堅ちゃんのスケジュールは、きゅーぴーはーと「堅ちゃんカレンダー」でチェックしてくださいね。

2014/7/15  11:04

不思議な繋がりと感謝  平井堅ちゃん

先日、地元ローカルテレビの高校野球のテーマソングを伊賀市出身の大知正紘君が歌うことになって、特番に出ていて、随分リリースもなくしばらく音楽活動をしていないのかと思っていたので、すごく嬉しく思い見ていました。
デビュー当時からひっそりと応援してるんですが、その大知君がゲストで出るライブが昨日あって、何気なく一緒に出る人のTwitterを見ていたら、何と!ハモネプで大好きだったA-Zのけいちゃんでした!
Danというユニット名でわからなくて、ずっと音楽活動をしていたことも知らなくて。
まだ学生なのかな?デビューはしないのかな?とか思ってはいたんですが。
そのDanのHPに行くと、何と、この8月で音楽活動を休止するというんです。
歌を辞めようかと悩んでいるようです。
せっかく巡り会ったのに、休止だなんて、寂しい。
You Tubeで歌を聴くと、素晴らしい歌声。もったいない。それしかないです。
大知君もなかなかリリースもなくて寂しかったけど、一昨年には、嵐の二宮君のソロ「それはやっぱり君でした」の作曲を手がけたり、去年には、CODE-Vの「今、伝えたいこと」の作詞作曲を手がけたり、新生CODE-Vのカップリング曲を書いたり、作家活動をしていて、すごくいい曲ばかりなのに、自身の曲が出なくて寂しいなと思ってました。
また、この夏に発売されるようで嬉しいです。

CODE-Vは石成さんや鈴木さん、かんちゃんがバックバンドで参加してるし、思わぬところで、好きな人同士が繋がってたりするので不思議ですよね。

もし、堅ちゃんが歌を辞めることになったら・・・
私は、ずっと堅ちゃんの魅力に引き込まれて以来、堅ちゃんばかり聴いてますが、堅ちゃんがライブをしてくれたり、リリースをしてくれたり、テレビやラジオに出てくれたりするのが、当然で、当たり前のように思っていたんですよね。
あれだけヒットして人気者になっていても、堅ちゃんだって途中で何度も歌手を辞めたいと思ったこともあったと思います。
それでも、今も変わらずずっと歌い続けてくれていることが、どんなに大変だったことか。
続けてきてくれて、新しい歌を送り出してくれて、生歌を聴かせてくれていることが、どんなに有難いことか、ふと、ありがとう。という気持ちでいっぱいになりました。

今、音楽が大好きで、歌いたくてアーティストを目指す人や、デビューしてもなかなか上手くいかない人がいっぱいいます。
特に最近は音楽業界も厳しく、音楽を売る時代ではなくなってきたかのように言われています。
買う人が少なくなってきているからですが。
でも、もし、今、素晴らしい歌を作りだしたり、歌ったりしてくれなくなったら、私たちは、何を求めて、何に癒されていけばいいのか。
音楽がなくなることはないですが、大好きな人の歌を、その人が作り出す歌を、少しでもたくさん聴いてみたい、癒されたい、感動したいと思って新曲を待ち望んだりします。
堅ちゃんも、今までに、数えきれないほど、多くの素晴らしい曲を作ってくれて、届けてくれています。
それは大変なことなんでしょうけど、私たちにとったら、最大の贈り物です。
堅ちゃんが新曲を作ってくれたり、新しいカバーをしてくれる度に、ああ、また宝物が一つ増えたと思って、嬉しくて心が幸せで満たされます。

売れる歌を書かないと、生き残れないのかもしれないけど、得てして、心に残る歌は、心のままに書いた歌だったり、優しさに溢れたものだったり、心に寄り添ってくれるものだったりします。

私が、人生の中で、もっとも長い期間、一人のアーティストを、全く見失うことなく、一筋に好きでいられるなんて、奇跡だと思います。
色んな素敵なアーティストもいるけど、堅ちゃんのような歌手は2度と現れないと思います。
歌はもちろんだけど、声も唯一無二、誰がカバーしても堅ちゃんでないとダメって思うし、年を重ねると共に、歌声に深みと優しさが増して、本当に好きだなあとため息が出るほど好きです。
癒されるし、心が浄化されます。
あと、何年経っても変わらない人柄。
近くにいる人もいつも言われていますが、ほんとに変わらずピュアで誠実で歌への思いがまっすぐで。
向上心を常に持っていて、たゆまない努力。
表には出さないけど、すごくよくわかりますよね。
歌が好きだから歌ってくれていて当然なんて思ってしまってはいけないなあと思いました。
当然、自分のためにも歌ってくれているのかもしれないけど、色んなことを我慢して、乗り越えて苦しみながらも歌い続けてくれて、そのお陰で、私たちは毎日幸せをもらい、元気で生きていられるんだなあと思うと、感謝で涙が出てきます。
たくさんのアーティストの人達が挫折したりしていく中で、19年もの間、スタンスを崩さずに歌い続けてくれて、本当に尊敬と感謝の思いです。

私は、小さい頃からずっと音楽が大好きで、音楽がない人生は考えられません。
高校までは、エレクトーンやマンドリンを弾いてましたが、それ以降は音楽を聴くことで心が満たされています。
演奏する楽しみから、聴く楽しみに変わって、それから出会ったのが堅ちゃんでした。
私の音楽人生の半分を堅ちゃんで潤わせてもらっています。
人生そのものもがらっと変わり、心がいつも幸せで満たされています。
これからもますます更新していくでしょうね。
でも、それも、堅ちゃんが歌手でいてくれるからなんですよね。

これからも、堅ちゃんにありがとうと手を合わせて日々を過ごしていきますね。

かなり脱線しましたが、改めて、感謝の思いを伝えたくなったので、長々とすみません。
40



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ