堅ちゃんのスケジュールは、きゅーぴーはーと「堅ちゃんカレンダー」でチェックしてくださいね。

2014/7/23  9:07

ソニーの「LINEオーディション」で堅ちゃんのコメント  平井堅ちゃん

お友達が教えて下さいましたが、LINEオーディションのLINEのホームでコメントが載っていたようです。


「デビューのきっかけは1本のデモテープ」
5月28日にリリースしたコンセプトカバーアルバム「Ken’s Bar V」が、大好評の平井堅さん。
そんな平井堅さんも、デビューのきっかけは、ソニーミュージックが主催したオーディションに送った1本のデモテープだったそうです。
今回「LINEオーディション」の開催にあたって、平井堅さんに"オーディションの先輩"としてのお話を伺ってきました。

----オーディションにまつわるエピソード、思い出などあれば教えてください。

平井堅(以下、平井):僕がエントリーした「BREATH」というオーディションは一年掛かりで行われた大々的なものだったのですが、一次のテープ審査、二次の面接と勝ち進んだあと、それぞれの応募者に担当ディレクターが付いたのですが、その方に、開口一番
「いま着ているその汚い服、靴、全部捨てて」
と言われた事が忘れられない出来事ですね。
その後、デビューに至るまで後押しをして下さった恩人なのですが、あの瞬間の衝撃は未だに鮮烈に覚えてます。
よっぽど酷い格好してたんでしょうね(笑)。

----今回のオーディションは、LINEから簡単に応募ができるのですが、ご自身の頃と比較して一言あれば…。

平井:当時は当然インターネットなんて無かったので、オーディション雑誌を見たり、直接レコード会社に持ち込んだりしてま。
がむしゃらではあるものの、いまいちアンテナが低い僕を見かねて、大学の音楽サークル仲間が、ソニーミュージックで主催しているSDオーディションを教えてくれたのです。
彼がいなかったら違った人生だったのかもしれません。本当にその友人には感謝です!ありがとう!!
便利なのは素晴らしいけど、不便さ、不自由さは、時として情熱を育ててくれるのかもしれませんね。

----応募しようかどうか迷っている人にエールを。

平井:人生は一度きりです。生きること自体がギャンブルです。
興味が少しでもあるのなら思い切って応募してみて下さい!!

----ありがとうございました!!!

平井:今回、一連のインタビューに答えながら、当時の思い出が甦ってきて、なんとも言えない感慨に浸ってます(笑)。
あれから22年、まだ同じ夢の途中にいる自分を再確認できて、むしろ感謝しております。夢を追いかけている皆さん!互いに頑張りましょう!!

平井堅さんのお話は、夢を追いかけたいけどまだ自信がないという人が勇気づけられる内容だったのではないでしょうか?
今こそ一歩を踏み出すときかもしれません。チャンスを掴みに行きましょう!
http://official-blog.line.me/ja/archives/1005995327.html


堅ちゃんが、デビューできたのは、オーディションを教えてくれた友達のお陰なんですね。
そういうきっかけって、すごく大事ですよね。
今、堅ちゃんに出会えて、その友達にも感謝ですね。
まだ夢の途中にいるなんて、謙虚ですね。
でも、そうやってまだまだ夢を追いかけてくれていると思うと嬉しいわ!

29



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ