2009/7/30

赤い皇帝さんが帰ってくる…  F1

クリックすると元のサイズで表示します

昨日のBMWショックをふっ飛ばしそうなニュースが。ミハエルがマッサの代役として現役復帰だと! 「しょ、しょえーっ」って朝からぶっ飛びそうになっちまったやん(笑)。フェリペがあんなことになった直後から噂にはなってたし、気にはなってたけど、まさかフェラーリが本当にそうくるとは。もっとも正式に決まったわけではないらしくて(ブランクがあるし、ましてや今季型のF60には一度も乗ったことがないし、レースを戦える状態までに体調を整えるのは大変かと…)、マネージャーのウィリー・ウェバーが否定的な姿勢だけど。でも、ドイツ国内では当然のことながらお祭り状態で(笑)、さっそく各著名人からのエールとか、フェッテル君のコメントとか、ザビーネ・ケーム女史(ミハエル担当の広報ね)の電話インタビューとかをチェックできます。ドイツ語がもっと分かればいいんだけど…乏しい語学力で情けないな自分(泣笑)。辛うじて分かったのは、フェッテル君はミハエル電撃復帰に驚きつつも「いつもどおりにやるだけ」的なことくらい。ま、そう言うしかないか。

私はホントのところ、ミハエル復帰には否定の立場でした。よくも悪くも、「フェラーリはミハエルあってのチーム」と言われるのが複雑というか。ただ、キミがミハエルとタッグを組めるのなんてこういうときしかないのかもしれない。そう思うことにしました。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ