あたしへの意見、苦情、コンサートへのお誘いなどはこちらまでお願いねん。
映画の試写会、一緒に行く人がいなかったら、あたしを誘って〜〜


→ Bobliotheca書庫@Amazon.co.jp

別館≪ロックじゃんけんぴょん≫のほうにも来てくだぱい

 ←ブログ人気ランキングにも参加しました。検索としても利用できるよん。

高額ボックスセットの価格動向はここでチェキ!

     

2011/12/7

【concert】12/7(水) フリオ・イグレシアス/東京ドームシティーホール  ジャズ・ポップス

 今日も神保町に呼び出されたので、また爺さん2人組のコンサートを見に武道館に無理矢理連れていかれるのかと思ったら、今回は東京ドームシティーホールで行なわれたフリオ・イグレシアスのコンサートでちた。 
 開場を待つ列に並んでたら、前にいたオバチャン2人組に写真を撮ってくれと頼まれたのですが、このオバチャン達、見た目は日本人なんだけど、言葉がスペイン語と日本のチャンポンで、英語は分かんないっぽい。どこの国から来たの?って聞いたら、回答は「ペルー」。日本で暮らしてるのか地球を半周してオッカケで来たのかどうかは分かりませんが、と〜〜ってもインターナショナルだわん。で、中に入ったら、あたしの後ろの席にお相撲さんが2人登場。ひとりはラテン系っぽい外国人力士でちた(誰だろ?)
 コンサートが始まったら、フリオの歌声が安物のラジオを聞いてるような音で聞こえて来て、しかも、終始高音シャリシャリのエコーがかかってて萎え。こんなミックスする奴、クビにすればいいのに〜〜。せっかくの豊かな美声が台無しだわん。いや〜〜〜〜〜〜〜ん。
 でも、「My Sweet Lord」を熱唱したので、これだけで名曲度は武道館よりはるかに上なんだわさ。ショウの長さは70分ほどだったので、1分あたり170円ほど。

カワイイ度:☆☆☆(武道館の爺さん2人よりイケメン)
名曲度  :☆☆☆☆☆
ブラボー度:☆☆☆☆
会場禁煙度:☆☆☆☆☆


   

1
タグ: jazz ジャコ

2011/12/7

【concert】12/6 ERIC CLAPTON & STEVE WINWOOD/日本武道館  ロック・フォーク・ブルース

 ボーボーちゃんとバイバイしてお茶の水の北沢書店の2階をウロウロしてたら、そのすぐ近所のシディークに来いっつ〜召集令状メールが空手部主将KATY先輩とデトックスの足りない吹き出物女たんから届き(行かないと超怖い)、一緒にまいう〜なカレーを食べた後、そのまま拉致されて日本武道館に連れていかれまちた。
 1968年のお話のミュージカルを見た後は、1969年頃の音楽を聞いたわけですが、あたしのいた列はあたしを除いて汚ッサンばっか。しかも、全員がお一人様でちた。いや〜〜〜〜ん。
 さすが、武道館公演ともなればよこしまアリーナ公演よりも気合いが入った演奏だったわねん。「Voodoo Chile」で本編終了となり、アンコール1曲目が「Dear Mr. Fantasy」だったので、「Love Comes To Everyone」出るか!と少し期待したものの、いつもの「Cocaine」でちた。結局最後の2曲の順番が入れ替わっただけ。え〜〜〜〜ん。

カワイイ度:☆
名曲度  :☆☆☆☆☆
ブラボー度:☆☆☆☆☆
会場禁煙度:☆☆☆☆☆


   
0

2011/12/7

【musical】12/6(火) 『タイムフライズ』ミュージカル座/シアター1010  演劇

 ボーボーちゃんと一緒に期末テストをサボって北千住に行ってミュージカルを見まちた。ちょっと寂しい客の入り具合で、老人ホーム以外の人は、勉強もしくは友達(もしくは仕事の)付き合いで見に来たと思しき演劇関係者っぽい人(イケメン)多数。
 『タイム・フライズ』は現代の就職活動で苦戦している大学生2人が1968年にタイムスリップして、当時の学生運動に触発される話でした。結局2人は現代に戻って来て父親の零細建設会社に入ったり、ボランティアでアフガニスタンに行ったりするわけですが、ど〜せなら、40年前にとどまって、政治家や企業の顧問になって大活躍しちゃえばよかったのに〜。
 いいかげんな本によると、学生運動は一部の本気の連中を除いて、他の殆どの学生にとってはちょっと過激な一過性のお祭りだったようで、しかも、高度成長期で企業も社員を欲しくてしょ〜がなかったから、ちょっとくらい運動にかかわってても大目に見て採用してくれる会社が多かったらしいので、今、就活で苦戦してる人はタイムスリップして68年に行くといいよん。
 全学連世代は、お国のために〜と死んでいった上の世代のマネをして、イデオロギーのために〜と突っ走っちゃった後、今度は会社のために〜と2度も突っ走っちゃったエネルギッシュな連中なので(死ななかったから2回目が可能だったのよねん)、学生運動を美化するのもいいですが、その後の2回目の滅私奉公についても整理(自己批判)する人がそろそろ出て来てもいいんじゃないかしらん。
 ミュージカルは音楽がダメな場合が多いですが(宝塚の音楽は超ダッセ〜し)、この作品ではカッチョよかったよん。歌も迫力! 「花はどこへ行った」を歌う場面もありましたが、「時代は変わる」とか「風に吹かれる」も歌えばよかったのに〜。

カワイイ度:☆☆☆
ストーリー:☆☆☆☆☆
音楽   :☆☆☆☆
ブラボー度:☆☆☆☆☆
会場禁煙度:☆☆☆☆☆

ミュージカル座
http://www.musical-za.com/

タイムフライズ
http://www.musical-za.com/STAGE/timeflies11/stage.htm


   

0
タグ: 劇場 俳優 




AutoPage最新お知らせ