2018/10/25 | 投稿者: 中村たけやす

次は久々に単体のクルマを作りましょう。Life on wheelを経験したので模型感が変わっています。艶の有る無いはその人のプロデュースの問題で今の何でもかんでも艶っツヤなカーモデルには反発を感じる。同じ艶感を醸し出すにせよ、なんでも同じ輝きになってしまうウレタン塗料はしばらくは使うのをやめるつもり(頼まれものなら別ですけど)
1/24での艶の出し方とかクルマの存在感などを進めましょう。

という事でこの変化に伴い私自身あまり作ったことのないフェラーリ250GTO 1962年を作りましょう。しかも旧プロター金型のドイツレベルのプラモデルです。いろんな所が開くしねぇ(笑)
クリックすると元のサイズで表示します


フェラーリ250GTOってスケールを通じて3台ぐらいしか製作していない。頼まれても作りませんでした。なぜ?って実車をまともに見たことのない癖にガヤガヤと五月蠅い人が多くて、所属クラブでもあのメーカはあそこが違うとかここが違うとか言い出してるモデラーがいてねぇ。
でも五月蠅い癖に自分で原型は作れないと。本末転倒です。
それならば五月蠅く言う権利はないのかなって思うんだ。

他のクルマでもそうなの。キットの酷評ばかりで、じゃぁ〜〜自分の作品でそれが表現できているか?と言えば出来ていないモデラーが多いのよね。
特に1/43系モデラーは褒める事しかしない。先日も3Dデータで作っている癖に表現したのはキットのままでタイヤがメチャ小さい。でも誰も何も言わないからよりおかしい。えっ、私が言えばって?それは無理、だって約束を守らない大嫌いな人だから。

まずはキットの素性と自分なりのプロターキットの表現を確認しよう。
タグ: 1/24 プラモデル

2016/3/15 | 投稿者: tnmodele

ボディに黒の部分を塗装しました。ドアのダクト部分とサイドウィンドウ枠はセミグロス、リアのスリットとフロント部分はグレーに艶消し黒を混ぜた塗料。エンジン上部はエコーモデルのつや消し黒。
各部分色味や艶を分けてみましたが実物を見て皆様が変わらないな!と思えば私の勉強不足です(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
タグ: 1/24 プラモデル

2016/3/13 | 投稿者: tnmodele

フジミ 1/24 ランボルギーニ・カウンタックはいよいよクリアーを吹き付けます。今回試すのは2016年に発売となったスーパークリア100。デカールを犯しにくいと前評判のクリアーです。でもカウンタックはデカールなし(笑)いろいろな具合を確認したいと。それとすでに希釈されてる塗料なので吹き方とかが今まで常用していたアクセルSと違うので慣れるまでちょいお試し期間!(^^)!
クリックすると元のサイズで表示します



吹いた感じは希釈されてる分自分の今までの感覚とは違うのでどれくらい吹いた良いかが読めない感じ。2回ほどたっぷりと拭いてから数日乾燥させてから1500番のフィニッシングペーパーで面取り。そのあと再度クリアーを吹くと。
クリックすると元のサイズで表示します


またまた数日放置したらコンパウンドで表面を磨く事に。無理せず指の自重で擦るように。コンパウンドも磨き布も指先などで感じる磨き感が少しでも鈍ったら絶えず新しい部分を使う事が綺麗に仕上げるコツかと自分で感じてます。
クリックすると元のサイズで表示します
タグ: 1/24 プラモデル

2016/3/8 | 投稿者: tnmodele

ランボルギーニカウンタックです。プラモデルのパネルライン消しって難しい。どうしてもヒケてくる訳でそろそろ瞬間接着剤などを多用することも考えないといけないかな(笑)
ポリパテはプラ素材への喰いつきはいいが熱が加わるとヒケるわけで無限の凹みループが始まる訳です(笑)特に埋めの終盤は凹みが少ないので紙やすりをかけるとせっかく喰い付いていたパテが取れて同じことの繰り返し。いい勉強になりました。次に生かせます(笑)

という事でカウンタックは最終のサフェを吹き付けてから1500番のフィニッシングペーパーで全体を磨いたら下地色を吹き付けます。

クリックすると元のサイズで表示します
タグ: 1/24 プラモデル

2016/3/6 | 投稿者: tnmodele

ランボルギーニカウンタックはポリパテ修正の第一段階が終わりサフェを吹いてみます。その上から薄めに艦底色を吹き付けて面出しします。
まだまだ凹んでる部分などが分かりますね。この作業を数回繰り返して自分の中で納得できる形状になればサフェーサーを吹く付けて本塗装に入りましょう
クリックすると元のサイズで表示します
タグ: 1/24 プラモデル

2016/3/3 | 投稿者: tnmodele

今回のカウンタックで試したかったことはパネルラインを消すこと。特徴的なデザインのクルマはパネルラインですごく損している気がしたものでねぇ。
車の模型を作る際もやれ艶だとかやれ筋彫りだとかなんか当たり前な事で争うのもなんかバカみたいな気がします。
特にレーシングカーなどはあそこまで艶を艶をと追い込むのもどうなのかと。逆に現実感が無くなりあンスよね。私は車種や年代によっていろんな可能性を見出すのも作品としての楽しみではないかと思います。今後はこの方向でいろんなことに挑戦していこうかなって(まぁ、それでお金を貰ってるわけではないので自分の作品として楽しみたいですよね)

各パーツを取り付けて接着した後にタミヤのポリパテを使ってパネルラインを埋めていきます。と共に歪みや段差なども調整します。
クリックすると元のサイズで表示します


1回目のパテ埋めで調整しきれなかった部分に再度パテの修正をしています。
クリックすると元のサイズで表示します
タグ: 1/24 プラモデル

2016/3/1 | 投稿者: tnmodele

早いもので2016年ももう3月を迎えて外も春に向かっている感じ。
その分花粉症の人々は大変みたいですが。

カウンタックはまずホイールのメッキを剥がすことにしました。どうもメッキが安っぽくて光る感じがもう涙モノ。
そこで、キッチンハイターを使ってメッキはがしです。
剥がした後はグロスブラックを塗装してシルバー系の塗装に備えます。
クリックすると元のサイズで表示します


シルバーはクレオスのスーパーステンレスを塗装しました。狙った感じが出て満足満足!(^^)!
タイヤは中性洗剤で洗ってホイールと組んだら壊れないようにチャック付きビニール袋に入れておきます。
クリックすると元のサイズで表示します
タグ: 1/24 プラモデル

2016/2/28 | 投稿者: tnmodele

ポルシェ917Kのサイケカラーはデカールの大きさが合わずにモチベーションがダウン。というよりはどう仕上げて行くのか苦悩している状態。

そこで気分を変えてフジミ 1/24 ランボルギーニ・カウンタックを始めました。
静岡ホビーショーにおけるモデラーズクラブ展示会で「プロジェクトF」のテーマがランボルギーニとBMWなので参加すべくLP400です。
比較的新しいキットのアオシマをチョイスせず、またやってみたいことを試してみようと思ってます。

で、仮組。
クリックすると元のサイズで表示します

古いキットなので愛は現代の目から見るとかなり厳しい。それと歪みやヒケてる部分などまずは表面修正をしないといけません。
クリックすると元のサイズで表示します

内装部分はこのまま仕上げるとボディにはまるのかな?ハセガワのランチャストラトスもそうなですがボディの下部の絞り具合がネックですね。クリアーを吹いた後、何度も組んでいるとクリアー層にひびが入りそうです。ボディを仕上げたら一発で内装と合体するぐらいな意気込みでないとまずいですね。
タグ: 1/24 プラモデル




AutoPage最新お知らせ