2022/4/7

ご入園・ご進級おめでとうございます  

ご入園・ご進級おめでとうごございます

園庭のチューリップは色とりどりの花が咲き、子どもたちを迎える準備は万全です

新しく始まる新生活、今日この日を心待ちにしておりました。
ご入園を迎えられた保護者の皆様におかれましては、森の子ら幼稚園の魅力をこれから、お子様の成長と、共感していただけたらと思います。
ご進級を迎えられた保護者の皆様におかれましては、旧年度から引き続き、園の活動ではお世話になります。

保護者の皆様におきましては、ご家庭で、明るく子どもを送り出し、帰りは、穏やかに迎えられ、一日の出来事を子どもから話せば否定することなく傾聴する。

難しいようですが、家庭力・家族力が、大切とされている今日、家庭内でのコミュニケーションが、より重要視されています。

また、園では様々な行事、保護者の方々の支えがなければ、達成出来ない事も、多々あります。

どうぞ、ご理解,ご協力お願いします。

こちらのページでは、保育者のつぶやき,ちいロバで感じた事を残していきます。

お付き合いのほど、よろしくお願いします。


1

2022/3/18

3月のちいロバ(預かり保育)の姿  

春ですね!3月
卒園を控えた年長さんの希望で外でおやつを食べました
クリックすると元のサイズで表示します
ぽかぽかの陽気で気持ちがいいね。。
「たべたらおにごっこしよう!」
外で食べるとみんな話が弾む

鬼ごっこ開始!
クリックすると元のサイズで表示します
滑り台鬼だ!
どのようなルールか、わかりませんが、とにかく走り回る
ごっこ遊び
クリックすると元のサイズで表示します
「痛いところはありませんか?」
患者さんが足の骨がおれて手術しているようです
クリックすると元のサイズで表示します
夕方でも暖かい日は池で遊んでいました
クリックすると元のサイズで表示します
いい笑顔だね

さて、4月から、ちいロバ(預かり保育)の様子を「あ・し・あ・と」ブログで紹介して1年が経ちました。

昨年から振り返ると、年長さんが年少さんを助ける姿、年中さん同士で助け合う姿、
「今日のおやつ何?」と、ワクワクしながら聞きに来る姿、たくさんの出来事を思い出します。
2,3時間ほどのちいロバ(預かり保育)の時間ですが、この時間、子どもたちと元気に過ごし、風の気持ちよさを感じ、鳥の鳴き声を一緒に聴いて感動を共有する時間は、かけがえのない時間でした。
だって二度と同じ状況に、明日が来るということはないのですから。
1日、1日を大切に、一人、一人に声を掛け、目を向けた時間は、ブログ「あ・し・あ・と」と共に残しています。ぜひ、振り返ってみてくださいね。

今年度から新しく「認定こども園」となった幼稚園。
至らない点も多々ありましたが、保護者の皆様にはご理解・ご協力ありがとうございました。
来年度も、どうぞよろしくお願いします。
8

2022/3/1

2月のちいロバ(預かり保育)の姿  

雪が解けて、チューリップの芽が出てきました
クリックすると元のサイズで表示します
ぐんぐん伸びて、季節がゆっくり確実に進んでいることがよくわかりますね。

今年度も最終月になり、森の子らの子どもたちも、この1年で培ってきた力は、私の想像以上に強く、頼もしくなっています

自分の土壌に根を張り、大きく強く、たくましい木となる根っこが、強く育ってきていると実感しております。

さて、2月のちいロバ(預かり保育)の姿、今回は外雪が解けた後の外遊びです
園庭にたくさんの雪があったときは、もちろん雪遊びもしましたが、解けたらみんなが、遊びたかった事があります。

それは、【缶蹴り】【どろけい】。

園庭に深く積もった雪では缶を蹴ることも、長靴で走ることも難しいので、雪がなくなったこの日はみんなが「おやつを食べたら外で遊ぼう!」と言っていました。

缶蹴りの準備をするよ
クリックすると元のサイズで表示します
そらぐみのお友達が率先して準備をしてくれます
クリックすると元のサイズで表示します
寒さも和らぎ、子どもたちも気持ちよさそうに園庭を駆け回ります

こちらは砂料理!
最近までは雪料理をたくさん作っていました
クリックすると元のサイズで表示します
砂団子、砂ケーキ。カップにたくさん詰めてひっくり返し、トッピングするのも楽しかったね

ゆらゆら気持ちいハンモック
クリックすると元のサイズで表示します
ハンモックの揺れって心地いんですよね。
一人で乗るより、二人、三人で乗るとバランスが取りにくくて、みんな落ちないように自分の体を動かします。

自分の思うように動かなく、不自由さが面白いんですよね

この日のおやつ
クリックすると元のサイズで表示します
八つ橋風米粉クレープ
・もちもちの生地に巻かれたあんこが美味しくて大人気でした

さぁ!!
3月が始まりました!まだ寒い日もありますが、子どもたちと春の訪れを心待ちにして過ごしていきます
7

2022/2/14

2月の子どもたちの姿(すごろくあそび)  

あっという間に1月は過ぎ、2月も後半
あんなに厳しかった冬の寒さも、少し穏やかになってきました
たくさん降った雪の重みで、園庭に何年も春を知らせてくれていた、桜の木は、雪の重みで折れてしまいました

すこし、さみしいなぁ・・・と思っていた矢先、子どもたちと、木を見ていると、別の場所から芽を出しているところがありました。

折れても、また新しい芽を出す生命力、負けるもんか!と言っているかのように、凛と園庭に立っている姿は、

森の子らの子どもたち、、
そのような人に育ってほしい
この幼稚園で育つ限り、そのような人間になることを信じている、、、
と私は思ってしまいました。

さて、2月の子どもたちの姿です!

最近は、すごろくをみんなで囲んで楽しんでいる姿を目にしました。

クリックすると元のサイズで表示します


子どもたちで順番を決めて、サイコロを転がし、コマを進める。

子どもたちの遊んでいる様子を、観察していると・・
年長のA君はあと3マスでゴールです!
年少のB君は5マスでゴール。

A君は自分がサイコロを振って3が出たらゴールと言うことを、知っています。
B君はサイコロを振って5が出たらゴールと言うことはまだわかりません。
A君は年長さんなので、少し先予測ができるので、「3が出ますように!!」と言って、何とか3を出そうとしています。
B君はサイコロを振って数が出ることと、出た数を進めることが楽しいので、「5が出ますように」など言ってはサイコロを振りません。
年長のC君が「B君5が出るようにお願いしてサイコロを振らないと!」と言ってくれたのですが、

B君は、「?」とした顔でその場で遊んでいました。

このように、異年齢で遊ぶ場面、特に同じ遊びを、同じルールで遊んでいる時に、子どもたちが、どのくらいその遊びを理解して遊んでいるのかとか、決して、自分勝手にはできない状況で、友達の意見を時に酌んで、時に反発したり、その中で楽しんでいるのか・・・

が、見ていてとても興味深いことであります。

ほんの15分くらいの子どもたちのやり取りですが、15分の中に子どもそれぞれの、考えや、工夫が垣間見られることになります。

短いちいロバ(預かり保育)時間ではありますが、子どもたちからの発見は、驚きもあり勉強にもなります。まだ知らなかった、ことを教えてくれて、私自身、また豊かにさせてもらった

と改めて感じました。

さっ

おやつは豆乳きな粉もち!食べて、お迎えの時間まで元気に過ごそうね!

クリックすると元のサイズで表示します

今年度終了まで約1か月!
そろそろ、年長さんのリクエストおやつも考えていきたいと思います
8

2022/1/25

1月のちいろばおやつ  

園庭に降り積もっていた雪も、すっかり溶けました。

子どもたちは寒さに負けず、園庭では、[缶蹴り・どろけい・鬼ごっこ]など、楽しく活動しています。

お天気が悪いときは、[すごろく・コマ回し・ブロック遊び]をして、過ごします。

お迎えの時間までしっかり遊んでいられるように、おやつもたっぷりいただきます

ちいロバ(預かり保育)のおやつ

・餃子あんこ(餃子の皮にあんこをつつむ)
・豆乳もち(豆乳に片栗粉を入れてまぜる)
・カレーうどん
・米粉クッキー
・ドーナツ
・米粉クレープ
・ホットリンゴ(リンゴジュースを温めました)

などなど・・・

最近、子どもたちのおやつに米粉クレープのあんこサンドをよく作ります。
米粉に、きび糖・シナモン・水or豆乳でのばして、直径5センチくらいの丸にして焼きます。
焼けたら、取り出して冷まします。
冷めたら、あんこをはさんで食べます。
香りも食感もまるで生八つ橋みたい
子どもたちは、もちもちの生地が好きで、おかわりもたくさんしてくれます!


早くも1月が終わります!

2月も元気に過ごせますように・・・



4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ