あたしへの意見、苦情、コンサートへのお誘いなどはこちらまでお願いねん。
映画の試写会、一緒に行く人がいなかったら、あたしを誘って〜〜


→ Bobliotheca書庫@Amazon.co.jp

別館≪ロックじゃんけんぴょん≫のほうにも来てくだぱい

 ←ブログ人気ランキングにも参加しました。検索としても利用できるよん。

高額ボックスセットの価格動向はここでチェキ!

     

2009/2/20

【似たものジャケ】エルヴィス登場系  ロック・フォーク・ブルース


エルヴィス→クラッシュ→怒髪天
タイトルが「労働コーリング」だからクラッシュ系か。

   

登場系にはジ・エメラルズやルー大柴もあるよん↓:

http://love.ap.teacup.com/loveminus0/3521.html
0

2009/2/20

【似たものジャケ】レット・イット・ビー系  ロック・フォーク・ブルース

   

0

2009/2/20

【bobliotheca】『Apocalypse Jukebox』Edward Whitelock and David Janssen  Bob Dylan

 19世紀のアメリカでは終末思想が大流行し、それがアメリカ人の心の根底にアーキタイプとして残り、20世紀のロック・ミュージックまで大きな影響を与えてるっていう内容の本よん。
 第1章は主に19世紀の終末思想と、それに基づいた宗教運動と社会、生活の変化に割かれてるんだけど、この頃に「最後の審判に備えて清く正しく生きる」ために開発された物が現代の生活の中でもたんくさん残ってるとか。コーンフレークはその代表格で、保存食っていうことだけでなく、性的欲望(特にオナニー)を押さえる薄味の食べ物という観点で開発されたものでもあるらしいわん。
 昨日の段階では、まだここまでしか読んでないんですが、ページをぱらぱらめくったところ、4大アポカリプス・アーティストを挙げるとしたらハリー・スミス、ジョン・コルトレーン、ボブ・ディラン、レナード・コーエンなんだとか。その中でもボブは群を抜いて最大の終末論シンガーなんだとか。
 その他にも、アーサー・リー、DEVO、ローリー・アンダーソン、グリーン・デイなんかも登場するみたい。


   

0




AutoPage最新お知らせ