2005/5/31

今日の発見♪  

ビデオテープを買いにコンビニへ行ったんだけど、菓子コーナーをうろついてたら気になるお菓子を発見したので、ついでに買ってしまった。プチビットの抹茶味と、キャラメルコーンのいちご味。前者は初めて見るから季節限定かなぁ? 後者はあのチャーミーキティのパッケージなのだ(笑)。チャーミー&シュガーのコンビ、かわいいよね♪

それにしてもAutopageさん、サーバ増強したという割にまだまだ動作が重くなることが多いような…深夜に限らず昼でもエラーでつながらないから参るよ(苦)。来月にまたサーバ増強が予定されてるそうだから、それまで待てってか!? 何度繰り返せば快適になるのか、ふぅ。

クリックすると元のサイズで表示します

2005/5/30

あ〜金がない!(泣笑)  

先週水曜が給料日だったので、私の懐具合はよくなった…かと思いきや、そうでもない。連休だった土日に何かと使ってしまったので、現時点で早くもピンチなんです(情けねぇ)。昨日買ってきたドラマジェニックが大きかったかも。高くついても、やっぱり大好きな人(むふ☆)が出てるしナイスショット載ってるからついつい(笑)。今週はTVガイドにも出てくるというし、来月以降もさらに掲載雑誌がわんさとあるというから、ファンとしてはますます金欠病が加速しますなぁ。そりゃ、たくさん見られるのはうれしいけどね♪

このごろ仕事がつまらないし、職場の雰囲気が最悪になってきてるのでまた「現実逃避したいぞ病」になりそうな感じです。ああ、いっそスパッとやめられたらどんなにいいことか! だけどその後どうするか全く考えてないし(おい)、金がないと何もできないからそれも困るし、だから結局こうやってズルズルと職場に居座ってしまうのよね。

2005/5/29

また買っちまった  堤真一さん

本屋でドラマジェニックというムック本を買ってきたさ。またしてもお目当ては堤さんなんだけどね。この写真(添付のやつがそう)についつい引き込まれ、目がハート状態になっちゃいますわ、うふ♪ インタビュー、内容は夏に公開を控えてる映画2本(『フライ、ダディ、フライ』&『姑獲鳥の夏』)に関してのことがメインだけど、『恋おち』の記事にもミニインタあり。で、インタ記事によると、『ガンダムSEED』がお気に入りなんだとか。いくつになっても夢中になれるものがあるのはいいことじゃないですか。私もこの歳でいまだに『聖闘士星矢』が忘れられないから、気持ち分かるような(笑)。好きなものを好きと言えるのはいいと思うし、そういう気持ちは大切にしてほしいからね。役柄と普段とのギャップの差もだけど、そういう少年のような純粋な一面を持つ堤さんってやっぱ魅力あるぅ。そんな貴方がますます好き☆(やめんかい)

クリックすると元のサイズで表示します

2005/5/28

シナモンちゃんが来ていた♪  

いつも利用している一宮市内の某ショッピングモールが1周年を迎えるとかで、今日からいろんなイベントをやってるのね。今日はサンリオの人気者・シナモンが撮影会を兼ねてやってきてた。小さいお子様を連れたファミリーに負けず、なんとかしてシナモンを撮ってきましたわ(写真参照)。キティちゃんより小さいのね。でもかわいかったぁ☆ 愛想ふりまきまくりでよかったっす。

シングルCDで、Backstreet Boysの新曲"INCOMPLETE"とヘイリーの『モーツァルトの子守歌』を買いました。後者は今さらかもしれないけど、やっと手に入ったよ。前者は公式サイトでさんざん聴いていたから、発売前からメロディは覚えてしまってるけど、泣けるようなバラードです。

クリックすると元のサイズで表示します

2005/5/27

負けちゃった…むきーっ!  サッカー

クリックすると元のサイズで表示します

キリンカップの日本vsUAE戦をお茶の間観戦してました。ボール支配率は日本も高かったと思うんだけど、決め手を欠いて0−1の敗戦。今大会は結局2戦2敗だったのね(ため息)。つくづく思うけど、どうしてああも決定力がないかなぁ。チャンスはつくれるのに。何度決定機を無駄にしたことか…母とふたりでイライラを募らせてましたわ。対するUAEはわずかな隙を見逃さずにうまいこと決めていた。その点を日本イレブンは見習ってほしいもんです。特別席で仲間の苦戦を見ていた高原君、きっともどかしかっただろうな(「俺の状態が万全だったら…」とか考えていたのかも)。できれば大黒君か玉田君のゴールを見たかったぞ。小野君はチャンスメークしたりシュート打ったりとがんばってたけどね。しかし、「宿題」(TVアナウンサーがそう言ってた)を抱えたままW杯最終予選のアウェー戦に臨むことになった日本、この日の調子では来週のバーレーン戦も不安でなりません。大丈夫かな…はぁ(苦)。

2005/5/26

今週の高柳さん〜『恋おち』Vol.7  堤真一さん

たった今、今週の放送を見終わったところなんですが…さらなる展開にちょっとびっくりしましたわ。島男君が取締役に就任しちゃったんだけど、それをすすめたのは高柳さんなんだよね。前回以来、明らかに島男君に対する見方が変わってきている高柳さんだけど、そうさせることで自分と同じ道を歩ませようとしてる。当初、島男君は「僕は高柳社長のようにはならない」と断言していたし、彼に賭けている七海さんもそう見てた。だけどそれがあんなふうになるもんなのか…CG制作会社との取引で、今までとは別人のようになってる島男君がいた。「スタッフを引き抜き、会社が倒産したとき、気持ちよかった。勝つことしか考えなかった。そして勝ったときに今までにない快感を味わった」という彼、それを機に高柳さんに同化されていきそうな予感。そんな島男君の様子を見た高柳さんは「これでお前も俺のようになるのさ」とでも思ったか…その表情が物語るのはそれだけにとどまらないような気がする。今回はそこでジエンドになっちゃったけど、次回予告のあれ何よ! まさか高柳さん、フロンティアを追われちゃうの…島男君に? しかも夜道で(以下略)…嫌だ、どうなっちゃうのよ高柳さん!? もしかしたら私、次回を見終わった後どうなってるか分からないかもね(笑)。

しかし、今回の堤さんはいい表情の多かったこと☆ いきいきしてましたなぁ。谷原さんもキュートでよかったです。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

2005/5/25

7月は観たいものラッシュでイージスか!?(笑)  映画

今朝のめざましテレビで『亡国のイージス』完成披露試写会の模様をやってたのをちらっと見た(映像がここで見られるよ)。主要キャスト3人の意気込みの熱さが伝わってきたかのような会見だったなぁ…渋くて骨太い男たちのドラマが見られるのが待ち遠しい。気になる公開日も7/30に決定したとか。7月といえば、『フライ、ダディ、フライ』(9日から)と『姑獲鳥の夏』(16日から)の公開も控えているので、私にとっては観たいものラッシュという感じでお金が続くかどうか苦しいところだけど(笑)、それでもうれしい。『イージス』の原作本と前売券、早いこと手に入れなければ。

今年に入って「月1本は映画を観よう」と漠然とながら決めたんだけど、3月〜5月上旬にかけて『ローレライ』をこれでもかとばかりに繰り返し観に行ってからというもの、スクリーンで映画を観るのがやみつきになってる自分がいる。シネコン通いがこのごろの趣味になりつつあります。お目当ての俳優さんを見つけると、チラシなどをもらってくるのもまた楽しいしね。

そうそう、このブログの前書きを一部手直ししたのと、リンク集を更新しました。リンクに新しく3件追加…いずれも映画サイトだけど。

2005/5/24

新茶どすえ♪  

伊右衛門の新茶、発売初日に買ってきたさ。ボトルについてる紙製のタグ(いろんな柄あり)、しおりにも使えるかな、なんて。あと、一緒に置いてるのはチョコレート。チャーミーキティのパッケージにつられて買ってしまいましたわ(笑)。ホワイト&ストロベリーのチョコだそうだ…後で食べようっと。

そうそう、ここへ飛んでみて下さいまし。ほんわかほんわかしてる夫婦っていいわ…私もああいうダンナさまがほしいぃぃぃ(爆)。
クリックすると元のサイズで表示します

2005/5/23

昨日観に行ったんだけど  映画

クリックすると元のサイズで表示します

昨日、木曽川のTOHOシネマズで『キングダム・オブ・ヘブン』観てきました。『北の零年』、『ローレライ』、『阿修羅城の瞳』と邦画が続いていたので、久々の洋画です。いやぁ、やっぱりああいうスペクタクルな時代もの作品っていいわ。観ていてどきどきするし迫力ある。戦闘シーンもさることながら、衣装や建造物の再現とかも力が入ってる。さすがにハリウッドものは邦画と金(と人もか?)のかけ方が違うよな、とつくづく思う。12世紀後半のエルサレムをよくまああそこまで再現できたものだ。この作品では徹底的にリアリズムにこだわったとかで、CGに頼りきらない本物の迫力が楽しめるかと思います。出演陣もいい演技してるので、見ごたえある内容に仕上がってる。主演のオーランド・ブルームはホント、いい男ですなぁ♪ いい瞳してるし、バトルシーンもラブシーンもいい感じ。ヒロインのエヴァ・グリーンも綺麗でした。あと、使われてる音楽もエキゾチックなムードが漂っていいし、サントラ買おうかな、と考え中。この映画はキリスト教とイスラム教との宗教戦争を通して、「本当の王とは何か、そして平和とは何か」を問いかける内容なんだよね。宗教による争いは今の時代でもまだ続いているし、そんな世の中に提示するかのような作品だと思う。

クリックすると元のサイズで表示します
 
クリックすると元のサイズで表示します

見終わった後、館内で『姑獲鳥の夏』の看板を発見したのでついつい写メってきたよ(笑)。さらに『キングダム…』のパンフを買った際に店員が入れてくれた新作映画のチラシ数枚の中に『ALWAYS 三丁目の夕日』のチラシを発見。秋の映画のチラシは館内では見当たらなかったと思うけど、もうあるんだって思うとうれしかった。洋画を観に行っても、こうして堤さん関連で喜んでしまう私でありました…。

2005/5/22

今季のブンデス、閉幕!  サッカー

クリックすると元のサイズで表示します

ついさっき、ブンデス最終節の結果を知ったところです(もう夜明けだぞ、さっさと寝ろよ自分<爆)。今季は途中で他ジャンルに目移りしたこともあってサッカーから遠ざかりつつあったのですが(泣笑)、それでもやっぱりサッカーから離れることはできない私。この最終節で私的に気になったカードはラウテルンvsブレーメン。だって、昨季まで赤い悪魔さんの一員だったミロが敵方のひとりとしてかつての本拠に戻ってくるんだもん、それだけでも気になる。自分にとっても馴染みの深いスタジアムに戻ってきて、ミロもきっと感慨深いものを感じてたんじゃないかな? 試合はブレーメンの勝利に終わったとのことで、ホームでの今季最終戦を勝利で飾れなかったことは残念だけど、ブレーメンにとってはCL出場権(ただし予備戦から)を得られたのでよかったというか。どっちのチームも好きな私にとっては複雑です、この両者によるカードは。ただ、個人的にはボロウスキ君がゴールを決めていることがうれしかったりする。彼もまたイケメンないい選手だ♪ それ以外では、初昇格のマインツが残留を果たせたことがうれしいですね。最終順位も11位、開幕前の予想に比べて健闘したといえるのでは?(開幕当初は降格の最右翼ともいわれてたのに…) 後半で失速したものの、序盤での快進撃で話題をかっさらったマインツは大きなサプライズだったよね。選手と監督とが一丸となって戦ってる姿勢がいい。クロップさんという監督も好きです。この方は選手以上に熱いハートの持ち主だよね…一生懸命さが表情から伝わってくるので。

今季もいろいろあったブンデス、楽しませてくれてVielen Dankでした! また来季に期待することにします。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ