堅ちゃんのスケジュールは、きゅーぴーはーと「堅ちゃんカレンダー」でチェックしてくださいね。

2020/2/17  22:46

WOWOWの上海Bar見ました!  平井堅ちゃん

今日、堅ちゃんのWOWOWを録画してもらったブルーレイを、1人でじっくりと鑑賞しました!
出だしから会場入りする普段着の堅ちゃん登場でドキドキ💓
リハーサル前の楽屋インタビューも素敵なセーターに眼鏡の堅ちゃんで、にこやかで素敵でした!
リハーサルでは、中国語を練習していて、少しでも中国のお客さんに直に届けたいと思って頑張ってましたね!
MCでもバッチリ成功してましたよね!

ライブの始まりの映像も素敵で、舞台袖でメンバーさんと円陣を組む姿も見られて嬉しかったですね!
緊張が伝わってさました。

堅ちゃんが出るなり、会場から物凄い歓声と拍手で迎えてくれて嬉しかったですね!
中国の方がお気に入りの歌への反応が凄くてびっくりしました!
ほっこりしたラブソングが人気でしたね。
「僕は君に恋をする」のイントロと間奏で拍手
人気なんだね。
「魔法って言っていいかな?」でも間奏で拍手が!
MCも中国語で挨拶したら受けてましたね!
写真撮影のポーズも可愛くて笑いも起こってましたね。

堅ちゃんの魅力を最大に引き出すべくセトリで、カバーやリクエストコーナーが日本では当たり前になってるけど、あのベストソングの選曲は、初めて聴く中国のお客さんには一番魅力を感じてもらえる選曲でしたね。
ラブソング、情念、友情、R&Bの楽園と畳み掛けるようにヒット曲を心を込めて、丁寧な日本語で届けてましたね。
「キミとも」の石成さんのギターも素敵でした!
「楽園」の大さんのピアニカ、久しぶりに染みました。

MCで、大学で北京語を習ってたけど、ニイハオ、シェイシェイ、二イライラチンゾしか覚えてないと。
「よう来たな!まあ座れや!」と関西弁で笑わせてましたね!
会場も笑いがあったから、通じてましたよね!

「瞳をとじて」のイントロや間奏でも歓声が!
素晴らしい歌声で泣けてきました。

1stステージの鮮やかなグリーンの衣装、似合ってましたね!
WOWOWさん、堅ちゃんの素敵に見える角度を良くご存知で、まあ、どこからのアングルでもかっこ良すぎて、うっとりでしたね!
2ndでも左横からのアングルがめっちゃかっこよかった!
大阪の試写会に参加した友達に聞きましたが、WOWOWの女性プロデューサーの方が、
平井堅さんは どの角度からも 撮りがいがあるって、べた褒めされてたそうですよ!

テーマソングの「even if」から始まってもう泣きそう
「哀歌」の迫力!かんちゃんのウッドベース、凄く上手くて感動!
上海Boys&Girlsのいつものセリフも盛り上がってたね!

「トドカナイカラ」から「君の好きなとこ」では拍手が沸きましたね。
堅ちゃんも途中、「ありがとう」って言ってました。
KISS OF LIFEはいつもより遅いテンポでしたが、ノリノリと言うよりはしっとり、大さんのピアノが綺麗でした。
でも、皆さん手をフリフリしてくれていて、堅ちゃんも嬉しそうでしたね!
高音からのタメの手前、凄い歓声にびっくり!
POP STARでは堅ちゃんから立って歌い出したので、お客さんも一斉に立って皆んなで踊って盛り上がってましたね!
歌い出しで、2回もウォー!と歓声が上がって人気度が分かりました!
堅ちゃんとあっくんもっくんが一緒に踊ってるのが楽しそうで、足あげてイェーイエイイェーイ♪て可愛い!
やっぱりこの曲は自然と笑顔になって、勝手に踊ってしまって楽しいですね!
シーンとしたライブから、一気に楽しいライブに大満足したお客さんの顔がとても印象的でした。

アンコールでは、黒のロングコートがめちゃくちゃかっこよくて、ため息出ました!
ノンフィクションや#302でライトに照らされた堅ちゃんに後光が差してるようで、神々しくて、魂のこもった歌声に涙が出てきました。
ノンフィクションの前にも歓声が!
#302がこんなにいい曲だったかな?と思うくらい素敵でした!

そして、最後の「Gaining Through Loging」ではお客様さんも大歓声!
感動の熱唱で、サビでは合唱はなくても、堅ちゃんの歌声にうっとりして涙が溢れてきました。
間奏やサビで何気にカウント取る姿がセクシーでかっこよかった!

いつか皆んなで合唱できたら嬉しいですね!

最後まで、日本語と中国語でありがとうございました!と叫ぶ堅ちゃんにありがとうと手を合わせてしまいました。

今、中国や日本では大変なことになっていて、この時に無事にライブが出来て、本当に良かったなあと、余計に泣けてきました。
早く終息して、ツアーも開催できますように。

最後のインタビューの堅ちゃんは、真面目で真摯な堅ちゃんにウルウルしました。



56



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ