自分流。

2012/10/5 | 投稿者: TGD。

単純な時代のフロントウィングは普通に作るんですけど、近年のF1の複雑な付属物がついてるフロントウィングは接着していく工程を考えちゃう。
モデラーの皆さんはどのように対処してるんでしょうかね。普段あまりにも他人のブログを覗かないから、突破口が見つけづらいよね。
だから自分流に突破口を見つけちゃいます。それがいいのか悪いのかは判りません。
クリックすると元のサイズで表示します


見て判ると思いますが、1.5mmのプラバンに付けます。まずは安定させることが重要。

それだけではなく、下には持ち手を取る付ける。何かに挟んで目の高さに持ってくることも出来るし、自分の手で目の高さに持ってくることも出来る。
2007年ごろのウィングなら両脇を高くしておくんですぅ。
クリックすると元のサイズで表示します

それにしても、近年の細かい空力パーツは多いよね。70〜80年代が単純明快で男らしくて好きですね。

さぁ〜〜今週は日本GPね。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ