2016/5/21 | 投稿者: tnmodele

静岡ホビーショーモデラーズクラブ合同展示会も無事に二日間終わり、展示した作品たちを丁寧に水洗いしたのでホームページ用に撮影します。

まずはAxell & Speedbreakerから始めました。
クリックすると元のサイズで表示します
詳細はTN-MODELEまで。よろしくお願いします。
タグ: ネコ Axell

2016/4/19 | 投稿者: tnmodele

クリックすると元のサイズで表示します

ドラムブレーキって感じでワイヤーケーブルを再現してみたぁ。黒の現実的な色合いよりも目立つ色合いでと考え黄色に!(^^)!
どの道、フロントカウルを着けると判りづらいですけどぉねぇ。
ジョイント部分もジャンクパーツからのエッチングパーツを使いそれらしく。

2016/4/18 | 投稿者: tnmodele

メーター部分はレジンのパーツから洋白棒で旋盤加工して作り出しましたよ。これでシルバーの塗装をしなくて済みます!(^^)!
まぁ〜〜清水の舞台から飛び降りる思いで買った機械なので活用しなくては\(^o^)/
クリックすると元のサイズで表示します


あとはメーター内にデカールを仕込みます。そのあとはポンチで透明プラ版を抜いてはめ込みます。
クリックすると元のサイズで表示します


2016/4/17 | 投稿者: tnmodele

接着剤も乾いたのでネジ頭上のリベットを差し込みました。
クリックすると元のサイズで表示します

2016/4/16 | 投稿者: tnmodele

クリックすると元のサイズで表示します
カウルにウィンドウシールドを取り付けます。でもこれもオリジナル使用に!(^^)!内側からクリアーイエローを塗装して表面にはクリアーを塗装(しなくてもよかったんですが私の場合は表面に傷がついたので)
ウィンドウを取り付けた接着剤が乾いたらリベットを取り付けます。

2016/4/14 | 投稿者: tnmodele

フロントカウル部分にリベットを取り付けますが元のイメージ画と脳内イメージに近いリベットはアドラーズネストの1/35のディテールアップパーツ・エレファント用の尖頭ボルト。
クリックすると元のサイズで表示します


ただこちらの商品は真鍮製なので自分のイメージであるシルバーではない。
塗装?諦めて洋白の普通のリベットを使う?

いえいえ、真鍮にニッケルメッキをかけます。鉄道模型でおなじみのマッハモケイが発売するニッケルメッキセット
乾電池2本でお手軽に真鍮などにメッキが欠けられるわけです。
私の場合は直流安定化電源を中古で購入して使ってますが。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


作業方法は単純。メッキする対象物(今回は尖頭ボルト)をピカピカに磨き油脂分を削除します。
電極のプラスにニッケルの板を、マイナスに対象物を
あとは3Vに電圧を設定して1〜2分放置と。すると表面にメッキがかかるんですよ。
早速カットしてカウルに取り付けてみる。イメージ通りに作業が進んでちょっと怖いぞぉ。
クリックすると元のサイズで表示します



2016/4/12 | 投稿者: tnmodele

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

まずは目を塗ります。まず瞳を塗装します、我が家の猫の瞳の周りは黄色味を帯びているんで黄色を塗装した後クリアーイエローを塗り重ねていきます。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します





あとはマスキングして毛並みのベースとなる色を塗装します。あとは地道に色を塗り重ねて深みが出ればいいかなっと。静岡ホビーショーまでに仕上がるかなぁ。


2016/4/9 | 投稿者: tnmodele

Y's retreatのyaszoさんの作品のアイデアに影響されましたヘッドライトの製作。

アルミ棒を原型としてまずはお皿な部分をバキュームしてカウルに取り付ける。
そのあとは下地作りからの本塗装からのクリアーまでを済ませたらヘッドライト部分にシルバーを吹き付け、0.8mmのアクリル棒で電球らしきものを仕込みます。あとはライトカバーをバキュームして収めればいいのです。
でもライトカバーもただのカバーでは面白くありませんので以前1/43製作でも試して高評価(自分の中だけね)だった方法を取ります。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


続きを読む




AutoPage最新お知らせ