あたしへの意見、苦情、コンサートへのお誘いなどはこちらまでお願いねん。
映画の試写会、一緒に行く人がいなかったら、あたしを誘って〜〜


→ Bobliotheca書庫@Amazon.co.jp

別館≪ロックじゃんけんぴょん≫のほうにも来てくだぱい

 ←ブログ人気ランキングにも参加しました。検索としても利用できるよん。

高額ボックスセットの価格動向はここでチェキ!

     

2005/12/3

【CD】『Austin, Texas June13, 1975』New Riders Of The Purple Sage  ロック・フォーク・ブルース

 ライヴ・レコーディング専門のレーベル、Kufala Recordingsからニュー・ライダーズ・オブ・ザ・パープル・セイジの1975年のテキサス公演がいつのまにかリリースされたわよん。も〜〜〜、誰も教えてくれないんだから〜〜〜。
 ちょっと前に出た72年オレゴン公演の3年後だから、ジェリー・ガルシアじゃなくてバカテクのバディ・ケイジがペダル・スティールを弾いてるんで、かなり上手いバンドになっちゃってるわん。
 『A Simple Twist Of Fate: Bob Dylan and the Making of Blood On the Tracks』では、バディが『血の轍』のセッションに参加した顛末やニュー・ラーダーズのこと、ジェリー・ガルシアのことを語ってて面白いんだわさ。


  
0

2005/12/3

【event】12/3(土) DAIGO☆STARDIST クレイジー・ライブ&ハグ会/VUENOS TOKTO  ロック・フォーク・ブルース

 DAIGO☆STARDUSTの新譜発売イベントに行ってきたんだわさ。DAIGO☆くん、サービス精神旺盛で、ファースト・アルバム発売の時は渋谷タワーレコードの地下でスペイシー・クリスマス・ショウをやったけど、今回はVUENOSでミニ・アコースティック・ライブ&ハグ会。100人だけが招待されたのか、100人しか集まらなかったのか、どっちかは定かではないんだけど、WaTのイベントと比べるとかなり地味。まあいいんだけどさ。
 12:15分からミニ・ライブが始まって、「Stard Up!」「Unravel」「Super Joy」やサザンの歌などを歌った後に、ひとりひとりをかなり丁寧にハグハグ。しかも、ワイシャツの下はすぐ素肌。あたしシャイだから、握手だけでいいですってハグは断ったんだけど、DAIGO☆くんにリードされてしっかりハグハグされちゃいました。あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。今度の火曜日にはクアトロ公演を見に行くよん。
 今日の渋谷も、109でドコモのイベントやってたり、町中をマイクロホンが歩いてたりと、田舎もんのあたしには刺激が多かったわん。


 
0

2005/12/3

【concert】12/2(金) Dzitari/紀尾井ホール  ワールド・ミュージック

 ラトヴィアのコークレという楽器を操る9人のカワイイ系女性バンド、Dzitariのコンサートを見に行きました。フォーク系の女の子たちに萌え〜〜!

http://www.culturelinks.org/dzitari.shousai2005.html

 コークレという楽器は↓こういう楽器なんだけど、Dzitariのメンバーが使ってたのは、かなり進化したバージョンのもので、半音を正確に上げ下げ出来るようなレバーが付いてたんだわさ。

http://folklora.lv/muzikas/kokle/en.shtml

 開放弦を指かピックで弾くんで、音が澄んでてキレイ。世界一美しい響きと言ってもいいくらいなんだわさ。毎年今頃来てるみたいなので、また来年も見たいわん。CDも2種類売ってたんだけど、メンバーが民族衣装を着たカワイイ系ジャケットのものは売り切れちゃいました。え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。

カワイイ度:☆☆☆☆☆
名曲度  :☆☆☆☆☆
ブラボー度:☆☆☆☆☆

会場禁煙度:☆☆☆☆☆
0




AutoPage最新お知らせ