堅ちゃんのスケジュールは、きゅーぴーはーと「堅ちゃんカレンダー」でチェックしてくださいね。

2019/12/11  13:15

12/11(水)TFM「ディアフレンズ」レポ  平井堅ラジオレポ

「ディアフレンズ」のHPに、堅ちゃんと美雨さんのツーショット写真とレポがありました。

https://www.tfm.co.jp/dear/smartphone/index.php?catid=693&itemid=159961#more

内容が割愛されていたので、私もレポしてみますね。

美雨:本日のゲストはディアフレンズ史上一番彫の深い男性、平井堅さんです。
よろしくお願いします。
堅:よろしくお願いします。
美雨:今原稿をちらっと
堅:誰が書いてるんでしょうか?
美雨:そのまんま言ってしまいましたけども、平井堅さん、前回は2年半ほど前でしたかね?
堅:そうみたいですね。
美雨:スナックによく行ってらっしゃるって。
堅:今も全然引き続き行ってますね。
美雨:そうですか。
堅:全然変わってない
美雨:さて、平井堅さんニューシングルが発売になってますけれども、タイトルは「#302」
ハッシュタグに数字で302
これは、歌詞を読んでいくと部屋の番号
堅:そうですね
美雨:そうですよね。
堅:特にその302って部屋に思い入れがあるとかそういうのはなく、適当なんですけども。
美雨:そうですか!
堅:あんまそういうこと言わないほうがいいのかな?
美雨:この曲は、福士蒼汰さんと菜々緒さんが出演されているドラマ「4分間のマリーゴールド」の主題歌になっていますけれども、このドラマの内容っていうのは意識されたんですか?
堅:もちろん、お話しを伺って脚本を読んでってことだったんですけども、あの、ほんとに全然関係ないっていうか、申し訳ないんですけども、でも、ストーリーを寄り添うっていうよりは、相手を自分の身を削るように思うっていう物語なんですけども、そこだけ同じ軸であればと思って全く違うラブソングを書こうと思って、書こうとっていうかできてしまって、これ、ほんとに全然ドラマに寄り添うような曲じゃないので、歌詞はね、なので申し訳ないなと思ったんですけども、この曲でって首を縦に振って下さったので、感謝しております。
美雨:そうか、その切なさの部分だけを抽出して
堅:なんかその、寄り添うっていう意味では、そうできてもいいと思うし、すごく素敵だと思うし、でも、そのドラマや映画に寄り添うために、例えばラブソングを歌った時に、すごくこう、何にでも対応できるような、広い歌を歌うのが作るのがすごく苦手で、ちっちゃなことをすごく具体的に歌うのが好きなので、そういうところでいつも悩むんですけど、僕はそういう歌を歌いたいなと思ったんですね、今回も、なのでちょっと、何かを包み込むっていうよりは、ピンポイントを指すような曲になっているかなと思います。
美雨:こんなにシチュエーションが明確なのにピンポイントなのに、広く共感できてしまうという不思議な作詞、この曲に限らずなんですけど、素敵な作詞方法すごいな!っていつも思うんですけれども
堅:いや、そんな大したことないんですけども、
美雨:今回も男性が女性に片思いしていて、
堅:そうですね。ただあんまり、その片思いの曲を書こうとか、こういう第3者がいてとかね、まあそういう歌なんだけれども、そういう意を決して書いてるのではなく、シチュエーション、ま僕はカラオケBOXが好きで、ある行きつけのカラオケBOXがなくなってしまって、つぶれてしまって、それでちょっと書いたんですけれども。
そっからちょっと妄想が膨らんで、そっからこうカラオケBOXの部屋とか、カラオケBOXに行く前の公園通りとか、ガードレールに二人が寄りかかってるとか、そういう映像を思い浮かべて、そっから無計画に書いていくんですね。
なので特に相手に思う人がいるっていうのは意図してるわけではなく、なんとなく、書いていくうちに、ふわふわと定まっていくというか。
書きながらあんま決まってないんですよね。
最終的に偶然そうなったというか
美雨:登場人物たちが動き出す。
堅:そう言うとかっこいいですけど、あんまり言葉に長けているわけでもないけど、妄想したり思い浮かべるのは性というか趣味でよくしちゃって、その部屋とか防犯カメラがあるとか、防犯カメラって嫌じゃないですか?あると。で背中むける、じゃあキスするかな?とか、そっから段々固まっていくっていうか、その景色から物語が紡ぎだされることが多いですね。
美雨:詩先ですか?
堅:詩先ですね。ですけども、詩を書いているときに、多少ちょっとメロディもくっつけちゃうから、同時、ちょっと詩のフライングって感じですかね
美雨:へ〜〜そっか〜。いい意味で生々しいなと思いました。
聴いてみたいと思います。12/4にリリースされました、平井堅さんのニューシングル「#302」


美雨:実体験が活かされてというわけではない?
堅:全くNOT実体験
カラオケBOXでキスしたこともねえし

美雨:アハハハ!期待してしまいました。
でもこんなに、ずるくてもいいから、とりあえず今は傍にいさせてくれというような、そういうタイプ?
堅:そういうタイプってどういうタイプ?なんか忍ぶみたいな?
でも、好きになっちゃったら耐えちゃうかもな?っていうのはあるかな?
あんま何も考えてないんで、そういう時はなんも考えないかな?好きだったら一緒にいるっていうか、飽きるまではずっと好きですかね?
美雨:そうか〜シンプルですね
堅:どうですか?その辺、美雨さんは?
美雨:耐えます耐えます!いくらでも
堅:いくらでも?しぶといんで。
美雨:そういう時に待つのはプライドが許さないとか、そういうのは全くない
堅:近いな。同種ですね。Mですか?
美雨:Mですね
堅:あ〜同じだ〜。僕もどMなんですよね。
苦言を呈してくれる人とか好きですね。
美雨:厳しく言われると
堅:無下にされるのとかね
美雨:無下にされてもまだ向き合ってくれるなら嬉しいかな?
堅:そうですね。されっぱなしは嫌か
美雨:うん。なんの話だったっけ?
平井堅さんで「#302」お送りしています。
今日は平井堅さんをお迎えしています。
この後もまだまだお話しうかがいます。


美雨:スタジオには平井堅さんをお迎えしています。
引き続きよろしくお願いします。
堅:よろしくお願いします。
美雨:堅さん今週はゲストの方々に「意外な弱点」というのを伺っています。
堅さんどうですか?
堅:意外っていうのがひと様どう思われているのかわからないのでわからないですけど。
今思いついたのは、ちょっとくだらないことで申し訳ないんですが
平井堅の堅はかたいって読むからそう意味では繋がってるかもしれないけど、体が異様に堅い!
美雨:ハハハ!そうですか!ストレッチとかジム行ったり
堅:ストレッチとかめちゃくちゃしてるんですけど。一向に直らないというか、柔らかくならないんですね。そういう問題じゃない堅さなんだと思います。
今年の頭に、タイの離島に旅行に行って、自転車で横転してちょっと骨折して救急搬送されたんですね。もう今全然大丈夫なんですけど、病院が1個しかなくって、そこで軽い手術とかして、そこのナースにケアして頂いたんですけど、そのナースに英語で「人間の限界を超えた堅さだ」と言われました。ほんとに、体が
美雨:英語で?
堅:なんか、アンビリバブリースティフとか言われました。
こんな堅い人見たことないとか言われました。
美雨:腕?
堅:その時は腕だったんですけど、手首も堅いし、股関節と足首もめちゃくちゃ堅い
いわゆる、ヤンキー座り、あれ全然できないんですよね。後ろにパーンとこけちゃうんですよね
美雨:え〜!ほんと!それはかなりですね。
堅:そうなんです。こんな話もふさわしいか、ふさわしくはないと思いますが、トイレ
美雨:想像できました。今
堅:和式、もう最近ないけど、あれできないんですよね。
どっかに掴まないとできないんですよね。
だからパニックですね
美雨:そうか。小さい頃からですか?
堅:そうです。ストレッチをジム行って必ずするんですが、開脚もするんですけど、ず〜っと堅いまんま。全く広がらないんですよね。広がらない角度で毎回ストレッチしてるんですけど
美雨:かわいい!
堅:うちの母にも同じようなこと言われたことがあって、授業参観で母が来た時に、僕跳び箱がすごい得意で一番高い、まあ身長も高いけど、一番高いのをパ〜ン!と飛べたんですね。クラスで僕だけが。すっごい褒めてもらえると思って意気揚々と帰って、小学校の時に、母に「すごかったな!あんた!」って言われるのかと思ったら、眉間にしわ寄せて、「なんであんた、走ってるだけで堅そうやったな」って言われて、その時、パ〜ンって飛んだんですよ。綺麗に!着地して。なのに助走の走ってるときが、こうやってロボットみたいに走るから「なんでもうちょっと柔らかく走れへんの?」って言われて、すごくショックだったことがあったんです。褒めてもらえない
美雨:跳び箱するとき結構足開きますからね
堅:開いたんですけどね
美雨:いざとなったらいける?
堅:空中のみかな?
美雨:意外でした。ここまでとは
堅:そうなんです。堅いんですよね。
美雨:さて平井堅さんに意外な弱点をお聞きしましたが、今年、おなじみ、Ken's Bar、なんと!上海でオープンということで、クリスマスイブに上海に行かれるんですね!
堅:はい。上海のですね、ナショナルエキシビションコンベンションセンターというところでやるらしいです。
中国本土も初めてなので、私の曲なんかも聴いて下さってるのかどうかも全然わからないので、未知ですが。でも怖いけど楽しみです。
美雨:12/24上海公演が待っています。いいクリスマスになりそうです。
堅:がんばります!
美雨:さあ、ニューシングルからもう1曲。これまた具体的な歌詞の
堅:そうですね。ドロドロした曲ばかり書きやがってね。ほんとに。
めんどくさい人ですよね
美雨:では聴いてみましょう!平井堅さんで「かわいそうだよね」


美雨:平井堅さんで「かわいそうだよね」お送りしました。
森永乳業カフェトーク
ここからはゲストの方にもっとリラックスしていただこうというコーナーです
今日は平井堅さんをお迎えしております。
引き続きお願いします。
堅:よろしくお願いします。
美雨:さあ、冷蔵庫の中に森永乳業の商品が色々入っているんですけども、お好きなものを一つ選んでいただいて、後ろに隠された質問に答えて頂きたいと思います。
堅:えっとこちらにします。
美雨:「パルテノはちみつ
堅:ギリシャヨーグルト。ギリシャに行きたくて。今年。アテネ行きたくて、なのでこれにします。
パルテノ
美雨:おいしいですよ。コッテリで
堅:食べたことないんで。楽しみです。ハニーが上に乗っかってて
美雨:堅さん!最近感動した出来事はなんですか?
堅:お〜感動か!えっとですね、とあるテレビのお仕事がありまして、(FNS歌謡祭かな?)空き時間がふっと3時間ほど空いてちょうどそこに、上映している映画があって観に行って「ひとよ」という。御覧になりました?
美雨:はい!あの、白石監督がディアフレンズにいらっしゃいました
堅:お!マジで!すごい奇遇!
たまたまその近くの映画館でやっててさっと行ってさっと戻ってきて、ちょうどその空き時間で行って、すごい自分の時間配分に悦になっちゃって
映画も素敵だったんですけども、僕、田中裕子さんがものすごく好きで、田中裕子さんももちろん良かったんですけども、松岡茉優さんがはまり役っていうのもあるんですけども、ものすっごく良くてびっくりしました!
すごいリアリティでしたね
彼女のお芝居にものすごくぐっと持ってかれて、ちょっと映画館で目から汗を流しました。
美雨:わかります。あの役はいろんな感情の間にいるというか、全員の気持ちをわかっている
堅:あんなに、目線の移し方とか、ちょっとした言葉と言葉の間とかあんな風にお芝居できるなんて凄いな!って思って。ちょっと感動しましたね。
美雨:鈴木亮平さんも素敵でしたね!
堅:ほんと素晴らしかったですね!なんかちょっと温かくなる、ジンとなるような映画でした
美雨:そうですね。嬉しいな。映画はよく見られるんですか?
堅:詳しくはないんですけど、好きですね。
なるべく見たいなと思うんですけど。でも久しぶりに映画館へ行きました
美雨:なかなかね、ぴたっとそこに予定が合うことがないですよね
堅:億劫になってやめちゃったりとかしてたんで、昨日はよかったです!
美雨:そっか〜!嬉しいです、「ひとよ」の話ができて
堅:びっくりした

美雨:もう1個いきましょうか?
堅:じゃあヨーグルトいったんで、じゃカフェラテ
美雨:マウントレーニアのカフェラテ選んでいただきました!
堅:今飲んでいいんですか?
美雨:もちろんです!
堅さん!もし100万円を1日で使うとしたら
堅:僕お金全然使わなくって
美雨:そうですか?
堅:使わないですね。物欲金銭欲がなくて。つまんない人間なんですよ
美雨:意外でした
堅:ほんとですか?そんな浪費家に見えますか?
美雨:高いお酒とか買いそう
堅:あ〜飲まないですね。100万でしょ?1日でしょ?やっぱ飲み食いが好きなので、ものすごく高い食いもん、食べたいですね。何あります?
一番高いものってなんです?キャビア?トリュフ?
美雨:トリュフかな?
堅:でも、タモリとかが行くようなお寿司屋に行けばいいのかな?
タモリとか呼び捨てにしちゃった!タモリさんが行くお寿司屋とか
でも、そういう、小山訓導と秋元康とかが行ってるような?
あの方々が行く一元さんお断りみたいなとこに行ってきたいですね。
馬鹿みたいに頼んで。現金で行きたいですよね

昭和の大スターみたいにね。中村玉緒さんとか連れていきたいですよね
よくわかんない。変なテンションになってすみません
美雨:さ、マウントレーニア カフェラテを選んで頂きました。平井堅さん
森永乳業カフェトークのコーナーお話しいただきました。
堅:ありがとうございました。

美雨:今日は平井堅さんをお迎えいたしました。
ニューシングル「#302」12/4に発売となっています
そしてクリスマスイブ12/4は上海Ken's Barですね
堅:がんばります!
美雨:詳しい情報は平井堅さんのHPをご覧ください。
平井堅さんありがとうございました。
堅:ありがとうございました。
14
タグ: 平井堅 ラジオ

2019/12/10  12:15

12/10(火)NACK5「Smile SUUMIT」のレポ  平井堅ラジオレポ

「ル・ソレイユ・コンセール」 12月は私平井堅がお届けしています。
2回目のテーマは「旅先でのエピソード」ということなんですが、たくさんあるんですけども、今ふっと思い出したのはですね、随分前になりますが、それでも15年くらい前かな?家族で、母と、姉がいるんですが姉と、姉の娘ですね僕にとって姪、4人でおフランスはパリに行ったことがありまして、美術館行ったりエッフェル塔見たり、凱旋門見たりみたいな、割とベタなお上りさん的な旅をして、最終日にですね、最終日くらいはめちゃくちゃいいレストランに行こうということで、日本にいた段階から姉が予約した超高級フレンチに奮発して行きまして、場違いはなはだしいような高級フレンチに行きまして、ちゃんと正装してね行ったんですけども、緊張しながら食べて、そこまでは良かったんですが、何ていうか家族あるあるといいますかね、あの時はああだった、あの時はこうだった、あの時あんなひどいこと言われたという、そのあたりから喧嘩が始まり、もう罵り合いから最後号泣、僕と母と姉が泣きながら、次々とこうコースなんでやってくるんけども、日本から来たお上りさん、しかも号泣という、レストランの方もほんとにポカンとしてて、姪だけは全く泣かずにぼんやり死んだような顔で我々のことを見ていて、もう味も全く覚えていないという、もう一度あの高級フレンチに行ってちゃんと美味しさを確かめたいなという後悔が、終わり良ければすべて良しの全く逆でですね、最悪の最後のディナーでしたが、でも羽田に着いた時に、手紙を書いて、このままだと家族崩壊だということで、羽田でハグをしてやっと羽田で仲直りしたという、散々な旅でしたが、非常に思い出深いフランスの旅でございました。
ということで、ル・ソレイユコンセール、来週も私がお届けします。
25
タグ: 平井堅 ラジオ

2019/12/10  11:22

12/10(火)bay fm 「miracle!!」のレポ  平井堅ラジオレポ

おすすめのお店、料理ありますか?ということなんですけども、あんまりグルメじゃなくってわりと何でも食べちゃうのでそんなにないんですけれども、一人めしっていうのがあんまり得意じゃなくって、外食するときに、大体友人と外食するんですが、つい先日、これじゃいかんと思ってですね、一人ランチをしようと思ってですね、家の近所なんですけどもプラプラ歩いてて、じゃなんか、いつもは友達と入ると別にかまわないんだけども、一人だとすごく意識してしまって、すごい3・4件外をチラチラチラチラ見て入ろうかどうしようかすごい悩んで、結局そば屋に入って親子丼を食べたんですけども、なんてことはないんですけどもすごく大人になったなという気持ちがしました。

さて、そんな私なんですけれども、新曲がございまして、「#302」という曲です。
いわゆるハッシュタグというか、シャープ302という表記なんですが、読み方は「サンマルニ」で呼んでいただけるといいかなと思います。
この曲はほんとにカラオケBOXの部屋の中だけの、その中の物語をただ綴った歌なんですけども、カラオケBOX、カラオケ好きが高じて私の妄想がさく裂した、ほんとに独りよがりな楽曲となっています。
行きつけだったカラオケBOXがなくなってしまって、そんなところから色んな妄想が広がってできた妄想です。
カラオケ好きの方もカラオケ行かない方も、なんかカラオケにまつわる思い出って誰しもあるような気がして、そんな思い出と重ねて聴いて頂けると嬉しいなと思います。
ということで、その曲を聴いて頂きたいなと思います。
平井堅で「#302」
17
タグ: 平井堅 ラジオ

2019/12/7  10:03

12/6(金)J-WAVE「ALL GOOD FRIDAY」生ゲストレポ  平井堅ラジオレポ

LiLiCo:素敵なお客様です!平井堅さ〜ん!ヘイヘイ!
堅:ヘイヘイ!よろしくお願いします!
LiLiCo:やっと来てくれた!
堅:ありがとうございます!初めて生でこちらに来て。
稲葉:去年の6月なんですよね。ハッピーデートの時
LiLiCo:素晴らしいデート
稲葉:女尊男卑なデートで★は5段階評価で5つでございましたね!
LiLiCo:今はちょっとなんかね、あの頃はまだ真面目にやってて、1〜5の評価で5で
堅:今真面目にやってないみたい
稲葉:数字がぶっ壊れちゃって
LiLiCo:168とか今そんな感じになっちゃってて、5つ星は今で言うと500。だからみんなに勝ってる!是非実現を!
堅:旦那様に怒られちゃうんでね
LiLiCo:いいのいいの。旦那いない
堅:いるいる!おっきいのいる!5メーターのね。
稲葉:5メーターの!伸びましたね!
堅:5メーターくらいありましたからね
稲葉:堅さんの中でどんどん伸びていくんですね。
堅:NHKホール入らない。あ!ごめんなさい。
稲葉:おっきいおっきいと思ってても、いざ会うとおっきいな!と思う大きさですからね。
堅:ほんとに!覚悟してもおっきかったですからね
稲葉:覚悟してもね
LiLiCo:過去純烈とご飯食べた後に稲葉君に会ったら、稲葉君に、「え?縮んだ?」って
稲葉:純烈のせいです
LiLiCo:でも、あの〜何かあるのね。リリースとかあるから来たのね?
堅:そうそう。リリースあった。いいですよ!リリースの話とかしなくても!全然。
稲葉:メッセージがね、平井堅さんに届いてるので
LiLiCo:もう、こんなに!もう曲が良すぎてしゃべれないんだけど(KISS OF LIFE・楽園が流れてます)
こんなにいっぱい!もうすごいの!
堅:ね〜嬉しい!ありがとうございます!
LiLiCo:もう来るって言った時から
稲葉:質問ですね。あんさん。ゲスト平井堅さんに質問です。
ドクターストップで禁酒生活ということでしたが、その後体調はいかがですか?
堅:もう全然!ちょっとしたことで。もう全然
もう解禁して飲みまくってます。毎晩
LiLiCo:飲みすぎでそういう風になったんですか?
堅:ちょっとね、人間ドックでひっかかって。数値で。しばらく禁酒しましょうか?って言われて。でも全然大丈夫
稲葉:量控えてみようって
堅:そうですね
LiLiCo:何一番飲みます?
堅:僕普通にビール。泡ものですね。シャンパン、ビール
LiLiCo:(気が)合うね!
稲葉:ずっと通しで飲める感じですか?
堅:通し、ずっと夜通しってこと?そうですね。朝まで。一昨日も朝まで(FNS歌謡祭の日)
稲葉:おなか一杯になっちゃう
LiLiCo:ビールおなか一杯になるって言いますよね。
堅:永遠飲めますね。
LiLiCo:いいね〜。それのおつまみは何ですか?
堅:僕ね、何でも。普通にチーズ。あと魚も好きですね。刺身とか
LiLiCo:いいとこありますよ
堅:ほんとですか?教えてください。
でも、朝方どっぷりお腹が空いてきてカルボナーラとか食べちゃいますね。
稲葉:お〜!
堅:炭水化物行っちゃうときも多々。また翌日から節制して
稲葉:摂った分バランスとって
LiLiCo:でもそういうの大事
稲葉:そんなカルボナーラの堅さんの後、どんな堅さん?ってなっちゃいますけど
堅さん、今週水曜日、46枚目となるシングルをリリースされまして、「#302」ですね。
TBS金曜ドラマ「3分間のマリーゴールド」主題歌です。
カップリングには去年JUJUさんに楽曲提供した「かわいそうだよね」のセルフカバーと、「トドカナイカラ」のKan Sano氏によるリミックスで収録
LiLiCo:何でこんなにこうやってさいい曲ばっかり出てくるわけ?
堅:いやいやいや
LiLiCo:ほんと不思議
稲葉:生み出し続けてきてますからね
堅:そんなことないですよ。もう必死ですよ。必死!出がらし。必死!絞り出してます。マジで。
LiLiCo:そんなこと!
堅:妄想好きなんでそれをを曲にしてるだけで。
LiLiCo:でも、そのメロディの浮かんでくるタイミングみたいなのは?
堅:ほんとに、今かかってる「#302」って曲は、行きつけのカラオケBOXが終わっちゃって閉まっちゃって潰れちゃって、寂しなと思って書いたんですよね。
実存するカラオケBOXがあって、公園通りの向こう側にあってというのがきっかけでできた曲なんですけども。
稲葉:そんあとっかかりが1個あるところから
堅:「かわいそうだよね」っていうカップリングの曲はJUJUちゃんと喋っててかわいそうな人だなと思って書いた
稲葉:JUJU姉が
堅:ほんとかわいそうだな、こいつと思って
LiLiCo:でも、なんかずっと一人でさ
堅:JUJUの愚痴聞いてるときにね。思いもありまして。
稲葉:面白いな!それ
そんな思いの時に聴くとね
LiLiCo:私、びっくりしたんですけども、ジャケがめちゃくちゃ印象的で
堅:なんか、バグったとか壊れてるとか、すごいTweetで書かれてて、何のタイもなくて撮影中にカメラのレンズにガラスを当てて屈折させて撮ったりしてて、それで面白いね!かっこいいね!って話をしてて、そのままジャケットにしちゃったんですけど
なんか、大丈夫か?平井堅!みたいなこと書かれてて、申し訳ない、全然深い意味は全くないんです。
稲葉:いや!この一枚絵で見たときのインパクトはすごい強いですね。
LiLiCo:絶対忘れない。すごいかっこいいね!
堅:ありがとうございます!
稲葉:すごいわ。
LiLiCo:恋愛の歌だったりね様々な寂しいっていう歌もあったりね、理想の恋愛像っていうのはどんなのなんですか?
堅:え〜!難しいな。まあ切ないっていうのもありふれた言葉だけど、J-POPって多いじゃないですか、多いかもしれないけど、何かしら悲恋ていうかちょっと痛みをはらんでる曲っていうのは好きなので、割と成就しなお恋愛とか、自分がしたいっていうよりは魅せられるっていうかそういうのを物語にしたくなりますね。何かしら問題がある恋愛っていうか
LiLiCo:確かに、そっちのほうが燃えますしね
堅:はっきり言うとね。そうかもしれない
LiLiCo:やっぱりね、結婚する前のLiLiCoの方がはるかに燃えてたね!
稲葉:今も燃えてるよ!
LiLiCo:ハハハハ!
堅:でもね、拝見しててね、婚前も婚後もきっと幸せなのに、渇望感がちゃんと出てるのが凄いですね!LiLiCoブランドをちゃんとキープしてる。まだ女豹感がずっと健在してるっていうのがすごい!
LiLiCo:何か歌できません?それで。
堅:LiLiCoの歌。激しめですね。
LiLiCo:激しめですか。やっぱり
堅:フラメンコ調みたいになりそうですね。
LiLiCo:途中で全部楽器を投げ捨てて手拍子だけとか
堅:破裂音とかね
稲葉:足踏み
LiLiCo:破裂音!だって今日好きな音っていうのがテーマなのね。
堅:そう。道中聴いてました。
LiLiCo:破裂音がって出てきたけど
堅:何か破壊する音とか入れないよね。
稲葉:僕、じゃあ風船割ります。デカ目の風船割ります。デカめの風船割ります。
メッセージ。ラジオネーム キヨミンさんからですね。
「堅さん、稲葉さん、LiLiCoさん、こんにちは!」
堅:こんにちは!
稲葉:「LiLiCoさん、今日は堅さんに投げキッスキャッチしてもらえましたか?」
堅:いやまだいただいてないんですよ。
稲葉:これ逸話がありましてね。
堅さんにLiLiCoさんがスタジオのガラス越しに投げキッスしたところ、キャッチしてそれを投げ捨てられたという話があって。
LiLiCo:これね、十何年?
堅:これね、僕がレギュラーやってるときに、隣のブースにLiLiCoさんいらっしゃって、そういうやり取りをしたんですね
LiLiCo:私がGROOB LINEとかやってるときに
稲葉:隣で収録されてて
LiLiCo:そう。毎回曲で感動、しかもかっこいいし、ルックスだから、「ん〜チュっ!」ってやったら、すごい綺麗に、私が投げたところに、ちょうどキャッチしてそのまま床にぶわ〜って投げて、めっちゃ踏みつけたっていう
稲葉:多分それなくならないと思うのよ。投げキッスLiLiCoさんの
堅:なくなんないね。床にずっと
稲葉:床の上から這いずって首まで来ますよ。
堅:床に潜伏してると思いますよ
LiLiCo:その投げキッスが私の足を伝って、また出てきて、今堅さんに、
「ん〜!チュっ!ふっ!」
堅:あ!
お!食べた!吐いた!
稲葉:え〜と、今説明しますとですね、堅さんがお口でキャッチしまして体に合わなかったようです。吐き出しました!吐瀉です。
LiLiCo:ハハハハハ!!
稲葉:それが本題じゃなくて、これまだ。
LiLiCo:失礼いたしました。
稲葉:キヨミンさんの好きな音が、「堅さんの歌声はもちろんなんですけど、歌い始めや途中息継ぎの深いブレス音です。とってもセクシーで格別にかっこよく、耳元で歌ってくれてるような近さを感じて好きです。何か、ブレスで意識してることとかありますか?」
堅:いや、全然ないけど、もちろん大事にしてる。ブレスも歌の一つとして大事にしてるけど、最近はあんまりやりすぎないようにしてます。
不自然にならない自然なちょうどいい吸い方にしようかな?と心がけています。
あまり「は〜!」っとやりすぎないようにしています。
LiLiCo:え?それ難しくないですか?
堅:普通、自然な、昔過剰にやってた時があって、は〜って
稲葉:そこで何かを表現しないようにしてるみたいな
堅:そこはかとないという感じというか
稲葉:まんまとやられてますわ。私たち
LiLiCo:声すごい高い
堅:高くないんです。ほんとに。高く聞こえるみたいです。
キー的にはね、僕より高い人いっぱいいる。むしろあんまり出ないんですよ。地声
高く聞こえるみたい
稲葉:高く聞こえる印象がある。高音なイメージ
堅:裏声は若干出るけど。地声はね、ほんとそれこそ、桜井和寿さんとかね、スピッツのマサムネさんとか桑田佳祐さんとかの方が全然出ます。キー的には。僕出ないです。
LiLiCo:声のどういう風にキープ、お酒も飲むから、次の日は真面目にするっていうのもあるけど、いつもやってる何かとかは?
堅:トレーニングはしてないですけど、ほんと、お酒ですね。
ライブ前は数日は飲まないようにしてます。だから、ライブとかテレビの後は楽屋に帰ってすぐ飲みっていう。もう、我慢してるからそれまで。時間がもったいないし、飲みますけど、歌前は少なくとも4・5日は飲まないですね。
LiLiCo:ほ〜。寝るときはマスクしてます?
堅:いや加湿してて、マスクはしてないかな。でも加湿は注意してますね
LiLiCo:ブレスが好きなファンの方。堅さんはどんな音が好きなんですか?
堅:僕ね、スマホを持ってなくてガラケーなんですね。
なので、周りはみんなスマホじゃないですか。スマホの音がすごい好きですね。普段自分が聞かないから。LINEが来た時にピコン!っていう音とか、すごいいい音だなと思って。スマホの音ってクオリティ高いなと思って。
ガラケーって音鳴らないんですよ。鳴るけど、バイブにしてると何にも鳴らないから、カコンっていう音ないんですよ。
LiLiCo:だってガラケーだとLINEできないもんね
堅:できない
LiLiCo:どうやって?電話?
堅:ショートメールかメール
メールやらないでしょ?みんな。
稲葉:機会は減ってますね
堅:メールとかスルーされることがあって。僕からしか来ないから、LINEでやり取りするから
稲葉:メルマガかと思われちゃうんだ。堅さんのメールが
堅:だから気づかずに、まだ見てないとか言われること多いですね
だからなるべくショートメールにしたりとか
LiLiCo:そうとは思わなかった
稲葉:スマホの音に慣れちゃってるふしあるかもしれないですね
堅:あれね、いい音ですよ。
LiLiCo:色んな着信音もあったりとか。着うたとか。私海外のが好き。メロディが。今出てこない
堅:でも、洋風とかみると新鮮ですよね。こういう音鳴るんだとか
LiLiCo:スウェーデンに帰るとみんな同じ音なのね
しかも電車の中でマナーモードにしなくても大丈夫な国なのでみんなしゃべってるんですよ
その着信音がすごい好きだけど、今メロディが出てこない
あまりにも魅了されて、キスを吐き出されたショックで今脳の中が
堅:まあ、この吐瀉物もまた戻ってくるから
稲葉:足元から這ってマムシみたいな感じで
LiLiCo:次回ね、またチャレンジをしたいと思いますが
もうそろそろクリスマスなんだけども。何をします?
堅:僕ね、コンサート毎年クリスマスにやってて、今年は上海でKen's Barを、クリスマスイブにやってるんですけどね。働いてます。
稲葉:上海でKen's Bar
堅:初めてなんで楽しみですね
LiLiCo:最高じゃん!
堅:ま日本じゃないので、日本の方には申し訳ないんですけど。はい、上海で
稲葉:想像するだけでいいですもんね。
LiLiCo:日本からはファンの方は
堅:いらっしゃってくれる方はね、時間も余裕のある方は
LiLiCo:これはもう売り切れですよね?
堅:その辺はちょっとわからないんだけども
LiLiCo:チケット取れないメールもあったから多分
稲葉:見れる人いいな
LiLiCo:来年とかは?どんな
堅:ほんと何にも決まってなくて、
LiLiCo:ほんと?ライブとかも?
堅:でもライブは来年僕25周年なんで、なのでそれを記念したコンサートはやると思うんですけど、まだ決まってないんですけど、やると思います。
あと、リリースも多分、このまま何にも起きなければ、1曲出すのは決まってます。ま、仮決まり。はい。

LiLiCo:ライブ土曜日の夜とかにやってくれない?一番空いている可能性が高い
堅:来てくださいよ。
LiLiCo:はい、私行きたいです
だってライブとかをテレビで見てて、見られるっていう、やっぱライブは生だからっていう、でもその映像をテレビとかで見られる数少ないアーティストなんですよ。私にとって。じーっと見ちゃうもん。ずーっと
堅:有難い。今、すごい眼力で見られて
LiLiCo:私たち、人間のファイルで入れると、ほぼ同じファイルに入ってますよ
堅:同じ種族ですね。そんな気がします。
LiLiCo:私いつもそう思ってたよ
堅:強めの顔。3人とも強い顔してると思うけど
稲葉:僕も強めの眉毛でやらしてもらってます
堅:強いですね
稲葉:3人で顔見て強いですねって言ってるこの番組変
LiLiCo:でもみんななんとなく想像できるんじゃないかな?と
稲葉:改めてニューシングル「#302」絶賛発売中です
そのほか堅さんの情報はオフィシャルサイトをチェックしてみてください。
LiLiCo:ほんとはね、2:06に終わらせないといけないの
堅:もう1分超えてますよ。大丈夫ですか?
LiLiCo:いやこのまま私が終わらせなかったら永遠に続くわけでしょ?
稲葉:だめですよ!堅さんもスケジュールがあるんですから、ちゃんと終わらせないと
堅:僕全然大丈夫ですよ
稲葉:そうなっちゃう。もう終わりでいいや
LiLiCo:次のコーナー何だったけな?一緒にいられないかな?
スタッフが今みんなあ〜〜とか言って
堅:苦笑いのね
稲葉:大人の苦笑いって
LiLiCo:でも、ごはんでも一緒にできたら
堅:是非是非
稲葉:是非番組にもいらして
堅:また呼んで下さい
LiLiCo:また遊びに来てください。ありがとうございました。
稲葉:堅さん曲紹介をしてください。
堅:「#302」聴いてください。
35
タグ: 平井堅 ラジオ

2019/12/6  9:44

12/6(金)J-WAVE 「JK RADIO〜TOKYO UNITED」レポ  平井堅ラジオレポ

私平井堅は、一昨日ですね12/4にニューシングル「#302」をリリースいたしました。
この曲は、タイトル「#302」これは、部屋番号なんですけども、カラオケボックスを舞台にした曲で、僕がカラオケが好きで、行きつけのカラオケボックスがありまして、そこがある時たたんでしまいましてね、そのカラオケボックスの思い出、まあ実際にあったことではないんですけども、色んなカラオケボックスにまつわるドラマを想像妄想しつつ妄想しながら書き上げた曲です。
皆さんも色んな思い出カラオケにまつわる悲喜こもごもあると思うんですけども、重ねながら聴いて頂けると嬉しく思います。

そして、ジャケット写真についてお聞かせくださいということで、このジャケット写真は、何て言うのかな?ちょっと歪んでるっていうんですかね?写真が。ですけれども深い意味はなくて、撮影当日、鏡とかガラスをカメラのレンズにあてがって実際歪ませて撮影したんですけども、その撮影した後処理したんではなくて、色んな試行錯誤しながら試しながら撮っていって、その感じがかっこいいなとただ盛り上がってこのジャケットにしたんですけども、その後、SNSとかを拝見すると、バグってるとか、この曲に関して平井堅が悩み苦しんでるのがこの写真で表されているとか、あのすごく深読みしていただいて、ほんとは何の意味もないとうか、何の意味もないことはないけども、ただ、写真としてかっこいいんじゃないかと思ってこのジャケットにしました。深い意味は全くございません。申し訳ありません。
よろしければ皆さんもそのジャケットを見て、そして手に取って、レジに向かってお支払いして購入していただければ、私嬉しくて号泣いたします。よろしくお願いいたします。
以上平井堅でした。
24
タグ: 平井堅 ラジオ

2019/12/4  8:59

12/4文化放送 「なな→きゅう」レポ  平井堅ラジオレポ

ななきゅうをお聞きの皆さん、上田まりえさん、柴田英嗣(アンタッチャブル)さん、おはようございます。
平井堅です。
二人ともお会いしたことないんですが、是非機会があればゲストに呼んで直接呼んで下さい。
よろしくお願いいたします。
さて、12/4に私の最新シングル「#302」という曲が発売になります。
僕はカラオケがとても好きで、最近はスナックによく行ってますが、カラオケボックスもよく行くんですけども、行きつけのカラオケボックスが潰れてしまって、そんなところから僕の妄想がわ〜わ〜わ〜わ〜と広がり、できた曲がこの「#302」という曲です。
恋の歌ですけども、カラオケにまつわる色んなドラマ、皆さんの中にも色々あるかと思います。ある方は重ねて聴いて頂けると嬉しく思います。
さて、ここでそんな私に関するクイズを出題しようと思います。
僕は最近あることで悩んでいます。
さてそれは何でしょうか?

上田さん:では、柴田さん、答えをどうぞ。
柴田さん:わかるわけねえよ。水虫

堅ちゃん:答えはこの曲のあとで

堅ちゃん:答えは最近、物忘れがひどいです。
先日もV6の坂本昌行さんの名前が出て来なくて、芸能人の名前が思い出せない、ぱっと出てこない時に、誰かに教えてもらうんじゃなくて、自力で思い出した方が脳にいいって聞いていて、これは自力で思い出すまで待とうと思って、1週間V6の坂本昌行さんの名前を思い出そうとしたんですけど思い出せなくて、とうとうググっちゃいました。1週間経って。
それからは、定期的にV6の6人のメンバーの名前を反芻するようにしています。
といことで、平井堅でした。

上田さん:平井堅さんほんとにいい声でしたね。たんたんと
柴田さん:平井堅さんほんとコメント頂けて嬉しいんですけど、わかんねえからクイズ
上田さん:難易度高めでしたね。
柴田さん:もうでも50手前だもんね。平井堅さんもね。
上田さん:え?もうそんな?
柴田さん:だって俺たちより全然年上だもん。
それでいてあの声出せるんだもん。将来の小田和正だな。
上田さん:朝から癒しの時間を頂きました。平井堅さんありがとうございました。
19
タグ: 平井堅 ラジオ

2019/12/3  11:55

NACK5「Smile SUUMIT」レポ  平井堅ラジオレポ

NACK5「Smile SUUMIT」ボン・マリアージュのコーナー

「ル・ソレイユ・コンセール」
12月はわたくし平井堅がお送りしております。
1回目のテーマは「思い出の旅」ということなんですが、記憶力が非常に乏しくてですねほとんどのことを忘れちゃうんですけども、直近でいうと、と言ってもほぼ1年前になるんですが、今年の1月初頭に、ヤオノイ島というタイのプーケット島からまたボートで1時間くらいかけて、渡って小さな小さな島があるんですヤオノイ島という、そこに行きまして、語弊があるかもしれませんが何にもない島で、基本ホテルから出ないという、そこにいらっしゃる方はね。
僕の中でも割と新しい旅の滞在の仕方というか、そんな旅をしたんですけども。
到着した翌日にですね、2週間滞在する予定をしてたんですが、到着した2日目にですね、サイクリングをして一緒にいた友人とね。
で、派手にすっ転んでしまいまして、ちょっと若干骨折をして、救急搬送されてですね、まったくもって動けない散々な旅だったんですけども、2日目にそういう怪我をしてしまったので、もう包帯ぐるぐる巻きで、せっかくなので日本に帰るのももったいないなということで、もう、そのホテルで療養ですね、非常に贅沢な療養の旅をして、なんですが、お酒も止められてたんですが、隠れてこそこそ呑んでたんですが、何にもしない、右手ほとんど動かせないので、ただただぼ〜っとして、後半ちょっと本だけ読めましたが、何にもしないそんな旅も、散々ではありましたが、とても思い出深い内省の旅という感じで、いいもので、怪我の功名というか、いい旅でございました。

ところで、そうそう、明日ですね、私の新曲がリリースとなります。
タイトルは「#302」という、何ですか、それは?という。
聴いていただくとわかるかな?と思うんですが、部屋番号のことなんですけども、
ほんとに、カラオケ好きが高じて、実話とかではなく、そのカラオケに、何回カラオケボックスに、何回スナックに行ったかわからないんですけど、人生でとんでもない数行ってると自負してるんですが、何か恩返しができないかな?とそんな気持ちで書いた曲です。
聴いて頂けると嬉しく思います。

BGMに「かわいそうだよね」も流れていました。
24
タグ: 平井堅 ラジオ

2019/12/1  8:21

FM802「YOUR RADIO 802」レポ  平井堅ラジオレポ

秦君、楽しくDJしてますか?
私の秦基博説は、「秦基博は、実は痩せようとしている説」です。
これはちょっと物議をかもすというか、秦ファンに殺されそうなんですが、先日呑んだ時に、秦君と話していて、僕はてっきり、秦君の絶妙なあの「ゆるふわ体型」をてっきりたゆまぬ努力でキープしているのかと思っておりまして、痩せてもいないし、凄く太ってるわけでもない、あの絶妙なラインを体重を、コンマ1くらいのところでキープしているのかと思ってたんですけど。本人に聞いたところ、そうではなく、痩せようとした結果、あの絶妙な、太ってる訳でもなく、細くもないあの絶妙な、ゆるキャラ、ゆるふわ体型をキープしているということをお聞きして、あの奇跡の体脂肪率が結果ああなっているということで、これは、くれぐれも、ディスってる訳ではなく、褒めている、凄く褒め称えているんですけども、この説に関して、何か異議等々ご意見あるならば、しっかりお応え下さい。
平井堅でした。


★秦君

堅さん、ありがとうございます。
これそうなんです。先日KANさんと3人で呑ませて頂いた時に、堅さんが結構おもむろに、真剣な顔で、「何なのその体型は!そうしてるの?」と真剣に聞かれて、「痩せようとしてこれだわ」と言って、凄い驚いてたというのがあったんですけど、堅さんは、しっかり自分の体重を管理されてるとテレビなどで拝見しましたけれど、実際いつ会ってもシュッとしてるなっていうふうに思いましたけどもね。
そうか、ゆるふわ体型か。これは、褒められたということでいいんでしょうか。何となく
堅さんと呑むと楽しいですよ。本当に。
今、絶対一個エピソード言いたいんですけど、全部言えないなって言う、言えるの一個もねえなと思ってるんですけど、今度言えるエピソードを堅さんから引き出したいなと思います。
これはだから、「実は痩せようとしている説」はそうです。
痩せようとはしています。結果が表れていないだけです。
堅さんありがとうございました。
43
タグ: 平井堅 ラジオ

2019/9/23  12:25

2019.9.23bayfm 30th Anniversary Special bay with you, the song with you  平井堅ラジオレポ

BGM(Precious Junk)

来月10月でbay fmが開局30周年を迎えるということで、私とbay fmとの関係はとのことで、僕は1995年デビューなんですが、なので、bayfmさん5年ほど先輩、パイセンに当たるんですけども、そのデビューした年『Sparkling Factory('95年10月〜'96年3月)』という番組、私のレギュラー番組を担当させていただきまして、非常にお世話になりました。
で、翌年96年、『Sparkling Xpress』('96 .4〜9月)、そして平井堅の『OREGA-OREGA』('96.10月〜'97年3月)っていうふざけたタイトルの番組をやり、なので今から25年ほど前ですね、その頃スタジオライブをしたり、当然生放送で毎週スタジオの方に行っておりました。
リスナーの方とゲートボールしたり、会合したり色んな思い出がございます。今後ともよろしくお願いします。

さて、今回の特番のテーマが「bay with you,the song with you」ということで、私の人生に寄り添ってくれた楽曲ということで、1曲選ぶということなんですが、色んなところで色んな曲に支えられ励まされて来た人生ではありますが、今ぱっと思い浮かんだのが、2001年に発表されたキリンジの「Drifter」っていう曲です。
この曲は当時よく聴いていたんですけども、ちょうど僕もとっても忙しくなってきた頃で、それが原因なのか何なのか、非常に鬱々とした日々を過ごしていることがあって、どうしたことかな?なんて悩んでいた頃にこの曲を聴いて、まああるあるですけども、「見てたのか?」っていうくらい、「私の曲なんじゃないのか?」って思うくらい、当時の私の心境にぴったりとフィットして、とても励まされた記憶があります。
ということで、キリンジの「Drifter」を選曲いたしました。
ということで、6年ほど先輩のbayfmさん、その背中を追いかけ付いていきます。
よろしくお願いします。

♪キリンジ「Drifter」


★追記

このキリンジの「Drifter」は、過去にもラジオで堅ちゃんが流してくれたり、話してました。

2010.12.22の「ラジペディア」で「Drifter」を流してました。
2016.4.22の「NOW ON AIR〜やっと逢えたね〜」ではキリンジの「イカロスの末裔」が流れたけど、その時も「Drifter」が人生を救ってくれた1曲って言ってました。
改めて聴いたらすごく深いですね。
歌詞が、「ノンフィクション」や「LIFE is」を思い出しますね。
アレンジが、冨田恵一さんなので、堅ちゃんとも重なるところがありますね。
38
タグ: 平井堅 ラジオ

2019/9/2  11:18

8/26(月)の松尾潔のメロウな夜で  平井堅ラジオレポ

8/26(月)のNHK-FMの「松尾潔のメロウな夜」で、松尾さんが堅ちゃんのことを話してくれていました。
NHK-FMはRadikoではタイムフリーで聴けないので、再放送の今日の放送を聞きました。

♪Til Last Summer / Tony! Toni! Tone!

去年の夏まではなんて言われるとね、条件反射的にすみませんとか何とか言ってしまいそうな人たくさんいるんじゃないでしょうかね。
夏っていうのは色んなことが起こる時期ですから、すべての夏を万人に対して、胸を張って正面見上げながら語りつくせる、そんな人生を過ごした人は僕の周りに一人もいないような気がします。
ちょっと、色んなことに対しての理性的な判断がやや緩め、大いにゆるゆるになってしまった、そんな夏の記憶が一つや二つ、いやもっとおありじゃないでしょうか?そんな人生もつまらないよなんて、そんなふらちなことを呼びかけるつもりもないんですけど、夏はいろんなことが起こりますよ。ということをね、毎年のように、まだ肌寒い時期から夏の曲作りませんか?なんてオファーを受けて、夏のことを考えながら曲作ってるとどうしても綺麗なだけの曲にはならないななんてことよく思うんですよね。
なんて平井堅さんともそんな話を重ねてますよ。20年ほど。

そんな平井堅さんが Tony! Toni! Tone!で一番好きというか一番聴きました話をしてましたね。 Tony! Toni! Tone!の「House Of Music」というアルバム、平井さん、「Let Me Know」って曲をこの番組でも紹介してくださったんですが、当時ね、さほどヒットしなかったんですよね。このアルバムがね。
山下達郎さんもこの番組のゲストに平井さんの後ですよね、お越しくださって、このアルバムを挙げてらっしゃいましたからね。
少なくともこのサンプルにね、平井堅・山下達郎という、日本を代表する二人の男性シンガーの口から出てきたアルバムタイトルですから、まだ実は聴いてないんだって方は、悪いことは言いません。今、聴いたらいかがですか?この番組終わってからですよ。今夜。
アルバム「House Of Music」についてちょっと語らしてもらいました。

では、平井堅さんの曲、ここで1曲紹介したいと思います。
2011年にリリースいたしました、「JAPANESE SINGER」というアルバムがございます。
アルバムプロデュースを松尾潔が久々に手掛けたという作品でした。
その中に、1曲夏テーマの曲がございました。
作曲は川口大輔さんが手掛けております。作詞は僕、松尾潔

♪「Missサマータイム」平井堅

ご存知のように、平井堅さんは映画ですとか、ドラマですとか、そういった映像表現と非常に相性のいい歌声、その声自体に物語性が含まれているようなところがあって、実際、そういう映像作品に対しての主題歌、テーマソングを歌うことが多いですよね。
僕も平井堅さんとの仕事で数覚えていないくらい主題歌とかそういうのやらせて頂きましたけど、どうしてそういうときには、バラードを望まれることが多いんですよね。
そういうタイアップ何かの制約ではない、アルバムの中でこそ歌える、「好きにやっちゃおうよ!」という曲、その1曲ですね。「Missサマータイム」もうこれ、やりたいってことだけで、まあ色んな意味でね「やりたい」ってことだけで作った曲です。
もう、平井さんがこれ歌いながら「こんな歌歌うんですか?」って散々楽しそうに、僕に悪態をついたことを覚えています
39

2019/7/12  12:41

2019.7.11J-WAVE「SONAR MUSIC」のコメント  平井堅ラジオレポ

昨日のJ-WAVEであいみょんと堅ちゃんからのコメントがありました。

堅ちゃん、ちょっと声がかすれてましたね。
妙に真面目なコメントでした。

まずは、あいみょんが堅ちゃんのことを話してくれていたので、抜粋して。

★あいみょん
私自身もすごく楽しみにしてるんですけど、やっぱ平井堅さんはすごい楽しみですね!
大好きです!早くライブが見たい。
平井さん自身がどういうセットで来るのかな?とか曲も気になります。

★堅ちゃん
J-WAVE LIVE 20th ANNIVERSARY EDITION最終日に出演します。平井堅です。
J-WAVE LIVE今年で20回目ということで、2000年に始まったこのJ-WAVE LIVEですが、わたくしも同じくして、第1回目から出演させていただいてまして、すなわち、今回で20回目となるわけですけども、有難い、ほんとに有難いことなんですけども、有難いと思ってるんですけども、なんか、厚かましいなという気持ちもあって、毎年毎年お話頂くときに、また平井堅!と思われると大変心苦しいということで、毎回いいんでしょうか?っていうことをお話しするんですが、でも最終的にやはり有難いので出さして頂きますということで、今年も出さして頂きます。
ありがとうございます。
とうことで、とにかく精一杯歌って、当日出られる他のアーティストの方々のパフォーマンスも楽しみにしています。
ということで、今年は非常に優等生なコメントで終わりそうな気がしていますけども、どうもすみません。
ということで精一杯頑張ります!
当日会場でお会いいたしましょう!
平井堅でした。

♪いてもたっても
23
タグ: 平井堅 ラジオ

2019/7/2  10:23

2019.6.29アーティストBOX「平井堅」  平井堅ラジオレポ

ABCラジオ「アーティストBOX」

♪KISS OF LIFE

平井堅で「KISS OF LIFE」お送りしました。
1995年デビューを果たし2020年でメジャーデビュー25周年を迎えます、シンガーソングライター平井堅さんです。
2歳から高校卒業まで三重県で過ごした平井堅さん、とてもカラオケが大好きで、歌手になりたい!と夢見ていたそうなんです。
でも、周りからは、それは宇宙人になるのと同じで無謀なことだと思われていたらしく、それを感じた平井さんは歌手になるという夢を人に語ることがなかったそうなんです。
ところで、平井堅さんてサザンオールスターズの大ファンなんですよね。
学生時代は桑田さんと同じ青山学院大学の受験を予定していたんです。
ところがお母さんが願書の提出を忘れてしまったため、仕方なく平井さん、第2希望だった横浜市立大学に進学しました。
そこで平井さんは幼いころから描いていた歌手になるという気持ちがあふれ出し、バンドを組むために動き出します。
そしてそのバンド名はサザンオールスターズのシングル「EMANON」の綴りを逆から読んだ「NO NAME」というコピーバンドだったんですね。(バンド名はYaYaだったと思います)
さあ、そんなサザン好きな平井さんは、ある日友達から、桑田佳祐の自宅を知っているという情報を得るんですね。
地図を書いてもらい、桑田さんの家に向かった平井さん、桑田さんの家を見つけました!
そして門の中に、プロコルハルムの「青い影」など2曲を吹き込んだデモテープ、そして、
「桑田佳祐様、原由子様。コーラスでいいので雇ってください!平井堅」
そう書いたシンプルな手紙を置いて帰ったというこのエピソード
実は結構有名なんですよね?ご存知だったでしょうか?
というのも、このエピソードは、後に平井さんが歌手になって、桑田佳祐さんのラジオ番組に呼ばれた時に披露されたんです。
当時の平井堅さんのデモテープ音源まで披露されたそうなんですよ。
平井さんかなり恥ずかしかったでしょうね。

さて話を戻しますと、平井堅さん、バンド活動やBarの雇われ歌手のアルバイトを過ごしていたある日、大手レコード会社主催のオーディションに自作ビデオを送りました。
このビデオがきっかけとなって、応募総数7500人の中から見事入選を果たします!
1993年にレコード会社と契約して、1995年に「Precious Junk」で見事メジャーデビューを果たしました!
記念すべき、デビュー曲を聴いてください。

♪Precious Junk
♪横顔

1995年5月、シングル「Precious Junk」でメジャーデビューを果たした平井堅さん
シングル「Precious Junk」はドラマ「王様のレストラン」の主題歌に起用されましたがチャート紙で最高50位。累計出荷枚数が10万枚と、思ったような結果を出せなかったんですね。
その後も「片方ずつのイヤフォン」「横顔」「ドシャブリ」「Stay With Me」「HEAT UP」「Love Love Love」と次々とシングルを出していきました。
また、「un-balanced」 「Stare At」と言ったアルバムも発表していったんですが、これといったヒットには恵まれません。
一時はシングルの出荷枚数が1万枚を下回ったこともあったんです。
こうした苦労を重ねていた時期、平井さんは地元のFM局の番組でパーソナリティを務めたりと、本職とは別の仕事をしたりと何とか音楽活動を続けていたんですね。
そんな苦労のあった下積み時代の平井さんに転機が訪れます。
それが、2000年1月に発売された8枚目のシングル「楽園」の大ヒットだったんですね。
この時の平井さんの状況は、このシングルが売れなければ契約打ち切りという、まさに背水の陣だったんですね。
ところがです、この「楽園」のCMが話題となって、問い合わせが殺到
更に、スポーツ新聞やワイドショーでも大きく取り上げられました。
ちなみにこのCMは当時北海道と福岡限定での放送だったんですが、この反響によって、全国放送が決定します。
また、FM各局でも楽曲が注目されて、シングル「楽園」は大ヒットするわけです。
こうして、「楽園」はデビューシングル「Precious Junk」以来5年ぶりにチャート紙にランクインしました。
最高7位を獲得して累計出荷枚数も60万枚を記録しています。
平井さんのブレイクのきっかけとなったこの曲聴いてくださいね。

♪楽園

さあ、あなたは、Ken's Barというのをご存知でしょうか?
これはアルコールやソフトドリンクを飲みながら音楽を聴くという大人の空間を演出した平井堅さんのコンセプトライブなんです。
1998年から開催されているんですね。
このライブシリーズはオリジナルアルバム発売後に開催されるような大規模なコンサートツアーが行われない年でもほぼ毎年開催されている人気の高いライブなんです。
一方でKen's Barではない通常のコンサート公演でも、合間に「ミニKen's Bar」と題したコーナーが設けられることがあるんですよ。
これを楽しみにしているファンの方多いんですね。
会場はスタート当初少人数スペースだったんですが、2005年12月には東京ドームで開催されるなど、開催規模が年々大きくなってきました。
平井堅さんのコンサートで素敵なところの一つは、会場が変わっても必ずテーブル席が用意されているということなんです。
そして、ドリンクコーナーが設けられている、このコンセプトは今でも守られているんですよ。
さあ、このKen's Bar、積極的にカバー曲が歌われるのも特徴の一つで、基本的には平井さん本人が歌いたい楽曲やお気に入りの楽曲、リスナーさんに紹介したい楽曲となっています。
たまにリクエストを募ることもあるそうですよ。
さあ、そんなライブKen's Barを堪能できるアルバムがあります。
今までに3枚発売されているカバーアルバム、Ken's Barシリーズがそれです。
このカバーアルバムは洋楽のスタンダードナンバーやオールディーズナンバーを中心に、J-ROCKや歌謡ポップスも収録されています。
2003年に発売されたKen's Barには ルイ・アームストロングの「WHAT A WONDERFUL WORLD」ヒットしたカバー曲の「大きな古時計」や坂本九さんの代表曲「見上げてごらん夜の星を」などが収められています。
そのほか「Ken's BarU」と「Ken's BarV」では洋楽のスタンダードナンバーやオールディーズナンバーを中心に、数々の邦楽ソングも多く取り上げられていますよ。
では平井さんの大ヒットカバーソングお送りしましょう。

♪大きな古時計
♪やつらの足音のバラード

さあ、あなたは平井堅さんにどのようなイメージを持っているでしょうか?
切なくて甘い歌声、またビジュアルは背が高くて堀が深い顔立ち、ダンディー、ま色々なイメージをお持ちかと思います。
平井堅さんが今までに発表している楽曲のジャケットに写っている姿、とてもかっこいいですよね。
でも、ある作品のCDジャケットだけ、他の作品とは一線を画しているんです。
それが2014年12月に発売された37枚目のシングル「ソレデモシタイ/おんなじさみしさ」なんですね。
さ、どんなジャケットかといいますと、赤いターバンを巻いて髭を蓄えた平井さんがインド人美女と一緒に写っているというデザインです。
ま、平井さんがインド人に扮しているということですね。
特に大きな話題となったのが「ソレデモシタイ」のミュージックビデオです。
全編インドの首都デリーの市街地とその近郊で2日間に渡って撮影されました。
平井さんが遺跡や街中でたくさんのインド人を従えて、ぴったりと息の合ったインドミュージカル映画さながらのダンスを披露しているという内容のミュージックビデオなんです。
楽曲の世界観はスリリングな恋愛を描いた禁断のラブソングなんですが、ミュージックビデオはそれとは正反対、コミカルな内容に仕上がっているんですね。
とても話題になりました。
このような作品にした意図は何なんですか?ということで、実は平井さんの顔の堀の深さがヒントになってるんですよ。
平井さん純粋な日本人なんです。
でもその顔の特徴から、外国人と間違えられることが多いそうで、その昔、新宿駅を歩いていたところ、インド人のある団体の方たちからインド人に間違えられたということがあったそうなんですね。
で、平井堅にしかできないことはないかと考えていたある日、当時のこのエピソードを思い出しました。
「そうだ!自分がインド人に扮してインド人に紛れて踊るんだ!」これを思いついて提案します。
「ソレデモシタイ」の撮影が行われました。
平井堅さんのYou Tubeオフィシャルチャンネルでこのミュージックビデオを見ることができますので、是非チェックしてみてください。

♪ソレデモシタイ
♪瞳をとじて

2020年でデビュー25周年を迎える平井堅さん
まず近年の活動を振り返りますと、2016年5月、39枚目のシングル「Plus One/TIME」をリリースしました。
この年の6月には、40枚目のシングル「魔法って言っていいかな?」7月には9枚目のアルバム「THE STILL LIFE」を発売しています。
こちらのアルバムは、デビュー20周年のアニバーサリーイヤーを経た平井堅さん5年ぶりのアルバムでチャート紙で最高4位を記録しています。
2017年3月に通サイン41枚目となるシングル「僕の心をつくってよ」をリリースしました。
こちらは長編アニメーション映画「ドラえもん 南極カチコチ大冒険」の主題歌として書き下ろされた楽曲です。
2018年は5月に43枚目のシングル「トドカナイカラ」それと44枚目のシングル「知らないんでしょ?」それぞれ発表しています。
この年の12月45枚目のシングル「half of me」をリリースしました。
こちらは2009年7月に行われた平井堅さんコンセプトアコースティックライブ「Ken's Barで初披露された楽曲なんですね。
今までライブでのみ歌われてきた未発表のラブバラードでしたから大変貴重でファンも大喜びでした。
そして2019年です。5月29日に配信限定シングル「いてもたっても」こちらを発売しています。
映画「町田くんの世界」の主題歌で、」恋をすると人はどうなるか?このテーマでこの映画のために書き下ろした楽曲なんです。
そして今回このミュージックビデオも大きな話題になってるんですね。
それは楽曲のテーマの下、いてもたってもいられない恋する気持ちを表現するために、平井さんがとても個性的なメイクをした魔法使いに扮しているからなんです。
これが大注目されているんですね。
そのメイク時間、5時間近くかかったそうで、こちらも曲と合わせて楽しみにチェックしてみてください。

♪いてもたっても
♪バイマイメロディー

34
タグ: 平井堅 ラジオ

2019/6/29  23:31

FM COCOLOのKANさんの番組で  平井堅ラジオレポ

今日のFM COCOLO「KANと要のWabi-Sabiナイト」の冒頭で、KANさんが、堅ちゃんと秦君とのカラオケの話をしてくれていました。

KANさんと要さんと馬場さんと伊藤さんとかの飲み会の後で、堅ちゃんと秦君と3人で青山のお洒落なフレンチのお店に行って、もう一軒、堅ちゃんの行きつけのべたべたな昭和なカラオケスナックに行って、KANさんと堅ちゃんとで、「We Are The World」を歌って、KANさんと秦君でボヘミアンラプソディーを歌ったと。
いい写真が一枚撮れててと、3人平井堅
要さん、3人がお祈りしてる写真としか思えないと。
何らから歌を堅ちゃんが真剣に歌っていて、手のひらを開いた状態で右手を挙げてマイクを持って歌ってるところに、KANさんと秦君が右手を挙げて平井堅が3人いる
堅ちゃん大股開いてリラックスして歌ってるね!と要さん
前半、堅ちゃんが右手挙げないで歌ってたから、手を挙げてよと言うと、真剣に歌う時しか挙げないと。
じゃあ真剣に歌おうよと。
それで真剣に歌ってる写真

「歌」をかけてくれました。


6/4のKANのロックボンソワでは、
KANさんが一人でものまねで「We Are The World」を。
堅さんも歌いたがってたけど歌わせない!みたいな感じで一人で「We Are The World」を歌って。
と言ってましたが、Mステでも、KANさんと「We Are The World」を歌ったと言ってましたね。
堅ちゃんのモノマネの「We Are The World」、ライブでも歌って欲しいね!

★TBCラジオ「アーティストBOX」6/29/土 | 19:00-19:55

1時間丸々平井堅特集
デビューのきっかけからデビュー後の堅ちゃんの経歴を、曲をかけながらエピソードを交えて詳しく説明してくれていました。
渋谷のザベストテン顔負けの情報収集力に、びっくりしました!
新しい内容はなくても、かなりコアな内容まで解説してくれていましたよ。
これは、中の人がかなりのファンだなと思っていました。
知らない人にも、ファンにも興味深いナレーションでした。

【プレイリスト】
Precious Junk
横顔
楽園
大きな古時計
やつらの足音のバラード
ソレデモシタイ
瞳をとじて
いてもたっても

★追記 7/1
アーティストBOXは全国で放送されてました。
でも、15分とか30分とか短い番組で、大阪のABCラジオが1時間でした。

アーティストBOX | ABCラジオ | 2019/06/29/土 | 27:30-28:30

他の地区でも、短いですが、短縮したのが聴けます
タイムフリーは期限が1週間なので、今日で切れるのもあります。
タイムフリーで聴けます。
YBS山梨 6/24 18:20〜
BSN新潟 6/24 21:00〜
RSK山陽 6/25・27 6:30〜
RKK熊本 6/29 5:00〜
SBS静岡 6/29 16:.15〜
TBC仙台 6/29 19:00〜
ABC大阪 6/29 27:30〜
NBC長崎 6/30 7:00〜
MBC鹿児島 6/30 19:15〜
KNB富山 6/30 22:30〜
ABS秋田 6/30 23:00〜
15
タグ: 平井堅 ラジオ

2019/6/20  12:07

昨夜のNACK5で  平井堅ラジオレポ

昨日の23:30からのNACK5の三浦翔平さんのラジオ番組で、平井堅祭りでした!

三浦さんが、実は隠れ堅ちゃんファンという話から、「いつか離れる日が来ても」「いとしき日々よ」「POP STAR」の3曲を流してくれました。
一番最初に買ったCDが「KISS OF LIFE」で、中学くらいの頃にゲオで買ったと。
それから隠れファンだったと。
セカチューも主題歌で、岡田君の映画も堅ちゃんの主題歌で、映画で堅ちゃんの曲がすごくマッチしてて、いつか、恋愛ものの映画に出たら堅ちゃんに主題歌を歌ってほしいなと思ってたと。
5/21の武道館のライブに行ったそうで
その前に、城田さんのインスタで、松浦さんの堅ちゃんのモノマネを見て、めっちゃ似てるなとYouTubeを見たら、声まで似てて、それから、堅ちゃんの歌とかを見てたら、ライブに行きたくなって、HPチェックしたら、武道館でライブがあって、チケットを急遽マネージャーに2枚取ってもらって、行ったみたいです。
すごい良くて、トークもすごく面白くて、ファンクラブ入ろうかな?って。
ライブで、挨拶に行きますか?って言われたけど、恥ずかしくて断ったと
遠くで見守っていたい
今の気持ちは堅ちゃんに届いてないと
どこかのタイミングで言えたらいいな
Ken's Barが良かったということを言いたかった

最近車で永遠リピートしてる曲「いつか離れる日が来ても」を流してくれました。

ライブで、初めて参加したので、その時のしかわからないけど、ファンの人がリクエストして、堅ちゃんが何でも歌ってくれて、よく歌詞覚えてるなと思って
堅ちゃんのライブに89回行ったという人がボールを取って、リクエストした曲が初期の曲(破りたい)で、ライブの最後の方で、スクリーンに、バンドメンバーの平井堅の好きな曲、嫌いな曲が出て、それが、リクエストした曲がギターの石成さんの嫌いな曲だった。
その曲を、知らなかったにわかファンだったから、ライブ後堅ちゃんの歌をずっと聴いていて、車の中平井堅。
堅ちゃんの歌は癒されて、いいですよと。
次のライブ絶対行くと!

今後の映画で主題歌だったら?の質問に、恋愛もので、どっちかが死ぬ系で最後にいいところで平井堅さんの曲が流れてほしい
JINの完結編もいとしき日々よが流れていて良かった
歌で映画の情景が思い出すってすごい
セカチューもあの曲で助けて下さいのシーンが出てくる

「いとしき日々よ」

最後にも「POP STAR」の途中で話が出て、Ken's Barは、最初、シャツで、スーツに着替えて決めてるのに、POP STARで陽気な服を着てとんがり帽子つけて出てきて、勉強不足で踊りがあって、皆んな踊ってて、隣で奥さんは踊っていて、何で踊れんの?逆に、何で踊れないの?と言われて、奥さんも隠れ堅ちゃんファンだったと。
ちなみに奥さんは桐谷美玲さん
踊りたかった!と、帰って速攻で振り付けをYouTubeで見て覚えたと。次のライブに向けて
踊れなかったのが悔やまれてPOP STARをかけましたと。


まさか、三浦さんご夫婦で隠れファンだったとは!
2人の踊りが見てみたいね!
堅ちゃんの歌をずっと聴いてくれてて、堅ちゃんも嬉しいよね!
69
タグ: 平井堅 ラジオ

2019/6/10  20:58

DateFM「RAD」ラジオコメントのレポ  平井堅ラジオレポ

2019.6.3 DateFM「RAD」
6/10のお知らせでしたが、6/3(月)に放送されていました。

私の好きなおやつを教えてくださいということで、
すっごい考えたんですけど、この質問
なんか、楽屋とかに、すごい高いおやつとか持ってくる芸能人とかいるじゃないですか。知らないけど。
そういうのしたことなくて、気の利いたことが言えないんですけど、
コンビニに行ってよく買うお菓子なんだっけな?と考えに考えた結果、「チップスターのコンソメ味」です。

あとはリリースの宣伝でした。
25
タグ: 平井堅 ラジオ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ