バトルブログパーツ: イヌ派vsネコ派

2006/6/19  23:24

SINCE1982  Aの話

曲のタイトルです
その名の通り1982年に発売されたdoubt,と言うアルバムに収録されています

1982年は、3人だけのライブスタイルから、ドラム&キーボードを加えたバンドスタイルに変更しよう。と決めたターニングポイントになった年でした

当時やっていた幸之助ちゃんのオールナイトニッポンに、バンド形式に対する様々な意見が寄せられていました
ほとんどはバンド形式になることへの反対意見だったと記憶しています

当時、一度位は生で歌を聞いてみたい…とは思いながらも、メンバーの顔さえ区別がつかなかった私σ(・_・)
まさかこんなにハマルとは…( ̄○ ̄ll)

それでもオールナイトは(熱心なリスナーではなかったながらも)聞いておりました

バンドスタイルに変わる…揺れるファンとメンバーの葛藤
ただならぬ雰囲気を感じとる事は出来ました

ある時、センセーが揺れるファンに対し「俺達の音楽に対する思いは変わらない。これからも何も変わらない
たとえステージでの形が変わっても、今まで通りやりたい音楽を続けていく
サポートメンバーが増えることにより、音楽の幅が広がり、もっとやりたい音楽が出来てくるから
僕達を信じて下さい」
そんな事を語っていました

私はただ漠然とセンセーの言葉を聞いていましたが(ファンじゃなかったからね)あの時の熱い心は胸に響きました

あれから24年(え!?そんなに経った!!!!!)
今のツアーで歌っている
一時期は封印した、この曲を、今レギュラーで歌っている

昨年のツアーで22年連れ添った?ドラムの長谷川君が卒業し、新ドラマーを迎えた今ツアーでこの曲を聞いた時、切なさと新たな決意を感じていました

そして今は…今年の夏、一つの区切りを迎えるであろうこの夏
毎年当たり前のように続けられてきた夏のイベントに…
何かしら大きな転機がある今年の夏イベに対する気持ちを、この曲に感じています

今まで“当たり前”に思っていた事が、いつか懐かしい思い出になる前に…

あと何回、この曲を聞く事が出来るんだろう…
ステージで歌う三人は、永遠に続くように見えるのに…
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ