堅ちゃんのスケジュールは、きゅーぴーはーと「堅ちゃんカレンダー」でチェックしてくださいね。

2009/12/1  16:02

ビルボードジャパン・ミュージックアワード  平井堅ちゃん

2010年1月31日、日本のミュージックシーンに新たな歴史を刻む音楽アワード
「Billboard JAPAN Music Awards 2009」の開催決定!
各部門と賞の発表/表彰、そして受賞アーティストによるスペシャルライブを実施。

*Billboard JAPAN 9チャートの年間1位に贈られる「チャート部門」
*Billboard JAPAN各チャートにおいて、1年間に1度でも1位を獲得したアーティストをノミネート・アーティストとし、ケータイ/インターネットでの一般投票により選ばれたアーティストに贈られる「アーティスト部門各賞」
*アーティスト賞最多得票を獲得したアーティストに贈られる「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」
*今年メジャーデビューしたアーティストの中から、総合チャート(Hot100チャート)において、最も多くのポイントを獲得したアーティストに贈られる「最優秀新人賞」
*世界中で親しまれている音楽業界向け雑誌『Billboard』が選定する「米国ビルボード特別賞」


★Billboard JAPAN Top Pop Artist 2009
2008年12月〜2009年11月までの1年間にHot100チャート、シングルセールスチャート、アルバムセールスチャート、エアプレイチャートで1位を獲得したことのあるアーティストがノミネートされ、得票数上位4組に贈られます。

ノミネートアーティスト 90組

平井堅ちゃんもノミネートされています。

http://www.billboard-japan.com/awards2009/



投票期間は12/1〜12/31の間です。

皆さん、是非投票してくださいね!

0

2009/12/1  11:54

世界の中心で愛をさけぶ  平井堅ちゃん

セカチューが観客動員数620万人、瞳をとじても年間1位になった訳は何だろう?ともう一度見たくなり、5年ぶりにDVDを見ました。
買ってから1回しか観てなかったな。

映画館には3回も行って、3回とも号泣で、特にエンディングの「瞳をとじて」ではどれだけ泣いただろう。

あの感動をもう一度味わいたくて。

僕キミもすごく泣いて、セカチューよりずっと泣いててエンディングでは嗚咽状態だったんだけど、それぞれに素晴らしい映画です。

でも、僕キミは若い世代には人気だけど、20代以上の人にはあまり観てもらってない気がします。
行きにくいのかな?
でも、すべての世代の人でも感動する映画だし、あれはあれで青春を精一杯に生きて恋をする二人のキラキラした姿や、純粋な思いに感動して、爽やかな印象です。

昨日セカチューを観て思ったけど、私たちの青春時代とかなりリンクして懐かしい思いがよみがえってくるのと、田舎ののどかな風景が自分の育った所と重なる思い、恋愛自体が昭和のまだ純粋な恋愛を素朴に描いてくれているのが、30〜40代の世代にも共感を得て、幅広い層の人に観て貰えたんだろうなと思いました。

出会って1ヶ月くらいしかキラキラした恋愛の時間がなくて、二人が一番好きになった頃にいきなり発病、出会って3ヶ月ほどで死んでしまう。
なんて儚い。
大人になった朔ちゃんと、律子の関係も映画独特の描写。
17歳でなくなって、17年間亜紀への思いを引きずって、死を乗り越えられなかった朔の気持ちを思うと辛すぎるし、そういう思いも、私たちの世代には共感もできる。

冷静な判断をできなくなるほどまっしぐらに病院から連れ出す若い朔と、今しかないんだからと必至で生きてオーストラリアに行こうとする亜紀のあのシーンは、もう、何度観ても号泣する。

昨日は深夜に観ていたので、旦那も観て泣いていた。

あ〜、久しぶりにいい映画を観せてもらってよかったと呟いてちょっとうれしかった。

忘れかける純粋な感情を思い出させてくれて、やっぱり、最後には堅ちゃんの歌で号泣でした。

やっぱり、「瞳をとじて」は名曲でした。
あんな素晴らしい歌を作って、あんな素晴らしい歌で人の魂を揺り動かすことのできる堅ちゃんは、ほんとに天才です。

堅ちゃんも色んな歌を歌えるけど、やっぱり、誰もが感動する、自然に人の心にすっと入ってくるような歌を歌うことが一番必要なんじゃないかなと思いました。
堅ちゃんの歌には心があるから。
いい歌は何年経っても、いつまでも色あせず心に残るものですね。

あまりにも聴きすぎて、飽きた人もいるかもしれないけど、映画を観て、やっぱり素晴らしいと感動しますよ。

先日テレビで再放送してましたね。
観た人も多いかな?
4

2009/12/1  11:31

ザ・プラチナチケット  

昨日の夜9時から日テレでやっていた「ザ・プラチナチケット
たったひとりのために豪華アーティストが生歌をプレゼントするんです。
ファンとかじゃなくて、アーティストが思いを込めて、歌を贈りたいたった一人の人をライブにご招待するんです。
アーティストの気持ちがすごくこもっていて、見ていて思わず感動して泣いてしまいました。
一青窈さんの「うんと幸せ」という曲がすごくよくて、一青窈さんの号泣しながらも一生懸命思いを伝えようと歌う姿にもらいない泣きしました。
上手に歌えなくても、伝えようとする思いがあれば、十分伝わるんだなって言ってた言葉にほんとだな〜と思いました。
泣きながらも、すごく感動が伝わりました。

ケミストリーもあったかい恩人の人の涙しながら聴いてくれる姿に感動。
新曲、素敵な曲ですね。

JUJUは、ずっと自分を見守ってくれた優しいお姉さんのために、心を込めて歌った「奇跡を望むなら
すごく大好きな曲で、もう、めっちゃ感動しました。
この歌は、PVでは、病気で愛した人と死に別れてしまうストーリーでしたが、昨日、この曲を聴いていると、JUJUが、自分自身に歌った曲のような気がしました。
奇跡を信じて笑顔で頑張ってきたんだろうな。
姉妹の確執とかも解けたんじゃないかな?

スキマスイッチは恩師の音楽の先生に歌った「奏」
素敵な曲ですよね。
堅ちゃんが、小学校の先生に自分の音楽の才能を見いだしてくれて嬉しかったと言った言葉を思い出しました。
少しのきっかけで人生が開けるものですよね。

大黒摩季さんの「最後のラブレター」
すごく感動的な夕日の綺麗な海をバックに、亡くなった旦那さんを思った歌を奥さんのために歌って、素晴らしい歌詞と歌声。
嬉しかっただろうね。

こういう番組、すごく素敵ですね。

堅ちゃんにも歌って欲しかったな。
堅ちゃんなら、誰のために歌うんだろう?
そして、どの曲を贈るのかな?
たった一人の人は羨ましい限りだけど。
堅ちゃんに歌って貰えたら、死んでもいいよね。というか、気絶しそう。
いつか、また、企画してほしいね。
3

2009/12/1  0:00

12/1(火)のスケジュール  平井堅ちゃん

チケットローソンチケットプレリクエスト 
12/01(火)18:00〜12/07(月)23:00
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ