あたしへの意見、苦情、コンサートへのお誘いなどはこちらまでお願いねん。
映画の試写会、一緒に行く人がいなかったら、あたしを誘って〜〜


→ Bobliotheca書庫@Amazon.co.jp

別館≪ロックじゃんけんぴょん≫のほうにも来てくだぱい

 ←ブログ人気ランキングにも参加しました。検索としても利用できるよん。

高額ボックスセットの価格動向はここでチェキ!

     

2007/8/24

【似たもの?ジャケ】ルー大柴  ロック・フォーク・ブルース

 『ルー大柴革命』の文字の部分はエルヴィスだわよね〜。この汚ッサン、↓最近ちょっとブレイクしてる?????

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070901-00000002-oric-ent


   
0

2007/8/22

【SACD】MTT&シスコ『嘆きの歌』  オーケストラ

 マイケル・ティルソン・トーマス指揮&サンフランシスコ響のマーラー・シリーズなんだけど、次こそ『8番』かと思ったら『嘆きの歌』だったわん。
 RCAのLiving Stereoシリーズからはライナー&シカゴ響による『大地の歌』が登場。


  
0

2007/8/21

【concert】8/20(月) Blendrums/渋谷duo music exchamge  ワールド・ミュージック

 食いしん坊のゲビタビーちゃんとサムラートでマサラドーサを食べてから、レナード衛藤の主催するBlendrumsのスペシャル・コンサートを見に行ったんだわさ。開場前にduoに到着したら、やたらと人がいたんですが、2階のO-Eastの客でもなく、道を挟んたO-Westの客でもなく、duoに来た客でした。ザキールが出演するんで、特に約束もしないのにインド音楽系の知り合いや新宿クリシュナでお友達になったお姉さん達が全員集合だったわよん。
 レナードと芳垣安洋とザキール・フサインの3人が2時間半に渡って太鼓大会を繰り広げたわけですが、個人的にはザキールが若手サーランギ奏者と演奏した純インド音楽が1番良かったわん。思えばザキールが古典を演奏するのを見るのは、何年か前にニューヨークのタウンホールでバイオリンのシャンカールとのジョイント・コンサートを見て以来超久し振りなのよねん。今回のザキールのパートはたった40分だったけど、2時間くらいの長丁場の古典も聞きたいわん。
 まいう〜なカレー屋がわんさか開店し、インド式数学が脚光を浴び、インドの軍艦が横須賀に来航、東大もインドから優秀な学生を呼ぼうとしたりと(ITよりも印哲をもっと面白くしよ〜よ)、インドが大流行ってるので、音楽家もわんさか来日して欲しいわん。
 
カワイイ度:☆☆
名曲度  :☆☆☆
ブラボー度:☆☆☆☆☆
会場禁煙度:☆☆☆☆☆


   
0




AutoPage最新お知らせ