2005/6/10

プロ野球のニューアイドル♪  野球

クリックすると元のサイズで表示します

広島カープのニューフェイスとして今季よりお目見えしたベースボールドッグのミッキー君、かわいいわんこでありますなぁ♪(ミッキー君を知らないというそこの君はこちらを見るように) アメリカでは犬がボールボーイの役を果たすことは珍しくないそうですが、日本では初めての試み。でも、このミッキー君はその愛くるしさと人懐っこさでたちまち人気者ですな。残念な現状もあるようだけど(詳しくはこちら)、ああいうファンの楽しみは今後も続けてほしいな。ミッキー君に続くわんこが出るかが問題だけど。

2005/6/9

今週の高柳さん〜『恋おち』Vol.9  堤真一さん

今回は転落から這い上がるところまでを描いてたって感じでしたね。傷ついて以来、大事なものを失ってぽっかりと心に穴が開いた状態になっていた高柳さん。でも、父親の墓前で何かを決意した高柳さん、七海さんのもとに戻ってきたときは表情も晴れやかになっていたよね。前回でも書いたと思うけど、高柳さんと七海さんはお互いに必要な存在なんだよ。こういうときにそばにいてくれる人こそが、本当に必要なんだから。ふたりの関係がすごくうらやましく思えたし、素敵だなって思ったよ。その後、ふたりして島男君のもとを訪れるんだけど、そのときの高柳さんの応対は今までみたいな高圧的なものじゃなく、どこか思いやるように見えたのは私の気のせい? その高柳さんの忠告をものともしなかった島男君だけど、島男君の愚かさから桜庭さんに見限られ、呆気なく社長の座を解任に…高柳さんの言うとおりになってしまったね。それに、「いくらでも食べ飽きない餓鬼のよう」という龍太君の言葉もずしっときたな。確かに、一度何かを追い求めるとあれもこれも…と切りがなくなるもんね。で、結局すぐに堕ちていった島男君だけど、龍太&まり子が温かく迎えてくれて少しは心もほぐれたんじゃないかと思うね。香織さんも待っていてくれてるよ。そして神谷さんと宮沢さんも。それにしても、過労死した子会社社長の小さい息子さんの怨みの表情が印象的。大切なものを失った者の哀しみを改めて思い知ったでしょ、島男君も。桜庭さんに裏切られたときの島男君の表情がそれを物語ってる。そして高柳さんも、倒れたことで自分自身を改めて見つめ直すいい機会になったと思うんですね。

次回予告、高柳さんは一からやり直そうと再出発するみたいだし、島男君も同様ね。あの台詞を聞いてなんかホッとした。次回ではいい感じの島男君スマイルが見られるかも。高柳さんがんばってほしいぞ。私的には高柳さんと島男君が互いに手を携えあっていけたら、と思うんですが(ふたりのサポート役が神谷さんで)…無理かな!? 今回は少し明るくなりそうな展開になったね。もうあと2回で終わりだし、ますます目が離せないっす。

2005/6/8

祝・出場決定一番乗り!!  サッカー

クリックすると元のサイズで表示します

いや〜、気持ちよかったですねぇ☆ 日本代表、無事にW杯ドイツ大会への切符を獲得することができました。引き分けでも決まる状況だったけど、2−0での勝利にて決めてくれました。前半から結構チャンスをつくっていたけど、1点が決まるまでがすごく長く感じてね。「おいおい、もういいかげんぼちぼち決めてくれ」と私も母も妹もTVに向かってつぶやいていたまさにそのとき、決まったんだよ柳沢君のゴールが! なんていいタイミングだろう(笑)。あれで肩の力が抜けたのか、日本にとっては少し楽になったよね。でも、集中力が切れることはなかったし、今回は特にFWの積極的な姿勢が見られたのが何よりだと思う。とどめの大黒君のゴールもよかったな。北朝鮮の選手が消えちゃってる(笑)隙をついたのも見事だったしね。
クリックすると元のサイズで表示します

で、試合終了後、もっと選手たちはじけるかと思いきや、それほどでもなかったような…8年前のジョホールバルはもっとすごかったから。ま、かくいう私も今回は8年前のときより冷静だったけど。あのときは予選を自力で突破することが何よりの大目標だったけど、今では予選突破はひとつの通過点となってる、その違いがそうさせるのかもね。それだけ、日本代表は変わってきてるってことかな(すいません、うまく文章にまとまらなくて…っていつものことか<爆)。そうそう、実は今日の帰宅途中に西の空にほんの一部分だけ出てる虹を見たの。あれがもしかしたらドイツへの架け橋になったのかな、なんてね(笑)。

8月にはホームでのイラン戦があるけど(イナが出場停止…<涙)、これにも勝って予選を締めくくってもらいたいと今から思う私でありました。はぁ〜、いい内容で勝ったからビールもおいしいね!(笑)

2005/6/7

いよいよ明日…  サッカー

明日の夜、W杯最終予選の北朝鮮vs日本戦です。運命のアウェー戦です。この試合で勝つか引き分ければ、日本のW杯出場が決まるのよね。しかもこの決定が世界最速になるんだって! 欧州や南米などではまだまだ熾烈で過酷な予選ラウンドが繰り広げられている中でこんなにさっさと決まっちゃったらよそから「俺たちが戦ってるってのにもう決定かよ、ええこっちゃ」なんて言われそうだけど(そんなことないか!?)、苦しくならないうちにさっさと決めた方がいいと思うので、これはもういただいちゃおう、と。このところ仕事が忙しくて残業続きな私も、明日の決戦はそれどころじゃありません。残業なんて断って定時でそそくさと帰宅して、夕食も風呂も時間前に済ませるつもり。この日ばかりは久々にサッカーを優先したいと思ってますわ(笑)。

さぁ、我らが日本代表が見事に決めてくれるか…今からタイに向かって念を送っておきます。君たち〜、明日は頼んだからね〜!!

2005/6/6

昨日観てきたので…(ネタバレ注意)  映画

クリックすると元のサイズで表示します

『ミリオンダラー・ベイビー』を昨日観てきました、名古屋のTOHOシネマズで。4月から入会しているシネマイレージカードのスタンプラリーが6個に達していたので、そのおかげでタダで鑑賞できたのはありがたい♪(笑) 老トレーナーと女性ボクサーとの交流を描いたお話です。ふたりの共通点は「家族愛と疎遠である」ということかな。トレーナーのフランキーは娘に縁を絶たれ、一方のボクサー・マギーは父親と死別し、母親から愛情を注いでもらえない。そんなこんなでふたりは最高のパートナーとなり、絶大な信頼関係を築いていくんだよね。まるで本当の親子のように。後半以降でマギーはボクシングの道を絶たれた上に寝たきりの生活を強いられるんだけど、そんな姿になってもなお献身的に尽くすフランキーと対照的に身勝手なマギーの家族…金のことしか考えられない、しかも自分で稼ごうとする意思も持てないのだから呆れるよ。母親がボールペンをくわえさせるシーンはあまりにも印象的です。あと、この映画はボクシングが題材だけど、ボクシングだけに走ってなくて人間ドラマもしっかりと描かれているので、ボクシングをよく知らない人でも観ることができるかと。男顔負けのファイティングシーンは迫力満点! ヒラリー・スワンクがこの作品でオスカーを獲得したのもうなずけるなぁ。クリント・イーストウッドもですが、モーガン・フリーマンも渋い名演技でよかったです。思ったよりいい映画だったので、まだの方どうぞ。

2005/6/5

W杯予選、欧州も展開中!(注:朝の投稿に加筆修正してます)  サッカー

クリックすると元のサイズで表示します

W杯欧州予選も各地でやってますね。その中で気になってたチェコ、ホームにアンドラを迎えて対戦してたんだけど、まさかあんな大差がつくとは…すっげー! ロキ兄さんやロシ君、バロシュ君などが決めております。同グループのオランダもホームでの対戦ですが(vsルーマニア)、こちらもオランイェにがんばってほしい…と思ってたらこちらも勝ちましたね。よかったよかった。

クリックすると元のサイズで表示します

予選のないドイツはアウェーで北アイルランドと親善マッチでした。一人少ないハンデもあったけど(フート君が赤紙で…)、それでもバラックが中心となってがんばったのね。こちらも4−1で勝利、よかったよかった♪

そうそう、今日は『ミリオンダラー・ベイビー』観てきました。感想については明日改めて…すいません、寝不足で疲れてるので今日はこれで(苦笑)。

2005/6/4

やればできるじゃない!  サッカー

クリックすると元のサイズで表示します

朝起きてからバーレーン戦の結果を知ったんですが、1−0での勝利にホッとしたと同時に「やればできるじゃん」と思った私。虎の子の1点をよく守ったわね。この日のゴールは小笠原君か…決めてくれてありがとう! ただ、次の北朝鮮戦にはヒデと俊輔と三都主が出場停止というのが痛いなぁ。でも、彼らのガッツはきっと当日のピッチの選手たちに届くはず。北朝鮮戦も期待します。

2005/6/3

頼んだよ、君たち!  サッカー

クリックすると元のサイズで表示します

今日はW杯最終予選のバーレーン戦。アウェーでの対戦です。キリンカップでは決定力不足の深刻さ(って今に始まったことじゃないけどさ)を改めて浮き彫りにさせてしまったジーコジャパンだけど、そんなことでいつまでもうじうじ言ってられないので、もうとにかく点を取りに行くことを最優先してほしい。この間のUAE戦で果敢なプレーを見せていた小野君が右足の甲を骨折してしまったとのことでチームにとっては痛い離脱…でも、他のメンバーがきっとその分やってくれると信じたい。フィオで出番に恵まれなかったヒデも「自分が点を入れて勝つ」と言ってくれてるしね(とはいえ、実戦から遠ざかってることで試合勘が鈍ってるのは否めないからちょい不安だな)。本当はリアルタイムで見たいけど、時間的にきついし仕事に差し支えるので今回はお休み…仕事さえなければな(苦)。明日の朝、吉報が届くことを信じて。

2005/6/2

今週の高柳さん〜『恋おち』Vol.8  堤真一さん

今日の放送は高柳さんファン(というか堤さんファン)には辛い展開、この一言に尽きる。のっけから押せ押せの島男君にあれほどにまで脅威を感じたのは初めてじゃない? そりゃ、確かに彼を育て上げたのは高柳さんだけど。でも、ビジネスの鬼である高柳さんとて、むやみやたらに手を出してるわけじゃなかったのね。トントン拍子で出世街道を駆け上がってきた島男君もすごいけど、島男君よりその世界で長く活躍してる高柳さんは、ビジネスの世界の本当の怖さを知っている。もしかして高柳さんはそのことを島男君に言いたかったんじゃないかと思うのよね。で、島男君と対照的に、高柳さんは急転してトップ街道から転げ落ちていく…あれほどの人が急にもろくなった気がして、その落ちていく様は見ていて悲しくなるなぁ。その高柳さんが凶弾に倒れるけれど(泣)、真っ先に駆けつけた七海さんの優しさにホロッときました。何だかんだいって、やっぱりこのふたりは互いに必要な存在じゃないかな。ああ高柳さん、元気になってくれるよね、ね?(涙) 予告見るとさらにえらいことになりそうなんだけど…うるうる。あと、島男君の変貌ぶりに驚くフロンティアの面々とまり子&龍太もそれぞれに印象的だったこの回。特に神谷さんと宮沢さんのやり取りが切ないですね…。

そうそう、『ローレライ』DVDの予約を今日済ませたよ(もちろんプレミアムエディションで!)。いくつかのショッピングサイトをまわって、手数料を含めて一番安く済みそうなところを検討した末にセブンアンドワイで決めました。当日はセブンイレブンに取りに行くことにしてます(って2か月先だけど)。

2005/6/1

早くも決定だって!  ローレライ

クリックすると元のサイズで表示します

ついこの間まで観に行ってたと思うんだけど…『ローレライ』、この夏にDVDリリースされることが決まったそうです、ばんざい!(公式サイトに情報出てますよん♪) 公開から3か月かそこらでリリースされることの多い洋画に比べて、邦画は半年前後かかるのがざらだと思うんだけど(『海猿』なんて去年6月のロードショーから実に8か月かかったっけ)、そんな中で半年も経たないうちに今回のこのニュースはうれしいと同時にびっくり。航海が終わらないうちからDVD化を望む声があちこちで出ていたようだし(私も早く出してほしいと思ってた)、もしかするとそんなファンの期待に応える形で早期のリリース決定となったと思うけど、まさか本当にこんなに早く決まるとは思わなかったなぁ。特典満載のプレミアムエディションと、特典グッズなしのスタンダードエディションとで発売されるけど、私は絶対にプレミアムエディションで買うぞ。台本のレプリカとおまけUMD(次世代超小型光ディスク、だそうだ→こちら)がつくっていうし、ファンとしては見逃せないじゃない? だけど、UMDを再生するためにはPSPが必要だと…うう、PSPも買えってか!?



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ