山水 治夫 公式ブログ  ” ハレ”

    ハレラマ、瀬織津姫でお馴染みヤンズこと山水 治夫のブログ

 

お知らせ

瀬織津姫出版 設立  http://www.seoritsuhime.com

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

QRコード

RSS取り込み1

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:HOSHU
ちなみに、ベアレンのヴァイツェンは夏冬限定です。
具体的にいつからいつまでとは決まっていません(現在は販売中)。
もちろん、他の商品もおいしいですが。

冷蔵に関しては、意外に理解のないお店って多いですね。
特にスーパーは、生鮮品・乳製品とか扱っていて、
一番基本的な事であるはずなのに。
あるお店では、9年前に賞味期限が切れているビールを平然と置いてあった事もありますねw
ビールに限らず、「お酒は生もの」という意識を是非もってほしいですね。
投稿者:ヤンズ
そうでしたね。以前、ベアレンを紹介してもらい、
HPを見ました。岩手でしたよね。少人数でやってい
て好感がもてましたが、購入まではいかなかったで
す。来年も何度か岩手に釣りにいきますので、今度
はそこも寄ってみようかなと思います。

僕はこの中では小江戸ブルワリーのヴァイツエンは
飲んだ事あります。ものすごく濃いものでしたね。
濁っているというのを超えて、茶色いものでした。
確か。
前に、ここかコメントコーナーに書いた記憶がある
けど、この小江戸ビール(埼玉県)は酵母入りのや
つは当然、銀河のヴァイツエン同様に要冷蔵なんで
すが、埼玉県内の会社近くのスーパー&酒屋では、
まったく冷蔵してなくてがっくりしまくりでした。

裏ラベルの説明書きを店の人に見せて教えてあげて
も「はいはい」の返事だけで数日後にいってみたら
前と同じで、なんにもしてない、、、そういった意
識の小売店が多くて、がっくりします。アルコール
を売る、専門のお店が客に指摘されてもぜんぜん無
頓着、、、問題はそれに対して、置いてもらってい
る、、、という感覚でしかの存在価値のない(ま
だ)小企業の弱さ。あんまり細かい要望(要冷蔵)
をいうと、面倒がられて置いてもらうこともできな
いというジレンマ。そういったものを感じました。
投稿者:HOSHU
探すと結構あるんですよね。
ほかには、富士桜高原ビール・軽井沢高原ビール(「よなよなエール」という名前の方が有名ですが)・那須高原ビールなど。
高原ビールではないですが、小江戸ブルワリーやベアレン醸造所のヴァイツェンはなかなかおいしいです。
ベアレンは、以前にも言ったように元銀河高原ビール醸造技術者が造っていますし。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ