堅ちゃんのスケジュールは、きゅーぴーはーと「堅ちゃんカレンダー」でチェックしてくださいね。

2020/9/6  0:35

お2人に学ぶこと  平井堅ちゃん

インタビューに答えてくれた、札幌の音楽処の石川さんや、福岡のCROSS FMの江本さんのお話を読んで、堅ちゃんと出会って、ヒット曲が出ない時期でも、堅ちゃんの才能や人柄に惚れ込んで、周りが何と言おうと推し続けてくれた、その熱意に感動しました。
直接ヒットに繋がらなくても、その時に、応援してくれたり、売れると信じていつまでも待っていてくれた場所があるお陰で、平井堅という名前が、知らず知らずのうちに多くの人の心に刻まれて、崖っぷちでも乗り越えて、ブレイクの原動力になったんだと思います。
華々しくデビューするのは簡単でも、それを25年もの年月、持続してヒットし続けることは、誰にもできることではないですよね。
きっと、今も尚、こういう人が全国のあちこちにいて、陰で支えてくれてるんですよね。
ブレイクまでの5年、先が見えない中で、諦めずに信じてくれた人。
凄いことだわ。
私は、ブレイクした2000年に出会ったから、その頃は全く知らなかった。
売れている時しか、堅ちゃんを知らずに来た。
常にテレビに出て、コンスタントにCDを出して、ライブも毎年数回してくれて、Ken's Barは必ず恒例で欠かさずしてくれて、いつでも会えて、いつでもラジオから面白い話が聞けて、それを休む暇なく追いかけ続けて来て、今年で20年目。
毎日、昼も夜も堅ちゃんの情報を探しては共有し、ライブの感動を分かち合い、ラジオの感想を話したり、そんな日々を始めたのが2002年、某ファンサイトや、2004年に作ったファンサイト「きゅーぴーはーと」、2007年から始めたブログ「けんちゃんと一緒」休む暇なく堅ちゃんに私の生活の全てを費やしてきた。
それが、このコロナのために、2019.12.24から表舞台から、テレビ出演やライブ等出来なくなり、ラジオもない、堅ちゃんの情報すら全く聞こえて来ない。
あいみょんとのコラボはあったけど、テレビ出演もなし。
25周年に心躍るほど楽しみにしていたイベントは、未だに予定も立たない。
これは、堅ちゃんも同じ辛さと、一切堅ちゃんに求めてはいけないと、自分を律して来た。
依存するのではなくて、ステイホームの間に、本来大好きだった音楽を、とにかく色々聴いてみようと思って、色んな音楽に出会えた。
それはそれで素敵な出会いでした。
でも満たされない。
ある日、旦那が、堅ちゃん大丈夫か?全然出てきやへんやん。
出もしやへん人の情報ないかと、毎日毎日アホみたいに探してるこんなアホもいるのに、元気やでの一言でも言うたらどうや。ほんまに、ファンのこと思てるのか?そんなやつ辞めてしまえと。
私は、それまで、口にしないでおこうと我慢していた決壊が切れて、ボロボロ泣けてきた。
本音は、その通りよ。声だけでも聞きたい。
でも、ファンは待つしかできひんねんから。
忘れるなんて絶対無理だし、1日1回は必ず堅ちゃんの歌聴いてる。
堅ちゃんがやると決めて出てきてくれた時には、精一杯また追っかけるし。
でも、たったの8か月でも、こんなに、堅ちゃんからの発信が一切ないことは、ファンになって以来初めてのことで。
2004時まで育児や仕事でライブに行けなかったり、2006年に赤ちゃんが出来て、2年ほどライブに行けなかったこともあったけど、常にラジオやテレビで会えていた。
2003年のニューヨークへの逃亡のときは、マイラジ があって、毎週声が聞けた。
初めての真っ白な空虚な時間。
去年のツアーの4月以来1年半堅ちゃんに会えてない。
配信ライブも期待したけど、あいみょんの無観客見た時に、堅ちゃんにはこれはして欲しくないなあと思った。
やっぱり、お客さんあってのLIVE
何度も生の堅ちゃんの歌声とおしゃべりの面白さの感動を味わってるから、生が一番。
やっぱり、安全に、遠征も出来て、誰もが参加できる時期を待たないと、25周年ツアーは無理だろうな。
声が、身体が資本の歌手
私は、何も出来ないこの時期、売れなかった5年間より辛い時期だと思う。
その時に、諦めずに支えて応援してくれていた方々のを見習って、とにかく、忘れることだけはしない。
いつ仕事を再開してもいいよ!とウォーミングアップして待ってるよと、余裕を持っていたい。
堅ちゃんファンの皆は、多分、今、それぞれの生活を見い出して、堅ちゃんのいない寂しさを補っていると思います。
堅ちゃんのライブに行くのが生き甲斐で働いている人、子育て頑張ってる人、勉強してる人、闘病してる人、みんな、堅ちゃんの存在が大きかったに違いないです。
逆に言えば、堅ちゃんが常に側にいてくれた幸せを当たり前のように思っていた日々は、当たり前ではなかった。
そんな日々は貴重な大切なものだったと感謝できます。
もし、堅ちゃんやスタッフの方に声が届くなら、いつまでも待ってるので、一言でも堅ちゃんの声を聴かせて下さい。
とお願いしたいです。

先日、大さんの、「better tommorow」というピアノの演奏を聴いて、なぜか堅ちゃんが歌ってるように思えて、泣けてきました。
また、大さんのピアノで、優しい歌声を聴きたいですね。

https://youtu.be/6qmXxV45iMI


72



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ