あたしへの意見、苦情、コンサートへのお誘いなどはこちらまでお願いねん。
映画の試写会、一緒に行く人がいなかったら、あたしを誘って〜〜


→ Bobliotheca書庫@Amazon.co.jp

別館≪ロックじゃんけんぴょん≫のほうにも来てくだぱい

 ←ブログ人気ランキングにも参加しました。検索としても利用できるよん。

高額ボックスセットの価格動向はここでチェキ!

     

2005/11/23

【税金】Born To Run 30周年記念ボックス  ロック・フォーク・ブルース

 CDを取り出したらビックリ!盤面が真っ黒だよん!!!!!問題なく再生できたけどさ。
0

2005/11/23

London Calling  Bob Dylan

 なんじゃ、このセットリストは!『Chronicles』の中で一番理解したい箇所が“ロニー・ジョンソンから教えてもらった数学的演奏法”について嬉々として書いてる部分なんだけど、とうとう本人がリンク・レイの「Rumble」を演奏して観客に説明を試みたみたいだわん。(incomplete)ってなってるから、どうやら失敗したようだけどさ。ぎゃはははは。
 それからアンコールは何よん?????クラッシュの曲?1989年のバンドでやったらイカしてるかもしれないけど、今のバンドでやってもどうなんだろうな〜?????とにかくディスク待ちかしらねん。
 ボブとクラッシュのつながりは、『Down In The Groove』の「Sally Sue Brown」にポール・シムノン(b)が入ってることくらいよねん(ギターはセックス・ピストルズのスティーヴ・ジョーンズ)。あと『Chronicles』のどこかに、ミック・ジョーンズをツアー・バンドのギタリストに欲しかったとか書いてあったっけ。


Subject: November 21, 2005 - London, England - set list

London, England
Brixton Academy
November 21, 2005

1. Rumble (insturmental song by Link Wray) (incomplete)
2. Maggie's Farm
3. The Times They Are A-Changin'
4. Million Dollar Bash
5. It's Alright, Ma (I'm Only Bleeding)
6. Moonlight
7. Down Along The Cove
8. Boots Of Spanish Leather
9. Cold Irons Bound
10. Mr. Tambourine Man
11. Tweedle Dee & Tweedle Dum
12. Visions Of Johanna (acoustic)
13. Honest With Me
14. Waiting For You
15. Highway 61 Revisited

(encore)
16. London Calling
17. Like A Rolling Stone
18. All Along The Watchtower

  
0




AutoPage最新お知らせ