あたしへの意見、苦情、コンサートへのお誘いなどはこちらまでお願いねん。
映画の試写会、一緒に行く人がいなかったら、あたしを誘って〜〜


→ Bobliotheca書庫@Amazon.co.jp

別館≪ロックじゃんけんぴょん≫のほうにも来てくだぱい

 ←ブログ人気ランキングにも参加しました。検索としても利用できるよん。

高額ボックスセットの価格動向はここでチェキ!

     

2004/11/30

【LP】Brian Wilson『SMILE』  ロック・フォーク・ブルース

 『SMILE』は今年一番感動したアルバムだわよん。ブライアンおめでとう!って言ってあげたいだわん。完成に至るまでにあったいろんなことを考えると、涙なしには聞けません。完成してたら『SGT. PEPPER』を超えてたかもしれないアルバムってことで、その片鱗でも聞けたらと、未完成バージョンを収めた海賊盤もいくつか聞いてみたけど、どこがいいのかサッパリ。だってちゃんと出来上がってないんだもん。でも、今回の『SMILE』は“これこそレコーディング芸術!”っていう仕上がりでしょ。久し振りに手応えを感じたアルバムだわん。
 そんで、今日買ったのがRHINOが出したアナログLP。2枚組になってるから手に取るとズッシリ重い。中身を考えるとさらに重い。当然、音もCDよりはるかに音楽的。あたしは時代遅れのアナクロ人間だからLPのほうが好きなのよん。まずはレコード盤を超音波洗浄機で洗って、針もきれいに掃除して、真空管をあたためて...なんていう面倒くさい儀式は毎回はやらないけどさ。
 ところで、このオウム↓くん、最近は『SMILE』が大のお気に入りで、重厚なコーラスのところでは一緒に歌い出すらしいよん。色はさえないんだけど頭はとてもいいらしいわん。イエスも大好きなんだって(ジョン・アンダーソンの前世はきっとインドのオウムだろう)。

http://www.caminari.com/parrot/kjartan/kjar01.swf
0

2004/11/30

今日も嫌煙ファッショの嵐吹き荒れる  

 横浜駅西口では例によって、善良なおじさんおばさんがマナーの悪い歩きタバコの汚ッサン汚バハンに注意を与えていました。いい年ぶっこいてマナーについて注意をされるなんて恥ずかしいわよねん。
 負け犬の遠吠えくらいでしかないあたしの書き込みに対して、禁煙にチャレンジしてる方から頑張ってるとのメッセージをいただいてしまいました。ニコチン中毒の汚ッサン汚バハンは煙たい、汚い、臭い、人種が違う、カーストが違う、近寄るな、一緒の車両に乗るなとか、社会に出る前に禁煙外来に行け、臭くしたあたしの服のクリーニング代払えとか、一方的に敵意に満ちたことをわんさか書いていますが、禁煙にチャレンジしているみなさんに対しては応援の気持ちをおしみません。

で、今日の嫌煙ムーブメント関係の記事:

真鍋かおり「喫煙マナー守ってね」
http://www.excite.co.jp/News/entertainment/20041130170505/Fuji_EN_320041130005.html

タクシー乗務員車内禁煙
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2004112900096&genre=K1&area=Z10

ライブハウスも全面禁煙にしてほしいわん。
0

2004/11/30

【concert】11/29(月) Willy Mason/渋谷O-Nest  ロック・フォーク・ブルース

 “ブライト・アイズが見つけた弱冠19歳のボブ・ディラン”なんてすごい宣伝文句だから、ウイリー・メイソンくん見に行っちゃったわよん。ボブに似てるとか影響大であるとかはこれっぽっちも思わないけど、デビューアルバム『Where The Humans Eat』はユーモアのセンスと渋さを兼ね備えたステキな作品なんだわさ。ボブとの共通点と言えば、どっちのデビューアルバムも父っつぁん坊やな声ってことかしらねん。
 9月のプロモ来日の際に会ったウィリーくんは髪がちょっと長めで無精ひげがちょっと生えてて、19歳にして早くも汚ッサン化が始まっていたけど、今日本番前に挨拶した時は髪を切ってヒゲもキレイに剃って若返ってたわん。でも、ステージに出てきたらなぜかオヤジっぽかったなあ〜。
 まずはオープニングで岩瀬敬吾が50分くらい演奏したんだけど、どこかで見たことあると思ったら、19の片割れだわん。小さい方はパンクっぽいことやってる3B Labで結構TVとかにも出てるけど、デカイほうも頑張ってるのねん。敬吾のほうはおっとりとしたアコースティック系なんで、解散の理由がよくわかったわん。開演前は20歳前後のお姉さんたちばっかりなんで、ウィリーくんモテモテじゃんて思ったんだけど、この人たちは敬吾のファンでした。ウィリーくんのセットになる頃には男率ちょっとだけアップ。
 ウィリーくんは16歳の弟サムくん(dr)と一緒に登場して、「Where The Humans Eat」から始まって1時間ほど演奏したけど、ホワイトストライプスをさらに裸にしたようなシンプルな音楽は全部同じ曲に聞こえたわん。全部同じ曲に聞こえるコンサートはボブとかストーンズとかデッドとか慣れっこだけどさ...。アンコールでサムくんがキース・ムーンばりのドラミングを披露したのも印象に残ったわん。クライマックスも何もない地味なコンサートだったけど、歌詞にじっくり耳を傾けるにはうってつけ。次のアルバム、次のコンサートも楽しみだわん。面白い展開があることに期待!

カワイイ度:☆☆☆
名曲度  :☆☆☆
ブラボー度:☆☆☆

会場禁煙度:☆☆☆(EastもWestも禁煙なんだから、Nestも禁煙にしてほしいわん。まったくも〜〜〜)
0




AutoPage最新お知らせ