2009/12/15

ヴェネツィアの雪  イタリア歩き

クリックすると元のサイズで表示します


イタリアで年越しをしたある年、新年のニュースをホテルのテレビで見ていました。メインのニュースは日本と同じく、各地のニューイヤーの様子。イタリア各都市が紹介される中で、一番美しかったのがヴェネツィアでした。よし、次にイタリアで年を越せる機会が訪れたら、ヴェネツィアに行こう!!!

というわけでやってきました、年末のヴェネツィア。

そういえば、あの時テレビで見て印象的だったのは、リアルト橋越しに見える花火だった気もするのですが、カウントダウンを目指しサン・マルコを訪れます。コンサートなどのイベントも楽しみ、いよいよカウントダウン。新年を向かえ、乾杯!、カナル・グランデに上がる花火も堪能しました。事前に用意したスプマンテを握り締め、寒さに震えながら新年を待っている間に雪がパラパラと振り出しました。花火も終わり、広場のすぐ近くの宿に歩いて帰る途中にも雪は降り注いでいました。

翌朝はローマへ移動する予定。ヴェネツィアを後にするのは、非常に後ろ髪を引かれるのですが、ローマは私の最も好きな街。ローマを目いっぱい楽しむためにも早朝、宿を発ち列車に乗らなければいけないのです。が、昨晩から降り出した雪で街はうっすらと白化粧、その上に足を踏み出すとすぐにべちょべちょに。宿から駅まで20分で歩けるだろうという予想の元、ローマ行きの列車を予約していたのですが、その3倍ほどの時間をかけてようやく駅にたどり着きました。予定より1本遅れの特急には間に合うか…と、列車に乗った時に、ダンナがまさかの一言。「ホテルにカメラを忘れて来た」

駅にスーツケースを預け、ホテルへと戻るはめになってしまいました。駅から電話で事情を伝えてあったフロントでカメラを受け取り、ここまで来たのだからと、ちょっと辺りをぐるりと周ってみることに。駅に向かった時は、まだ薄暗かったこともあり、その上、スーツケースを引きずるのに夢中で気が付かなかったのですが、手ぶらで再びホテルへと戻る途中の雪景色のヴェネツィアがすごく綺麗だったんです。サン・マルコ広場へ足を伸ばし、カナル・グランデへも。


クリックすると元のサイズで表示します


当初の予定通りの列車に乗っていたら見ることの出来なかった風景。雪のヴェネツィア。ゴンドラが雪で真っ白です。

幸運、と言っても悪くない景色に出会うことが出来たのですが、これで体力の大分を消耗し、ローマを全く楽しめなかったのですけれど…。でも、ローマにはまた行くことが出来ますが、雪のヴェネツィアは…、ですよね。

タグ: イタリア




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ