2007/1/17

フラッシュバック  事故関係

事故の話で暗いので読まない方が良いです


お昼のニュースで
タレント 風見しんごさんの長女(10歳)が
青の横断歩道を横断中、トラックに轢かれて
亡くなったと報道されていました。

そのニュースを見た時
5月の事故に遭ったときの事が思い出され
体が硬直し動悸がして動けなくなった・・・
続きを読む
0

2006/12/16

今夜、加害者と会います  事故関係

今夜、私の実家に加害者が謝罪に来ます。

いや、きちんと謝罪するかどうかは
判りませんけれど。

なぜ、私の実家で会うかというのは
加害者を我が家上げたくないからです。

こられたらお茶を出すのが当然ですけれど
それさえも嫌だからです。

だから加害者に場所を考えて下さいと伝えると
「じゃぁ〜近くのファミレスで良いですかぁ?」と

・・・・・ファミレスで良いですかぁ??!!

こんな人ですからね、、
自分が人にどんな事をしたかちゃんと理解して
いるのでしょうか?

ファミレスのあの煩い中で
どんな話をするのでしょうか?
どんな誠意を見せるのでしょうか?

腹が立ちました。

すぐ母に言って実家に呼んでいいか
一緒にこの誠意のない看護士おばさんの
態度を見て欲しいと伝えました。

そして今日、事故から7ヶ月1週間。

加害者の病院に電話をし
事務長に言い、その態度を改めさせ
今日やっと加害者が会いに来ます。

今夜の事がここ数日頭にあったせいか
今朝は久しぶりに寝ている時に大声で叫び
旦那さんに起こされました。

怖い夢をいっぱい見ました。

加害者へのストレスがいっぱいあります。
車への恐怖心が消えません。
そんな夢ばかりみます。

でも今夜加害者に会い
後遺症の詳しい内容や
この7ヶ月苦しかった事、思った事
加害者の態度などなど色々
もう会うことがないかもしれない加害者に
思い残すことなく
言い放ちたいと思っています。

こんな私を少しキツイんじゃないの?と
思われる方もいらっしゃるかもしれません。

でも言い訳ばかりして
自分の責任を果たさず
保険会社まかせにする
今の自動車事故の流れに
私は納得できません。

保険会社は保障なだけであって
事故を起こした人はきちんと自分の
人としての責任、誠意を示すべきです。

きちんとした謝罪、誠意を
示さないからいつまでの被害者は
心の奥で苦しんでいるのではないでしょうか。

保険会社が会わないようにと
いう所があるみたいですが
それも間違っていると思います。

子供が間違いを起こしたら
謝ることを親は教えますよね?
大人になってからは謝らないなんて
おかしいですよ。

なので今夜は
思い残すことなく
言いますよ。

明日はぐったりとなっているでしょうけどねぇ。。

とにかく頑張ってきますよ。
0

2006/12/2

泣きました  事故関係

昼前に加害者の勤務先である病院に
旦那さんが電話をしました。

加害者は看護士で仕事が忙しくて休めないと
私への謝罪やその後の連絡など
一切してこなかったのです。

事故からもうすぐ7ヶ月。
相手の保険会社もこちらから連絡しなければ
全く連絡よこさず知らんぷりなので
今日、加害者の職場に連絡をしたのです。

忙しい忙しいと加害者が言うなんて
100%加害者過失なのに
どういう事なんだと。
職場の上司に報告してあるのか?
報告し休みを貰えないのか?

まったく被害者のこちらがこうして
連絡するような話ではないのに・・・。

職場に連絡するとやはり報告していなかった。
事務長という男性は、仕事中ではないので
職員の事は一切関係ありませんからと言う。

・・・びっくりしますね。
私は同じように病院にも働いていたし
福祉施設で働いていた時も
職場を一歩出たとしても
いつも職場の看板を背負っているという
自覚をもって行動して下さいと言われていたし
実際そうだと思っています。

事務長は一切関係ないと言いましたが

もし、事故の被害者が
加害者の病院患者だったとしても
病院は知らぬ存ぜぬと言うつもりでしょうか。

報告がないのは加害者が事故の大きさが
報告するまでの事ではないと判断して
報告していないのかもしれませんとも言った。

入院3週間は軽い事故なんて
軽いから報告はしなくても良いよ〜
そう判断したのでしょうか。

加害者はプライベートな事なので
職場には迷惑を掛けたくないからと
報告しなかったと言いました。

・・・・・職場には迷惑掛けたくなくて
私にはどんな迷惑を掛けても良いのでしょうか。

こんな人が看護士です・・・・・・・

事務長に話をし、暫くして事務長から返事の電話。
事務長と話している時に加害者からも電話。
慌てて連絡をしてきました。
今の今まで連絡をしてこなかったくせに・・・。

加害者、謝りませんでした。
すみませんでしたの言葉はありませんでした。
私の話を遮り言い訳ばかり話そうとしました。

保険屋に私の具合をしょっちゅう聞いていたと
嘘を言いました。
他にも嘘を言いました。
嘘ばかり言いました。

言葉に声に全く誠意も謝罪も心も
全く入っていません。

私の祖父が脳梗塞で倒れて20日間入院していて
連絡しようと思っていたのですが
つい先日やっと退院して   ・・と

だから何なのですか?!!!
あなたのおじい様は大変な事だと思います。
ですがそれはあなたの都合でしょう?!

あなたは半年以上も
何もしてこなかったんですよ!!?
それを最近おじいさんが倒れたから連絡が
出来なかったのどうのこうのと
よく言えますね!!?
半年以上も何してたんですか!!?

私は泣きながらそう言いました。
加害者はそうですねと。
そうですね・・・?
謝罪ではないです。

私は泣きながら叫びました。

あなたは刑事罰だけで済むから良いでしょ!
私は後遺症一生治らないんだよ!!?
私の体を返してよ!!!
元に戻してよ!!    と。

他色々と話しましたが
謝罪の言葉はなく言い訳ばかりしていました。

電話を切った途端に大泣きしました。
旦那さんが おいで と
抱きしめてくれました。

旦那さんの胸で大きい声を出して
わんわん泣きました。

旦那さんも泣きました。
俺のまぃにこんな苦しい思いをさせて と。
絶対許せない 許せないと。

2人で泣きました。

私が何を言っても
加害者の心にはこたえません。
ただ そうですか と。

こう書いていても涙が出てきます。
しかしこうして書いておかないと
記憶が保てません。

この数日また体調を崩しました。
精神的なものが体調をおかしくします。

交通事故。
加害者は相手を死亡させると
多少は罪が大きくなりますが
生きている場合は罪はそう重くないです。
私ぐらいの後遺症で済む場合は
検察庁で判決を受け
罰金と免停がちょっとあるかどうかで済みます。

保障も保険会社で済むのです。
痛くもかゆくもありません。

それだけで加害者は済むのです。

私の後遺症はそれだけでは済みません。
一生続きます。

日本の法律を根本から
変えなければ
交通事故被害者は報われません。


長々と書きました・・m(_ _)m

16日加害者と会います。
0

2006/11/16

不眠の訳  事故関係

昨夜やっと眠りについたのは朝4:30頃。
昨夜っていうより朝ですよね。。

さて寝ようかなと床に着いたけど眠れない。
安定剤(睡眠薬)を飲み忘れた・・
でも疲れているし眠れるはず  
と思い目を閉じる。

眠れない・・・・・

眠いのに眠れない。

興味のないTV番組を見てたら眠れるかもと
見るけど眠くなる様子はない。
そして番組はつまらない。。

どんどん時間は過ぎていく。

TVを消して目を閉じる。

お母さんの事が頭に浮かんだ。
親孝行しなくちゃ・・・

そう思っていると事故に遭った時の事を
思い出した。

お母さんが慌てて病室に駆け込んできた時を。

涙を浮かべ「大丈夫ね?大丈夫ね?」と
心配してくれた姿を。

そこからは連鎖的に事故関係が次々と浮かび。

いまだに謝罪しない加害者(事故から6ヵ月半)

旦那さんから相手保険会社(JA共済)に
連絡してものらりくらり。
また連絡しますと言って連絡もなかなかこない。

担当者は被害者の私を傷つける事を言った。
(加害者100%過失事故)

私は結婚後も働くつもりで一生懸命勉強し
介護福祉士の資格もとり
結婚してからは車通勤じゃないと難しいからと
やっとのおもいで免許をとり
さぁ職安で職探し!と。

家から近くの場所にいい所があり
旦那さんに相談してから決めますと言った
その帰り道・・・

職安近くの横断歩道
青信号、車を確認してから渡ったその時に
歩行者確認しなかった右折車に跳ねられた。

減速もせず・・

あれから半年。
後遺症にも苦しめられているけれど
一番苦しめているのは加害者と保険会社。

JA保険の悪評をネットで色々見た。

最悪だ・・・

また旦那さんから担当者へ連絡してもらって
態度が変わらないようなら

JA共済相談室

それでもダメなら

日本共済協会 共済相談所に。

絶対に泣き寝入りなんてしない。

この後遺症でいまだ怖くて
一人での外出が出来ない。

やっとの思いでとった国家資格も
この体じゃ雇ってもらえない。

車も乗れない。

あんなに体調崩して頑張った資格なのに。
泣いて投げ出しそうになりながらも
頑張ってとった免許なのに。

絶対、加害者も担当者も許せない。

働けない今
赤ちゃんも欲しいのに
この精神的苦痛の状況では
赤ちゃんも作れない・・・

そういうの全てが毎日私を苦しめている。

そして眠れない夜
安定剤のお世話になる・・。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ