堅ちゃんのスケジュールは、きゅーぴーはーと「堅ちゃんカレンダー」でチェックしてくださいね。

2010/6/15  10:04

日本代表、やったね!  

昨夜は夜中の1時半まで、サッカーのワールドカップの日本VSカメルーンの試合を見てました!
息子は今日は模試なのに、そっちのけでテレビにかじりついてました。

凄いですね!
本田君、やってくれましたね!
勝ち点3はびっくりです!

当然、3敗だろうと諦めていたのに、何だか、また希望がわいてきましたね。

ちょうど、日本郵政のCMの新聞広告に中澤とバスケの田臥の言葉がとても胸に響いたので、息子に読ませていたところでした。

「夢を持ち続けにくい時代だと人は言う。本当にそうか」
というタイトルで、二人のことが書かれていた。
「絶対ムリだって、何度言われたことか」
「みんな言ってた。その身長じゃ通用しないって」
中澤は「運命は自分で変えられる。そう信じてた」
田臥は「日本人でもやれるってことを証明したかった」
それぞれに努力の結果、チャンスをつかみ、夢を果たした。
中澤は「南アフリカで勝ちたい。勝って日本の子供に夢を届けたい」
田臥は「生涯現役でプレーしたい。日本のバスケットボールをもっと盛り上げたい」

どんな感動も、どんな未来も、人は夢を持ち続けることで、かなえてきた。
中澤と田臥の姿は、これから何人のひとに、夢を与えていくのだろう。



要約ですが、夢を諦めずに持ち続けて、それを実現するために努力し続けることがどれだけ素晴らしいことか。

中には、夢は叶わないものだと早く気付いて、諦めることも人生必要だと言う人もいるけど、夢に向かって頑張ることは絶対に無駄にはならないし、叶うと信じることで、本当に叶うこともある。

夢が叶う人は一握りかもしれないけど、後悔しないように、チャレンジし続けることも大事だと思う。

息子には、絶対ムリだと言われても、諦めないで努力してほしと思う。

才能がないと悟ることもあると思うけど、決断をするのは最後の最後でいいから、ダメでも諦めないで夢を追いかけてほしいな。

サッカーだけは唯一誰が何と言おうと辞めずに続けてきたことだし、人は笑うかもしれないけど、諦めないで頑張って欲しい。

昨日の勝利を見て、きっと、また夢が膨らんだことでしょうね。

日本代表の皆さん、子供達に夢を届けるために、あと残りの試合も、精一杯頑張って下さいね!
7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ