2009/7/27

"Siamo con te..."  F1

クリックすると元のサイズで表示します

予選での悲運な事故で負傷したマッサに、きっとみんなが祈るような気持ちでいただろうなって思います。それがよく表れてたのが例のピットボードのメッセージ(地上波の放送でもちゃんと映ってた)。多分、意味的には「フェリペがんばれ、オレたちがついてるぞ!」みたいな感じだと思うけど、彼らの想いが病院で治療中のフェリペにもちゃんと伝わってくれてるはず。幸い経過は良好で、合併症の心配もないそうです。ただ、復帰がいつになるかは目処がつかないみたい…どうするんだフェラーリ!?(がーん) とはいえ、あんな小さなパーツでも大事故を引き起こすなんて、本当に怖い。まさかの事態にケロケーロやブラウンGPのクルーたちもショックは大きいだろうけど、決勝では気を落とさずに最後まで戦ってくれてたようなのでホッとしました。


クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

今回からスペイン人ドライバーがふたりになりましたな。私的には久々のポール獲得でテンションが上がったアロンソ君ですが、ホイールナットの取り付け不十分でタイヤが外れて挙句に燃料系にもトラブル発生で終了…これじゃ悲しすぎ(涙)。レース後に、次戦・ヨーロッパGPの出走停止処分がチームに下されたって。ルノーサイドは即座に控訴してるんで、何ともいえないけど。ただ、あれはクルーの不手際がいけないんだと思うし、もしもあのとき外れたタイヤが後続車もしくは観客席にでも飛んでたらどうなってたか、と思うと怖い。マッサの件だってあるし、だからこそ重く見たと思うな〜。もうひとりのスペイン人、ルーキーのアルグエルスアリ君は周回遅れながらも完走を果たしました。途中からのデビューとはいえ、よく踏ん張れたよね。

クリックすると元のサイズで表示します

キミちん、2位フィニッシュおめでとう!(審議でお咎めなしだったそうで何より) 今回の表彰台は同僚にささげるものになったかな。仲間の分までがんばったんだもんね。キミが調子を上げてくれると、見てても張り合いがあるしね。

クリックすると元のサイズで表示します

…で、今回のウィナーは久々の勝利となったハミルトン。今回はKERSを生かしてぐいぐい飛ばしてたもんね。それはともかく、このポーズの意味は何なのか(しぇーっ)。誰か、意味を知ってたら教えてくれ(爆)。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ