2015/7/30

教師の職場恋愛  出会い系

職場恋愛の多い職場と少ない職場というのがあると思います。皆さんは、職場恋愛(ギブアンドテイクではなく、ギブアンドギブの精神が大切です。何かと引き換えにということでは、取引になってしまいます)の多い職場って、どの程度のイメージなんですかね。


男性、若しくは女性が圧倒的に多い職場ってイメージがありますが。実はうちの息女がこの春私立大学(一般的には国公立大学よりも学費が高い傾向にありますが、中には例外もあります)を修了し、教師として大阪の中学校で働く事になったのです。

ようやく息女が独り立ちしてくれることは、親としては勿論非常に嬉しいのですが、懸念なのは職場恋愛。私の中では、学校、教師と言う顕職は比較的職場恋愛(時には偽善だったり、押し付けだったり、自己都合だったりすることもあるでしょう)の多い天地だと言ったイメージがあるからです。

これは私の少年の頃の物覚えによる統計(最近では変化する速度の方が速すぎて調査がついていけないといわれているのだとか)(調査が少ない、正直に回答していないなど、正確性に欠けることも多いですよね)だとでも言いましょうか、毎年一組は結婚による退職や移動をされる先生がいたんですよね。

しかも同じ学校の先生同士、要するに早い話が職場恋愛という訳ですよ。それも比較的若い女の先生と、少々中堅クラスに差し掛かろうとしている男の先生との職場恋愛が多かったような気がします。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ