あたしへの意見、苦情、コンサートへのお誘いなどはこちらまでお願いねん。
映画の試写会、一緒に行く人がいなかったら、あたしを誘って〜〜


→ Bobliotheca書庫@Amazon.co.jp

別館≪ロックじゃんけんぴょん≫のほうにも来てくだぱい

 ←ブログ人気ランキングにも参加しました。検索としても利用できるよん。

高額ボックスセットの価格動向はここでチェキ!

     

2005/9/25

CDジャーナル・20世紀の100人  Bob Dylan

 音楽誌で一番好きなのがCDジャーナルなんだわさ。ロックからジャズ、クラシック、邦楽、アイドル、映画、はたまたオーディオまで音楽界全体を鳥瞰出来るでしょ。となると、マニア度は低くなっちゃってるんだけど、読んでて思わず膝を叩きたくなるようないい記事が毎月何かしら載ってるんだわさ。サザンが表紙の2005年10月号の「20世紀の100人」ていうコーナーで取り上げられてるのがボブ・ディラン。
 プロテスト・シンガーからの脱却を、“フォークの左翼活動家が描いた理想郷から、伝承曲、ヒルビリー、ブルーズなどが描く現実的だがエキセントリックでもある世界に移行しただけ”“伝統を変形させたシュールなブルーズ”ってまとめてあるんだわさ。
 “現実的だがエキセントリック”の部分に頭をぶん殴られたような気がするので、しばらくグリール・マーカスの本を読みながらハリー・スミス・コレクションを聞いて勉強します。(とはいうものの、面白いドラマがない時間にだけどさ)


  

 良い記事読んだ後なんでなおさら残念なんだけど、今日やっと買った『No Direction Home』日本盤ブックレットの“収録曲に関する追加情報”にはいくつか間違いがあったのよん。ネット上のHPだとさりげなく直しておけばいいけど、印刷物は一生残るから大変なんだわさ。いや〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。

DISC 1
ARambler Gambler
いままでディランがこの曲を歌ったことさえ知られていなかった。 →初めてブートレッグに登場したのは1985年。かれこれ20年も前。
OIt's All Over Now Baby Blue
データが検証されず、1/16/65 Take #1っていう大本営発表のまま。
DISC 2
@She Belongs To Me
出回っている『BIABH』のアウトテイクには含まれていない。 →含まれている。また1/14/65 Remake Take #2というデータも大本営発表のまま。
EDesolation Row
出回っている『HWY61R』のアウトテイクには含まれていない。 →含まれている。
GLeopard-Skin Pill-Box Hat
英文ブックレットではMichael Bloomfield(electric guitar)ってあるんだけど、日本語ブックレットでは特に何のコメントもなし。何か書いておいて欲しかったわん。
KLike A Rolling Stone
英文ブックレットではなぜかRichard Manuelがクレジットされてないんだけど、日本語ブックレットでは何のコメントもなし。

『No Direction Home』に関するあたしの感想等は過去記事を見てねん:
その1その2その3その4その5
その6その7
0

2005/9/25

【concert】9/25(日) Hesperion XXI/武蔵野市民文化会館・小ホール  その他クラシック

 バロック期のスペイン、イタリアの音楽を当時の楽器で演奏する古楽集団エスペリオンXXIのコンサートに行ったんだわさ。お題は「ドン・キホーテとミゲル・デ・セルバンテスの音楽 スペイン黄金世紀の光と影」。
 大中小のビオラ・ダ・ガンバ(フィンガーボードにフレットが付いていて、股に挟んで固定して演奏するの)、ルネサンス・ギター、膝の上に乗せて弾くアルパ等、普通の楽器屋さんでは売ってない珍しい楽器のオンパレード(しかも形がカワイイ)。しかも、近代〜現代のバイオリンやギターと違って、音の出方の効率が悪く、素朴な感じのサウンドなのよん。
 バイオリンやピアノの神業、オーケストラの爆音もいいんだけど、たまにはこういう家族的なレベルのこぢんまりしたものもステキ!と思ったら、リーダーのジョルディ・サヴァールとモンセラート・フィゲーラスは夫婦、アリアンナ・サヴァールはその娘だそうです。
 スペインの人が結成してバルセロナを本拠地としてるグループなのに、なぜかXXIはヴァンテアンとフランス語読み。どうちてかしらん?????ヴァンテアンというと、あたしの姉貴のフランス語の授業を思い出すわん。こいつが3浪の末に入った偏差値の低い大学のフランス語の授業で、数字の勉強に差しかかった頃、先生が「あなたは何歳ですか?」ってひとりひとりに質問してきたらしいの。浪人した奴でもせいぜい「ディズナフ」とか答えてるのに、バカ姉が「ヴァンテアン」て答えたら、みんながいっせいに振り向いてきて超恥ずかしかったとか。頭悪いからサバを読もうという発想が生まれる精神的余裕がなかったらしいんだわさ。いや〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。

カワイイ度:☆☆☆☆(アリアンナさん)
名曲度  :☆☆☆☆
ブラボー度:☆☆☆☆☆

会場禁煙度:☆☆☆☆☆

エスペリオン21の公式HPは見つからなかったんだけど、グループを紹介するページはこっち↓:
フランス語 英語

アリアンナ・サヴァールHP
http://www.ariannasavall.com/


  
0




AutoPage最新お知らせ