あたしへの意見、苦情、コンサートへのお誘いなどはこちらまでお願いねん。
映画の試写会、一緒に行く人がいなかったら、あたしを誘って〜〜


→ Bobliotheca書庫@Amazon.co.jp

別館≪ロックじゃんけんぴょん≫のほうにも来てくだぱい

 ←ブログ人気ランキングにも参加しました。検索としても利用できるよん。

高額ボックスセットの価格動向はここでチェキ!

     

2009/10/3

グラスやワインのボトルが飛び交い、テレビも破壊  ロック・フォーク・ブルース

 21章。デレク&ザ・ドミノス期にエリたんのアシスタントをしていた頃の話。エリたんたちは、最初のうちはハイになっていい気分ジャムってたけど、そのうち超クレイジーに。最初は酒とコカインだったのが、アルバムレコーディングして帰って来たらヘロイン中毒になってたそうよん。エリたん自伝には書いてない修羅場がオーデル本には書いてあるんだわさ。パティーはその現場には居合わせてなかったみたい。
 22章。「Miss O'Dell」はロスのホテルで作曲されたらしい。
 23章。バングラデッシュのコンサートの準備と本番。「ボブ・ディランの声の何かが変わっていました。声音は深みを増し、よりソウルフルでした。まるで、さらなる深みに達しつつあり、頭からというよりむしろ心から歌っているようでした。」打ち上げパーティーにはアンディーウィリアムズが来てたって。


   

0

2009/10/3


 15章。「Hummingbird」ってオーデルのことを歌った歌らしいんだわさ。「Don't fly away」って歌ってる割には、先に浮気をしたのはリオンのほうだって。ひで〜汚ヤジ。

  

0

2009/10/3

【musial】『GHETTO/ゲットー』空間製作社/川崎市アートセンター アルテリオ小劇場  演劇

 ボーボーちゃんと一緒に小田急線に乗ってミュージカルを見に行きまちた。ナチス青年将校になった幼なじみと収容先のゲットー再会したユダヤ人少女の悲しき恋とささやかなレジスタンスの物語だったわん。地方の劇団かと思って見くびってたら、歌が激ウマ。多数の子役たちも。多少有名な俳優がたくさん出ていてチケット代も倍以上のミュージカルの殆どよりレベル上だわよん。
 生きのびておばあちゃんになった主人公が孫を連れて少女時代を過ごした町のに行くシーンには涙がホロリ

カワイイ度:☆☆☆(青年将校)
筋    ;☆☆☆☆☆
音楽   ;☆☆☆☆
ブラボー度;☆☆☆☆☆
会場禁煙度;☆☆☆☆☆


空間製作社
http://kuukanseisaku.web.fc2.com/

-実話を基にした社会派ミュージカル!                  
 空間製作社の新たな挑戦の幕が開きます-

1941年ナチスドイツ軍によって収容された人たち。                    
そこは絶滅収容所か労働収容所かに分けられる中継点の収容所だった。
西からは米英の連合軍、東からはソ連の前線が迫っているナチスは、
国際赤十字の視察団を招きいれ、わが軍はユダヤ人の理想の
居住区建設の為に集めているのだと嘘をつき、
国際非難と攻撃をさけようとしていた。
そこで芸術家たちを集め、音楽会や劇をやらせ、
国策プロパガンダに利用することを思いついたのだった。     
抵抗しようにも武器を持たない芸術家たち。
そこで彼らのとった行動とは・・・。
0
タグ: 劇場 俳優 




AutoPage最新お知らせ