山水 治夫 公式ブログ  ” ハレ”

    ハレラマ、瀬織津姫でお馴染みヤンズこと山水 治夫のブログ

 

お知らせ

お陰様で2月20日に瀬織津姫Caféは2周年を迎えました💝

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

RSS取り込み1

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ヤンズ
平九郎さんへ。

>龍は結婚したら、男女連なって地上に降り、二体とも蛇に変身して子供を創ると言われていますが・・・

へ〜!そうなんですか〜!
まさにそんな感じですよ♪!

いつも笑っていたいですね。(笑)

http://harerama.hahaue.com
投稿者:平九郎
えっ、男の龍神がもう一体連なっているのですか?

龍は結婚したら、男女連なって地上に降り、二体とも蛇に変身して子供を創ると言われていますが・・・、まさか!!。

そう思うと哀しい表情も消えたような・・・。私もいい加減ネガティブで済みません(笑)。
そう言えば龍の世界は、男だらけで女性が極端に少なく、大変な結婚難らしいです。

男の龍の顔は幸せで、笑っているのかも・・・。

何はともあれ、「成龍哀し」の発言は訂正しときます。

ではでは。
投稿者:ヤンズ
平九郎さんへ。

ありがとうございます。龍もくわしいんですね!
そうか〜。男の龍と女の龍があるんですね。

実は、、、


この龍神さんですが、、、

左の上にもうひとつ龍神がいて繋がっていたんですよ。

胴体が一緒というか、、、それは明らかに男の龍の感じです!

http://harerama.hahaue.com
投稿者:平九郎
ジャケットの雲龍、「成龍哀し」の図になっていますね。

「成長した龍は下がるしかない」と言う意味で、中国では余り歓迎されないのですが、何か今の自分、今の日本を表しているようで感慨深く見入ってしまいました。

お気を悪くさせてしまったら、済みません。

それと龍は当然、人間同様、雄と雌・・・じゃ無くて、男と女に分けられます。
因みに、角が太く、鬣がしっかりしていて、鱗が大きいのが男の龍、角が細く、鱗が細かく滑らかで、胴が太いのが女の龍です。

ジャケットの雲龍は、女の龍の特徴が見れますね。何かやはり哀しげです。

ではでは。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ