刺身で出していると思います。居酒屋などでは分かりませんが。
投稿者:赤城おろし
> まずい経験があるもんだから、いつも魚の顔色(笑)を見て
> から取って買ってますよ。例えば、カツオのたたきなんかね。

 私も、サンマ、鯵、鰯とか個体モノ(?)なんかは顔色見て買いますね。
 でもねぇ、刺し身なんてのは殆どが冷凍であって、解凍してパックして店頭に並んだその日が製造日(+数時間が消費期限)になってる訳。パックしても店頭に出さず再度冷凍してしまえば然程鮮度は落ちない(但し解凍した際、細胞膜が壊れてるから水っぽくなってる)。「まぐろ、マグロ、鮪」って、何が何でもマグロを欲しがってる&有り難がってるバカ者には製造日なんて分らないし「関係ねぇ」。
 私なんか、不味いマグロより鰹のたたきの方が好き。スーパーの見切り品(半額だ!)で鰹のたたきをサクで買ってきて、即フリーザーに入れちゃう。急速冷凍でないので細胞膜の破壊は仕方ないと思うが、1週間以内なら買った日と遜色なく食せる。
 何か言いたいのか? 偽装工作した製造者は確かに悪い。が、ネームバリューに安心し切ってしまう、騙され易く、物事の本質を見抜けなくなった消費者にも責任があると思うのだが(製造者はそれを見越して偽装工作してる)、いかがだろう?
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ