山水 治夫 公式ブログ  ” ハレ”

    ハレラマ、瀬織津姫でお馴染みヤンズこと山水 治夫のブログ

 

お知らせ

瀬織津姫出版 設立  http://www.seoritsuhime.com

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

QRコード

RSS取り込み1

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ヤンズ
ヤマガタさんへ。

ありがとうございます。
ただただありがとうございます。

http://harerama.hahaue.com
投稿者:ヤマガタ
おはようございます。
めったに見れない写真ありがとうございます。
そして続編ほんとうに楽しみです。
旅の連続でお身体が心配です。
しっかりとケアしてくださいね。
投稿者:ヤンズ
越中増井さんへ。
おはようございます。
涙ですか、、、ごいすね〜。17歳の僕にもすでにそのような純な感性はなくなったかな、、、
ありがとうございます。

http://harerama.hahaue.com
投稿者:ヤンズ
白兎の小使いさんへ。
ありがとうございました。いつかまた大和へ旅することができたら、中社へも参拝したいと思います。
魚を使って占いをするなんて!僕にもできるかな?!(瀑)

http://harerama.hahaue.com
投稿者:越中増井
追伸…に。やっぱりでした!やっぱり本の出版は一か月遅れたのですよね?その20年7月7日は私は初めて立山に足を踏み入れ「称名の滝」で涙を流しておりました。あ〜納得できました。
投稿者:白兎の小使い
 さっそくアップしていただきまして、誠にありがとうございます。
 ずっとパソコンの中に埋もれていました。それよりも、ミズハノメノ神、瀬織津姫のために尽くされている方のブログ上で、陽の目を見ることのほうがはるかに価値があります。姫もお喜びのことと思います。
 このあたりは神武天皇の頃の聖蹟が多く、中社の付近は神武天皇が伊勢の神を祭祀したところと、ホツマには出ています。すぐ近くに夢淵という川の合流する地点がありますが、その美しさは言い表せません。
 神武天皇が、ここで魚を使って、今後の戦いの占いをされたのですが、その魚とは鮎、だったそうです。鮎という漢字は、後の世のものでしょうが、文字通りですね。

http://blogs.dion.ne.jp/yakamihakuto
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ