堅ちゃんのスケジュールは、きゅーぴーはーと「堅ちゃんカレンダー」でチェックしてくださいね。

2010/6/9  10:46

歌の力ってすごい!  大知正紘

今日は大知正紘君の話をします。

昨日、大知君のラジオ番組で、先週土曜に名古屋であったサカエスプリングでのライブの様子がそのまま流されて4曲ほど聴けました。

自ら作詞作曲をして、ギター弾き語りで歌うシンガーソングライターなんですが、その歌には、優しさも力強さも繊細さも感じて、たった19歳なんだけど、すごく芯の強さや、人の心に訴える力を持っている人です。
ライブでの大知君の歌声はすごく力強くて、心がこもっていて、感動して泣けてしまいました。

特に、最後の「手」を聴いた時には号泣で。

なぜかというと、MCで伝えたい想いを語ってくれて、それに感動して涙が出てきました。その後に「手」を歌ったので。

先週のラジペのテーマと重なるんだけど、小学校の頃にいじめられていて、その反動で中学で親や周りを困らせたこともあったけど、その頃、音楽に出会って、歌を唄ったりギターを弾くことで、色んな人にいいなって言ってもらったりすることがあって、そこから、いっぱい温もりを感じることができて、家族や友達や恋人や色んな人との繋がりがあったからこそ成長できたし、今まで頑張ってこれて、当たり前だけど、その人との繋がりを大事にしていってほしいということを語ってくれた。

大知君の言葉のすべてにいつも純粋で、偽りのない、真っ直ぐなものを感じるんですが、こんな才能の中には、とても繊細で壊れやすいものを持っていて、時としてはそれが人にはマイナスに感じられることもあるのかもしれないけど、人の痛みや弱さもわかる優しい心があるから、あんな魂のこもった歌を歌えるんだろうなと思います。

不器用でも、一生懸命伝えようと頑張ってる人だなと思いました。

歌には絶対ウソがつけないと思うんです。
歌を聴くと、その人の人間味が出ますよね。
純粋な心を持っているからこそ、心に響く優しい歌が歌えると。

いつか生歌を唄ってくれた尾崎豊の「I LOVE YOU」を聴いた時には、一瞬で鳥肌が立って涙が溢れたんです。
そんなことはめったにないです。

私は堅ちゃんの歌をいつも聴いていて、どんな人の歌を聴いても、堅ちゃんの優しさには叶わないし、心を癒してくれる唯一の人です。

大知君はまた、そういう人ではありません。

癒されるというより、共感するというか、力をもらうというか、娘と同じ年なのに、こんなに人に影響力を与える19歳は珍しいです。

今は地道な活動を続けて頑張っていますが、いつか、きっと大きく育ってくれると思います。

人は、見た目だけで判断したり、人の噂で曲がった先入観を持ちがちだけど、歌を聴けば、きっと本質が見えてくるはず。
その人の言葉を聞けば、心が見えてくるはず。
すべての人に理解してもらうことなんて無理だけど、わずかな一握りの人にでも分かって貰えたらそれで十分ですよね。

これからも、真っ直ぐに純粋なままで歩いていってほしいです。


何だか、タイプは全く違うんだけど、堅ちゃんと似てる気がして、つい応援したくなります。

堅ちゃんとは、別のところで、遠目に応援していきたいです。
(地元のお母さんとして)

間違っても、堅ちゃんを忘れてはいませんよ!!
歌も人としても、やっぱり、比べようがないくらい、堅ちゃんはダントツですからね。
この先もずっと、堅ちゃんを超える人は現れないでしょう。

堅ちゃんも、15年も芸能界にいるにもかかわらず、こんなに純粋なままで、うそ偽りのない真っ直ぐな人はいないですよね。
子供の頃の純粋なまま大きくなったような。
でも、人の心を溶かしてしまうような不思議な魅力があって。
堅ちゃんは歌うために生まれてきた申し子だもんね。
今や、堅ちゃんを必要としている人が数え切れないほどいて。
それは、そうしようとしてできるものでもなくて、堅ちゃんの人間性や心から自然とにじみ出てくるもので、長い間の目に見えない努力も積み重なっての結果だと思いますよね。
これから、ますます磨きをかける堅ちゃんも、ずっと見守って応援していきたいですね。

って、いつも最後は堅ちゃんのことになってます。


22
タグ: 大知正紘



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ