2018/10/15 | 投稿者: 中村たけやす

10月13日に開催されたLife on Wheels展示会に数多くの来場者皆様がいらしていただいて誠にありがとうございました。私以外のメンバーは模型業界人だらけでとっても緊張してしまいました。いやいやほんとこんなメンバーの中に参加できてとても刺激になりました。皆さんも取っても良い人だらけで嬉しい限り。
クリックすると元のサイズで表示します

第二回も参加メンバーで居たいものです(笑)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



2018/9/18 | 投稿者: 中村たけやす

クリックすると元のサイズで表示します

ドライバーが当たるのかどうかを確認しつつフィギュアの肉付けを開始します。そのままじゃ芸がありませんから。
クリックすると元のサイズで表示します

もちろん他の部分も組み立てます。

クリックすると元のサイズで表示します

ボディカラーは1960年代の東ドイツとしてはあり得ないポップな色合いをチョイス。自由に憧れる脱出って感じかな。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します



エンジンはごらんの通りに進行します。でもね、見えなくなるんですよこのエンジン。まぁバカという事で。


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

リアシートには手荷物だけ持って逃げてきたかのようなスーツケースを配置して物語の演出です。





2018/9/15 | 投稿者: 中村たけやす

2018年10月13日(土)に表参道で開催されるLife on Wheels展示会に向けて作品作りをします。
いろいろと考えましたがこのアートからアイディアを頂くことに。
クリックすると元のサイズで表示します

この作品はドイツのビルギット・ギンダー氏の作品でタイトルはTest Best。これを立体化に向けて過去と現代というテーマで再現しましょう。

という事でまずはドイツレベルの1/24・トラバント601Sを組み立てます。

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみにハッチバック車体は壁崩壊25周年のアートカーです。


クリックすると元のサイズで表示します
車を作るのと同時に車内のドライバーと助手席のフィギュアを調整していきます。一から作る事は私のスキルとしては持っていないのでフジミのフィギュアセットをバラバラにして組み立てていきます。




AutoPage最新お知らせ