堅ちゃんのスケジュールは、きゅーぴーはーと「堅ちゃんカレンダー」でチェックしてくださいね。

2019/7/2  10:23

2019.6.29アーティストBOX「平井堅」  平井堅ラジオレポ

ABCラジオ「アーティストBOX」

♪KISS OF LIFE

平井堅で「KISS OF LIFE」お送りしました。
1995年デビューを果たし2020年でメジャーデビュー25周年を迎えます、シンガーソングライター平井堅さんです。
2歳から高校卒業まで三重県で過ごした平井堅さん、とてもカラオケが大好きで、歌手になりたい!と夢見ていたそうなんです。
でも、周りからは、それは宇宙人になるのと同じで無謀なことだと思われていたらしく、それを感じた平井さんは歌手になるという夢を人に語ることがなかったそうなんです。
ところで、平井堅さんてサザンオールスターズの大ファンなんですよね。
学生時代は桑田さんと同じ青山学院大学の受験を予定していたんです。
ところがお母さんが願書の提出を忘れてしまったため、仕方なく平井さん、第2希望だった横浜市立大学に進学しました。
そこで平井さんは幼いころから描いていた歌手になるという気持ちがあふれ出し、バンドを組むために動き出します。
そしてそのバンド名はサザンオールスターズのシングル「EMANON」の綴りを逆から読んだ「NO NAME」というコピーバンドだったんですね。(バンド名はYaYaだったと思います)
さあ、そんなサザン好きな平井さんは、ある日友達から、桑田佳祐の自宅を知っているという情報を得るんですね。
地図を書いてもらい、桑田さんの家に向かった平井さん、桑田さんの家を見つけました!
そして門の中に、プロコルハルムの「青い影」など2曲を吹き込んだデモテープ、そして、
「桑田佳祐様、原由子様。コーラスでいいので雇ってください!平井堅」
そう書いたシンプルな手紙を置いて帰ったというこのエピソード
実は結構有名なんですよね?ご存知だったでしょうか?
というのも、このエピソードは、後に平井さんが歌手になって、桑田佳祐さんのラジオ番組に呼ばれた時に披露されたんです。
当時の平井堅さんのデモテープ音源まで披露されたそうなんですよ。
平井さんかなり恥ずかしかったでしょうね。

さて話を戻しますと、平井堅さん、バンド活動やBarの雇われ歌手のアルバイトを過ごしていたある日、大手レコード会社主催のオーディションに自作ビデオを送りました。
このビデオがきっかけとなって、応募総数7500人の中から見事入選を果たします!
1993年にレコード会社と契約して、1995年に「Precious Junk」で見事メジャーデビューを果たしました!
記念すべき、デビュー曲を聴いてください。

♪Precious Junk
♪横顔

1995年5月、シングル「Precious Junk」でメジャーデビューを果たした平井堅さん
シングル「Precious Junk」はドラマ「王様のレストラン」の主題歌に起用されましたがチャート紙で最高50位。累計出荷枚数が10万枚と、思ったような結果を出せなかったんですね。
その後も「片方ずつのイヤフォン」「横顔」「ドシャブリ」「Stay With Me」「HEAT UP」「Love Love Love」と次々とシングルを出していきました。
また、「un-balanced」 「Stare At」と言ったアルバムも発表していったんですが、これといったヒットには恵まれません。
一時はシングルの出荷枚数が1万枚を下回ったこともあったんです。
こうした苦労を重ねていた時期、平井さんは地元のFM局の番組でパーソナリティを務めたりと、本職とは別の仕事をしたりと何とか音楽活動を続けていたんですね。
そんな苦労のあった下積み時代の平井さんに転機が訪れます。
それが、2000年1月に発売された8枚目のシングル「楽園」の大ヒットだったんですね。
この時の平井さんの状況は、このシングルが売れなければ契約打ち切りという、まさに背水の陣だったんですね。
ところがです、この「楽園」のCMが話題となって、問い合わせが殺到
更に、スポーツ新聞やワイドショーでも大きく取り上げられました。
ちなみにこのCMは当時北海道と福岡限定での放送だったんですが、この反響によって、全国放送が決定します。
また、FM各局でも楽曲が注目されて、シングル「楽園」は大ヒットするわけです。
こうして、「楽園」はデビューシングル「Precious Junk」以来5年ぶりにチャート紙にランクインしました。
最高7位を獲得して累計出荷枚数も60万枚を記録しています。
平井さんのブレイクのきっかけとなったこの曲聴いてくださいね。

♪楽園

さあ、あなたは、Ken's Barというのをご存知でしょうか?
これはアルコールやソフトドリンクを飲みながら音楽を聴くという大人の空間を演出した平井堅さんのコンセプトライブなんです。
1998年から開催されているんですね。
このライブシリーズはオリジナルアルバム発売後に開催されるような大規模なコンサートツアーが行われない年でもほぼ毎年開催されている人気の高いライブなんです。
一方でKen's Barではない通常のコンサート公演でも、合間に「ミニKen's Bar」と題したコーナーが設けられることがあるんですよ。
これを楽しみにしているファンの方多いんですね。
会場はスタート当初少人数スペースだったんですが、2005年12月には東京ドームで開催されるなど、開催規模が年々大きくなってきました。
平井堅さんのコンサートで素敵なところの一つは、会場が変わっても必ずテーブル席が用意されているということなんです。
そして、ドリンクコーナーが設けられている、このコンセプトは今でも守られているんですよ。
さあ、このKen's Bar、積極的にカバー曲が歌われるのも特徴の一つで、基本的には平井さん本人が歌いたい楽曲やお気に入りの楽曲、リスナーさんに紹介したい楽曲となっています。
たまにリクエストを募ることもあるそうですよ。
さあ、そんなライブKen's Barを堪能できるアルバムがあります。
今までに3枚発売されているカバーアルバム、Ken's Barシリーズがそれです。
このカバーアルバムは洋楽のスタンダードナンバーやオールディーズナンバーを中心に、J-ROCKや歌謡ポップスも収録されています。
2003年に発売されたKen's Barには ルイ・アームストロングの「WHAT A WONDERFUL WORLD」ヒットしたカバー曲の「大きな古時計」や坂本九さんの代表曲「見上げてごらん夜の星を」などが収められています。
そのほか「Ken's BarU」と「Ken's BarV」では洋楽のスタンダードナンバーやオールディーズナンバーを中心に、数々の邦楽ソングも多く取り上げられていますよ。
では平井さんの大ヒットカバーソングお送りしましょう。

♪大きな古時計
♪やつらの足音のバラード

さあ、あなたは平井堅さんにどのようなイメージを持っているでしょうか?
切なくて甘い歌声、またビジュアルは背が高くて堀が深い顔立ち、ダンディー、ま色々なイメージをお持ちかと思います。
平井堅さんが今までに発表している楽曲のジャケットに写っている姿、とてもかっこいいですよね。
でも、ある作品のCDジャケットだけ、他の作品とは一線を画しているんです。
それが2014年12月に発売された37枚目のシングル「ソレデモシタイ/おんなじさみしさ」なんですね。
さ、どんなジャケットかといいますと、赤いターバンを巻いて髭を蓄えた平井さんがインド人美女と一緒に写っているというデザインです。
ま、平井さんがインド人に扮しているということですね。
特に大きな話題となったのが「ソレデモシタイ」のミュージックビデオです。
全編インドの首都デリーの市街地とその近郊で2日間に渡って撮影されました。
平井さんが遺跡や街中でたくさんのインド人を従えて、ぴったりと息の合ったインドミュージカル映画さながらのダンスを披露しているという内容のミュージックビデオなんです。
楽曲の世界観はスリリングな恋愛を描いた禁断のラブソングなんですが、ミュージックビデオはそれとは正反対、コミカルな内容に仕上がっているんですね。
とても話題になりました。
このような作品にした意図は何なんですか?ということで、実は平井さんの顔の堀の深さがヒントになってるんですよ。
平井さん純粋な日本人なんです。
でもその顔の特徴から、外国人と間違えられることが多いそうで、その昔、新宿駅を歩いていたところ、インド人のある団体の方たちからインド人に間違えられたということがあったそうなんですね。
で、平井堅にしかできないことはないかと考えていたある日、当時のこのエピソードを思い出しました。
「そうだ!自分がインド人に扮してインド人に紛れて踊るんだ!」これを思いついて提案します。
「ソレデモシタイ」の撮影が行われました。
平井堅さんのYou Tubeオフィシャルチャンネルでこのミュージックビデオを見ることができますので、是非チェックしてみてください。

♪ソレデモシタイ
♪瞳をとじて

2020年でデビュー25周年を迎える平井堅さん
まず近年の活動を振り返りますと、2016年5月、39枚目のシングル「Plus One/TIME」をリリースしました。
この年の6月には、40枚目のシングル「魔法って言っていいかな?」7月には9枚目のアルバム「THE STILL LIFE」を発売しています。
こちらのアルバムは、デビュー20周年のアニバーサリーイヤーを経た平井堅さん5年ぶりのアルバムでチャート紙で最高4位を記録しています。
2017年3月に通サイン41枚目となるシングル「僕の心をつくってよ」をリリースしました。
こちらは長編アニメーション映画「ドラえもん 南極カチコチ大冒険」の主題歌として書き下ろされた楽曲です。
2018年は5月に43枚目のシングル「トドカナイカラ」それと44枚目のシングル「知らないんでしょ?」それぞれ発表しています。
この年の12月45枚目のシングル「half of me」をリリースしました。
こちらは2009年7月に行われた平井堅さんコンセプトアコースティックライブ「Ken's Barで初披露された楽曲なんですね。
今までライブでのみ歌われてきた未発表のラブバラードでしたから大変貴重でファンも大喜びでした。
そして2019年です。5月29日に配信限定シングル「いてもたっても」こちらを発売しています。
映画「町田くんの世界」の主題歌で、」恋をすると人はどうなるか?このテーマでこの映画のために書き下ろした楽曲なんです。
そして今回このミュージックビデオも大きな話題になってるんですね。
それは楽曲のテーマの下、いてもたってもいられない恋する気持ちを表現するために、平井さんがとても個性的なメイクをした魔法使いに扮しているからなんです。
これが大注目されているんですね。
そのメイク時間、5時間近くかかったそうで、こちらも曲と合わせて楽しみにチェックしてみてください。

♪いてもたっても
♪バイマイメロディー

34
タグ: 平井堅 ラジオ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ