クリアーを吹く

2012/9/1 | 投稿者: TGD。

デカールもすべて貼り終われば、クリアーを吹く訳で。
希釈を薄い物から焦らずにゆっくりと。急げばデカールが皺になったり、細かいヒビが入ってしまう。目視では解りにくいけど、キズミなどで確認したり、デジカメなどで拡大撮影したりすると現れる。展示会などで、クローズUPされると非常に恥ずかしい。
カルトグラフと言って非常に薄く印刷されているので注意しないと。その辺りは表現しにくい感覚の問題ですね。経験すること以外何とも言えない。

それと白ボディは些細な埃が良く目立つ。塗装ブースを綺麗に掃除しても着ている服の繊維が悪戯するわけ。これは永遠の課題ね。
クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ