Porsche917LH

2016/4/25 | 投稿者: tnmodele

カウルがクリアーを乾かしているうちにシャーシ/コクピット部分を仕上げます。
元はこんな感じ、まったく色気のないです。そこに化粧を施して美人に近づけましょう。
クリックすると元のサイズで表示します


まずはリア部分にあるポルシェ特有のエンジン周り。ファンネルやファンネルカバー、空冷ファンが特徴です。まずはキット部分を根こそぎ削ります。平らにしたらファンネルが入る部分に固定用のネジを仕込むために穴を開けナットを接着します。
ファンネルカバーの部分はZモデルのエッチングパーツを使用します。ただこのパーツは上面部分が平面です。本来は屋根型をしていますので半田を盛って形を作ります。なぜ半田かというと塗装で失敗してシンナー風呂行きになっても形が崩れません。ポリパテだとそうもいきません(笑)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します





この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ