2008/12/23

あのキャラクターがあんなふうに…  映画

『K-20 怪人二十面相・伝』を観てきました。第二次世界大戦がなかった日本という架空の世界を舞台に繰り広げられる、いわばサスペンスアクションってところかな。古めかしいようでモダンな感じ(?)のオリジナルな帝都を仕立て上げていて、それだけでも目を見張るものが。『Sweet Rain 死神の精度』、『レッドクリフ Part1』、と今年は出ずっぱりの金城武さんですが、私的にはこれが一番好きかも☆ 娯楽大作として楽しめる作品なので、年末年始にオススメしときます(^^)v

クリックすると元のサイズで表示します



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ