2022/1/6

明けましておめでとうございます  

年末にたくさん降り積もった雪も、日に日に溶けて、園庭には昨年みんなで植えたチューリップの球根から芽が出てきているのが、わかるようになりました
年末年始、どのようにお過ごしになられましたでしょうか。

ちいロバ(冬季保育中)の子どもたちは、降り積もった雪に、大喜び!
滑り台を覆いつくす雪に、そりを乗せて滑ったり、池に雪玉を投げて溶けていく様子を見ていたり、寒さにも負けず、たくさん遊びこんでいます。

さて、3学期が始まりました
短い学期ではありますが、1年を締めくくる大切な学期です。

年少組、年中組は、進級することへの期待。
園外で、友達と関わること、冬ならではの、自然に関り、遊ぶことで学ぶ力、生きる力が育ちます。

年長組では、小学校就学に向けての準備があります。


特に算数や、文字を教えるということだけが、準備ではありません。

目で見える準備よりも、目で見えにくい、心の準備を子どもたちとの園生活を通して、育んでいきたいと思ております。

小学生になったら、どんなことをするのか、期待を高めることが大切です。
もちろん不安もあります。
しかし、不安なことがあっても、心のどこかで「大丈夫!」と、自身で思う心を持つことが大切です。
園では、この冬は、どのような活動があるか簡単に申しますと、

自分の身の回りの事を、自分で管理し友達と寝食を共にする、友達とのかかわりの中で協調性を育てるそり合宿

自分が苦手な事も、目を背けず、立ち向かう心を育てる節分

自分の行動を客観的に見れる時期に入る6歳。
自分の世界に入ってイメージを高めることが、自分の見通しをもって、集団生活に入られます。その事が劇遊びで育ちます。

ほかにも、言葉では教えられない大切な心が育つ時期でもあります。

職員一同、残りの学期を子どもたちと、有意義に過ごし、保育して参りたいと思います。

本年も、保護者の方のご協力、ご理解よろしくお願い申し上げます。


クリックすると元のサイズで表示します
5

2021/12/23

12月のちいロバ(預かり保育)の姿 後半  

今年も残すところ、数日となりました。

ちいロバ(預かり保育)の子どもたちの元気な声が、毎日園庭に響き、寒さも吹っ飛びます!

冬休み中のちいロバ(預かり保育)の様子です

⁂みず遊び⁂
クリックすると元のサイズで表示します
「ぼくたち、せんちょうだ!」
寒さなんてへっちゃらです!バランスを保ちながら、水をシャベルで漕ぐのって、大変なんです
彼らの楽しい表情は、池の水に反射する太陽よりもまぶしい


⁂松ぼっくり転がし⁂
クリックすると元のサイズで表示します
「まつぼっくりを、うえから、ころがしたら、どうなるかな」
「たのしみ!」
最初は、なかなか、転がらなかった松ぼっくりですが、何回も何回も高さを自分で変えて、最高の転がりを見せた松ぼっくり!

2人とも「うわ!やっと転がった!」と大興奮していました!

私は心の中で何回も(あ〜もっと下かな?上かな?)って思いながら2人を
見ていたので、2人の喜びはとても伝わってきました

⁂道路建設⁂
クリックすると元のサイズで表示します
「じぶんのすきなみちをつくるから、せんせいも、くるまで、うごかしてみて!」
積み木を積むのではなく、並べて道路にしちゃう発想!
何だか動物に見える?
「トンネルをつくったら、おもしろそう!」
クリックすると元のサイズで表示します
じゃあ、こっちには、つうこうどめも、つくる!」
クリックすると元のサイズで表示します

子どもたち、それぞれに、やってみたい【カタチ】がある中、時に譲り合い、協力して、遊び込んでいました。

自分の出来ないところを、友達にお願いする。
自分が出来るところを、自信と、責任をもって作り込む。

些細な事でもあり、一瞬の子どもたちの会話なのですが、その中にも、子どもたち、一人一人の成長を感じた遊びでした。


今年はご理解・ご協力ありがとうございました。

来年も子どもたちの姿を[あ・し・あ・と]で紹介します。

引き続きよろしくお願い申し上げます。
7

2021/12/10

12月のちいロバ(預かり保育)の姿  

園庭に秋の色を添えていた葉も、今では冬の木枯らしにより、舞い散り、冬支度を始めております。

寒くて澄んだ空気の中に、毎日子どもたちの元気な声が響いています。

先日のちいロバ(預かり保育)の時間、ほんの4.5分に、とてもドラマチックで、心を打たれた出来事がありました。

クリックすると元のサイズで表示します
Aちゃん(年中)は自分の倍の高さの木に、「踏み台なしで挑戦する!」と言いました。

今まで何回も挑戦しているのは私も見ていました。(さぁ、今日はどうかな)
Aちゃんは木に飛び移りました。
両手、両足に力を入れて顔にも力を入れて登ります。
私が応援する声を聞きつけた子どもたちが、木に集まってきます。
Aちゃんは、歯を食いしばって手を伸ばしますが、落ちてしまいました。
Aちゃんは「あ〜!落ちた木に登れるつもりやったのに〜」
と、手についた木の皮を両手で払いながら、悔しそうで顔は真っ赤です。
私は「登れるつもりやったん?じゃあ次はいけそうかな?」と言うとAちゃんは、「手が痛いけどできる!だってくるみさん(年中組のクラス名)やもん!先生見ててな!」と言って、また、Aちゃんは態勢を整えました。
Aちゃんの後ろに子どもたちが3人木登りをするために並びました。
みんなAちゃんのあとを待っています。

しかし、Aちゃんは、なかなか木に飛び移って登ろうとしません。
Aちゃんの後ろでは、年少の子ども2人と、1番後ろに年長の子ども1人が待っていました。
「Aちゃん、まだ!?」
「早く!次、登りたい!」
子どもたちは、私の顔を見ながら(先生からも、Aちゃんが早くかわってくれるように言ってよ)っと、言わんばかりの表情でAちゃんに言います。

しかし、Aちゃんは、下を向いたまま動きません。ちらっと見えたAちゃんの表情は、真剣で集中しています。

そして、1番後ろの年長の子どもが、
「〇〇ちゃんたち(年少の子ども)、ちょっと待っといてあげよう」と声をかけたのです。
そして、Aちゃんが、再び、木に飛びつくまでを、3人でジッと待つことになりました。

Aちゃんが、木に飛びつき、登った瞬間!

3人で「がんばれ!すごい!」と応援していました。
Aちゃんは、応援・励ましを力に変えて、木に登ることができたのです

じっと集中して自分の気持ちを高めることができるAちゃん。
Aちゃんの姿を見て、自分の中で見守ろうと決め、年少の子どもに声を掛けた年長の子ども。
たった数分の出来事ではありましたが、この中でも、子ども自身で育つ力に、感動と、幸せを感じました。

励まされた子は、励ますことができます。
励まされた子は、自分でやってみよう!と、意欲がわいてきます。
子どもの姿に、この日も心から、幸せを感じました。

ありがとう

今年も残すところわずかです。子どもたちの、素晴らしく、輝く一瞬を見過ごすこととないように、過ごしていきたいです




11

2021/11/15

11月のちいロバ(預かり保育)  

園庭の木々が赤く色づき、足早に季節は過ぎてます
ちいロバ(預かり保育)の子どもたちは、寒さに負けず、園庭を走り回り元気いっぱいです。
クリックすると元のサイズで表示します
緑が赤に変わってきれいだよ!
自分たちで季節の移り変わりを目で見て感じる事は素敵だね
クリックすると元のサイズで表示します
鉄棒が出来るようになったよ
最近では新しい技を習得して見せてくれる子もいます
クリックすると元のサイズで表示します
竹馬を教えてあげる
自分が出来た喜びは、お友達にもおすそ分け手とり足取り教えてくれます。
クリックすると元のサイズで表示します
おやつの準備を自分で準備するよ
テーブル拭きや、消毒を率先してしてくれます!
クリックすると元のサイズで表示します
小さいおうち私の部屋はここね
2人で相談しながら遊びこんでます。
クリックすると元のサイズで表示します
外でおやつを食べたよ
おやつが終わったらそのまま外で遊ぼう!
クリックすると元のサイズで表示します
気持ちいいね
クリックすると元のサイズで表示します
寝ころんだら、木の葉がすっごくきれい!
ひらひら落ちる葉を見るのが心地いい
クリックすると元のサイズで表示します
子どもたちと一緒に寝ころびました。
寝ころんでいる周りで子どもたちがワイワイ楽しく遊びまわる。
目をつぶって聞いていると、子どもたちの声はとても耳障りがよくて、世情を忘れるような感覚です。
時間が止まってしまえばいいのに。二度とないこの時間、子どもたちの1日はあっという間に過ぎていきます。
11月も、もう終わりですね。
今年もあと、少しで終わります。
1日1日が、子どもたちと、充実して過ごせますように。
10

2021/10/29

10月のおやつとちいロバの(預かり保育)姿  

10月は運動会、年長組は青葉山登山がありました
きんもくせいの香りが、ふんわり香り、冷たくなった秋の風を園庭で遊ぶ子どもたちには、身体で感じ秋の季節も進んでいます。

ちいロバ(預かり保育)のおやつ

・白玉団子のお汁粉
(こしあんのお汁粉)は、ホカホカ温かくて大人気です

・チーズ焼き
(タコ焼き器でチーズを焼きました)はみんなで作りました。
クリックすると元のサイズで表示します

・ニョッキを使ったクリームシチュー
(強力粉で作ったニョッキ)は、ニョッキのもちもち感がやみつきでした

・餃子あんこ
(餃子の皮にあんこを入れて焼きました)は、カリカリ・サクサクで食べる感触がおいしい!

ほかにも、ホットケーキや、ホットリンゴジュースなどを食べ元気をチャージしてちいロバ(預かり保育)の子どもたちは、お迎えの時間まで遊びます。

ちいロバ(預かり保育)の姿

クリックすると元のサイズで表示します

園庭で秋を見つけたよ!少しずつ園庭の木々は色づいてきました

クリックすると元のサイズで表示します

ドングリをたくさん集めたよ

クリックすると元のサイズで表示します

鬼ごっこをしたり、自分の世界で遊びこめる時間は大切です


11月も、もうすぐです。

寒さに負けず、子どもたちと元気に過ごしていきたいと思います
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ