あたしへの意見、苦情、コンサートへのお誘いなどはこちらまでお願いねん。
映画の試写会、一緒に行く人がいなかったら、あたしを誘って〜〜


→ Bobliotheca書庫@Amazon.co.jp

別館≪ロックじゃんけんぴょん≫のほうにも来てくだぱい

 ←ブログ人気ランキングにも参加しました。検索としても利用できるよん。

高額ボックスセットの価格動向はここでチェキ!

     

2010/11/28

【play】11/28(日)13:00〜『SAMURAI 7』/青山劇場  カワイイ系男性俳優・アイドル

 バッファロー先輩、まちゃみ先生一緒にSAMURAI 7』を見に行ったよん。バッファロー先輩が、終演後三浦翔平くんに会えるイベント付きチケットゲトしてくれたんだわさ。
 ストーリーはだいたい映画通りで、侍7人の性格も映画と同じ。最後に勝ったのが百姓なのも映画と同じ。主演は三浦翔平くんでしたが、役は映画でも結構ワキの人を斬った経験のない若造で、侍のリーダー役は加藤雅也でちた。西島くんと相葉くん(顔ちいさくて、手足長くてカッチョ良かったわん。さすが元シンケンブルー)は歌うし、レイザーラモンHGは体格を生かしたダイナミックな演技だし、中川晃教ミュージカルで鍛えたノドモーツァルト風衣装で披露するし、視線分散化。
 映画ほどの深さと迫力はないとタカをくくってたものの、国防問題・基地問題・皇室典範問題に揺れる現代日本が見え隠れするストーリーの中で、人を殺してナンボという穢れを背負う侍と、自分の手を汚さない政治家から「暴力装置」と言われた自衛隊(自分の手を汚さない別の政治家から「シビリアンコントロールに対する侮辱」と言われたことも含めて)がダブって見え、文明批評としてもなかなかの作品だったよん。
 地下ロビーのグッズ売場では翔平くん等身大抱き枕用カバーを売ってたよん。¥15,000。限定10個で、残りは9個。っつ〜ことは、ひとり買った人がいるってことじゃん。誰よん?あたしも欲しいわん。誰かクリスマスプレゼントに買ってくだぱい。
 終演後は翔平くんと写真撮影サイン&握手。あ〜〜〜ん。超萌え
 

SAMURAI 7
http://www.nelke.co.jp/stage/samurai_7-2010/

原作 黒澤明監督作品「七人の侍」より
演出 岡村俊一
脚本 渡辺和徳

出演 三浦翔平 西島隆弘(AAA) 相葉弘樹 橘大五郎 高橋広樹 住谷正樹(レイザーラモン) 水野絵梨奈 丸山敦史 疋田英美 黒川恭佑 松本有樹純 とめ貴志 藤榮史哉 塚田知紀 明石鉄平 中川浩行 市川裕介 本多剛幸 村井 亮 久保田創 横山光 島原英希 森翔平 大石里沙 藤沢かりん 間中優子 山田夏子 勝目真央 能政 瞳 能政 愛 中川晃教(特別出演) 加藤雅也

制作協力 アール・ユー・ピー
監修 GONZO
プロデューサー 周防彰悟 松田誠
協賛 株式会社エイチ・アイ・エス
主催 フジテレビジョンバーニングプロダクションネルケプランニング



  
0

2010/11/27

【play】11/26(金)19:00〜『THE HONEST VILLAGE』ジーモ・コーヨ/OFF OFFシアター  演劇

 昨年見た前作と同様、人工的に作られた環境が破綻をきたして爆発して、人間性を取り戻すお話だったわん。面白くて笑えて文化や歴史の勉強にもなった前作が良過ぎたので、それと比べるとちょっとスケールダウンかしらん。次作に期待

カワイイ度;☆☆☆
ストーリー:☆☆☆☆
ブラボー度:☆☆☆☆
会場禁煙度:☆☆☆☆


ジーモ・コーヨ
http://jimo-koyo.littlestar.jp/

出演者
池田祐樹、大谷憲一郎、小濱晋、渋谷大輔、葵夏海、太田望海、岡本弘実、春山巧、ばんびあおき、福田修司(劇団レトロノート)、BOSSY(プロダクション薫風)、森南波

脚本 土城温美
演出 土城温美

スタッフ
舞台監督:松本仁志、照明:湯山和弘(METAL MOON)
音響プラン:木下真紀、音響オペ:小町香織、宣伝美術:関友子、美術協力:(株)タフコング・(株)働夢、音楽(エンディングテーマ)まも太、衣装:アトリエJUN、当日制作:遠藤童子、制作:ジーモ企画、協力:(株)エムエーフィールド・(有)ヘッドクリエイティブ・劇団レトロノート・プロダクション薫風



myGengo | Simple human translation
0
タグ: 劇場 俳優 

2010/11/27

【play】11/26(金)14:00〜『不要な○○、下取りします。』劇団わらく/スタジオあくとれ『  演劇

 天気が良かったので、エグい作品を見つけるのが得意なボーボーちゃんに連れられて、午後の授業をサボって中野にお芝居を見に行ったんだわさ。タイトルの○○の部分には人間が入るんだわさ。いろんな意味でリストラされたダメ人間を引き取ってマインドコントロールを施し、そこから足りない移植用臓器を取って体は庭の肥やしにするという、超こわい施設のお話だったわん。施設職員の仮面夫婦ぶりや、あやしい業者との癒着なんかも描かれ、いや〜〜〜〜ん度300%の問題作。最後に流れた映像のコラージュの中に目線の入った昭和天皇らしき写真(演説もそう?)が混ざってたりと、危ない雰囲気ぷんぷん

 半分くらいはどこかで見たことのある役者さんだったわん。

カワイイ度:☆☆
ストーリー:☆☆☆☆☆
ブラボー度:☆☆☆☆☆
会場禁煙度:☆☆☆☆(トイレ前の喫煙所臭い。人相の悪い人のたまり場になってて怖い)


劇団わらく
http://wara-ku.com/

出演者
木村有、長橋佳奈、小島寿美子、内田千明、高須誠、勝俣美秋、浅井亮、新井史美、米本哲也、木村夕佳、神宮司晴香

脚本 高須誠
演出 勝俣美秋

スタッフ
舞台監督:金安凌平
音響   :岩野直人(ステージオフィス)
照明   :奥田賢太(colore)
舞台美術:小林奈月
宣伝美術:水谷夏美
WEB管理:Y嬢
製作   :劇団わらく
0
タグ: 劇場 俳優 




AutoPage最新お知らせ