あたしへの意見、苦情、コンサートへのお誘いなどはこちらまでお願いねん。
映画の試写会、一緒に行く人がいなかったら、あたしを誘って〜〜


→ Bobliotheca書庫@Amazon.co.jp

別館≪ロックじゃんけんぴょん≫のほうにも来てくだぱい

 ←ブログ人気ランキングにも参加しました。検索としても利用できるよん。

高額ボックスセットの価格動向はここでチェキ!

     

2011/10/12

【play】10/12(水)『陛下に届け』ポップンマッシュルームチキン野郎/Geki地下Liberty  演劇

 ヘプタパラパシノクちゃんと一緒に午後の授業をサボって下北沢にお芝居を見に行きまちた。会場に入ったら舞台の上でケンタウロスがゲームをやってたんだけど(人間の部分はまあまあイケメン)、お話の本番には全く関係ないキャラだったんだわさ。
 『陛下に届け』は近未来の皇室をブラックな笑いのネタにしたコメディで、いや〜〜〜〜んな苦笑の連続だったよん。落ち目のアイドル源氏物語が皇室に枕営業とか書いてあったので、陛下が男のアイドルが大好きなあっちの人かと思ったら、全然そうではなく、源氏物語も結核で口の回りが血で真っ赤だったり頭が長かったりと、ルックスに大きな問題を抱えた女のアイドルで、しかも枕営業もなし。でも、不満はそのくらいのもん。
 くっだらね〜笑いの連続だったものの、テロで亡くした皇后様への愛を再確認するシーンではちょっとウルウル&ほのぼのだったわん。
 執事役で出演もしてた吹原幸太って『オトメン』の脚本を担当した人なんだって 岡田くんカワイかったよねん。

カワイイ度:☆☆☆(ケンタウロスの人がイケメン)
ストーリー:☆☆☆☆☆
おバカ度 :☆☆☆☆☆
会場禁煙度:☆☆☆☆☆


ポップンマッシュルームチキン野郎
http://tiara.cc/~popn/
http://www.tiara.cc/~popn/heika/heika.html

出演者
小岩崎小恵、サイショモンドダスト★、CR岡本物語、竹岡常吉、吹原幸太、増田赤カブト、青山雅士、今井孝祐、加藤慎吾、岸宗太郎、杉岡あきこ、鈴木ゆき、高橋ゆき、野口順平、横尾友幸、渡辺裕太、和田広記

脚本 吹原幸太
演出 吹原幸太

スタッフ
脚本・演出/吹原幸太
音楽/桜井剛
映像/吉田ハレラマ
舞台監督/大友圭一郎
美術/三品遥
照明/萩原賢一郎
音響/花澤孝一
特殊メイク/東京FC
制作協力/林みく(Karte)

  
0
タグ: 劇場 俳優 



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ