あたしへの意見、苦情、コンサートへのお誘いなどはこちらまでお願いねん。
映画の試写会、一緒に行く人がいなかったら、あたしを誘って〜〜


→ Bobliotheca書庫@Amazon.co.jp

別館≪ロックじゃんけんぴょん≫のほうにも来てくだぱい

 ←ブログ人気ランキングにも参加しました。検索としても利用できるよん。

高額ボックスセットの価格動向はここでチェキ!

     

2007/3/28

【concert】3/27(火) The Answer・Philip Sayce/渋谷AX  Bob Dylan

 28日(水)にAAAのコンサートを見に行く予定だったんですが、1日間違えてAXに行っちゃいました。会場に入ったら汚ッサンと汚ッサン予備軍ばっかりで、あたしは浮きまくり。AAAって汚ヤジに支持されてるのか〜???と疑問に思ってたら、AAAは次の日であることが判明。この日はジ・アンサーとフィリップ・セイスのコンサートだったんだわさ。いや〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。
 とはいえ、約束もしてないのに、いろんな子に会ったわん。モモンガちゃんやスカンクちゃん、暗黒星人、麻里香ちゃん、ダ〜イダ〜イ男、タラリコちゃんがいたのよん。普段はこういう場所では会わないのに、どういう動機で来てたのかしらん?????
 ま〜、せっかく来ちゃったから見たんだけど、フィリップ・セイス、なかなかカッチョイイじゃないのさ。白人のガキんちょブルースがブームだった時に、ジョニー・ラングとかケニー・ウェイン・シェパードの次あたりに出てきた人なんだけど、あれから10年経ってる割にはそんなに汚ッサン化してなかったよん。で、ドラムは何とケニー・アロノフ。アルバム『Under The Red Sky』や「Most Of The Time」のビデオに参加してるから、ボブ人脈の人じゃないのさ。帰らなくて良かったわん。
 ジ・アンサーはレッド・ツェッペリンかテンポを速くしたフリーみたいな曲をやってたよん。音楽だけでなくルックスも垢抜けないと思ったら、アイルランド出身だったわん。

カワイイ度:☆☆☆(フィリップ・セイス)
名曲度  :☆☆
ブラボー度:☆☆☆☆
会場禁煙度:☆☆☆(なぜか臭い空気がホール内に入ってくる)


   
0

2007/3/26

【bobliotheca】『Dylan Redeemed』Stephen Webb著  Bob Dylan

 あたし語学に疎いから電車の中で3分の1しか読めなかったんだけど、 『Dylan Redeemed』は問題作よん。ボブは昔からずっと首尾一貫して保守的でright wingなキリスト教徒としたほうが歌や言動を説明しやすいとして、従来のリベラル派的な解釈にケンカを売ってます。中でもMike Marqusee著『Chimes of Freedom』(ペーパーバック版は『Wicked Messenger』っていうタイトルになってるんだけど、中身も少し変わったのかしらん?????)の主張を何ページにも渡って反駁してるんだわさ。あ〜〜〜面白い。
 著者は福音派の信者なので、ボブが入信したVineyard Fellowshipがどういう考えをもったどういう宗教団体なのか、わかりやすくかいてあるよん。非キリスト教徒でリベラル派の連中が書くと、単なる原理主義にくくられちゃうんだけど、ちょっと違うみたいねん。1960〜70年代には政治に興味がなかった福音派の連中が現代のような一大勢力となるまでの歴史的過程なんかも詳しくて目からウロコ。
 講談社現代新書の『原理主義とは何か』にも、アメリカでのキリスト教史についてこの本と並行するような内容が書いてあるんだわさ。


   
0

2007/3/21

【嫌煙ファッショ】新宿LOFT禁煙化?  ロック・フォーク・ブルース

 LOFT系列のお店に行くとLooftopっていう小冊子をもらえるんだけど、ジャニーズのコンサートの感想を書いてる記事が最近見あたらなくて寂しいわん。
 何か面白いこと書いてないかと思ってページをめくってたら、新宿LOFTのスケジュールのページに“公演中はライブホール全面禁煙、喫煙スペースはバーラウンジのみ”っていうお知らせが載ってたんだわさ。
 “公演中”というのが、ドアが開いてから閉まるまでの時間を意味するのか、演奏中だけを意味するのかはわからないし、バーラウンジから汚染された空気から完全に遮断されるのかどうか、禁煙が本当に守られるのかどうか(臭い人種はクルクルパーだから言ってもわからない)は、こういう方針になってからはまだ行ってないので不明なので、ご存知の方は情報を寄せてくだぱい。
 他の店も全面禁煙にして欲しいわん。
0




AutoPage最新お知らせ