あたしへの意見、苦情、コンサートへのお誘いなどはこちらまでお願いねん。
映画の試写会、一緒に行く人がいなかったら、あたしを誘って〜〜


→ Bobliotheca書庫@Amazon.co.jp

別館≪ロックじゃんけんぴょん≫のほうにも来てくだぱい

 ←ブログ人気ランキングにも参加しました。検索としても利用できるよん。

高額ボックスセットの価格動向はここでチェキ!

     

2004/7/30

7/30(金) Andy Williams/東京国際フォーラム  ジャズ・ポップス

 チラシの写真のおじいちゃんよりさらに15歳以上は年をくったおじいちゃんが登場しましたが、声はしっかり出てたわよん。1曲目からいきなり「ある愛の詩」。「ムーンリバー」とか代表曲を一通り歌ってくれたわよん。ビーチボーイズの「God Only Knows」やポリスの「Every Breath You Take」まで飛び出したんだわさ。「ゴッドファーザーのテーマ」に歌詞がついてたとは知らなかったわん。

カワイイ度:☆☆
名曲度  :☆☆☆
ブラボー度:☆☆☆
感涙度  :☆☆
0

2004/7/25

7/25(日) Rock Odyssey 2004/大阪ドーム  ロック・フォーク・ブルース

 ザ・フ〜見たさに大阪にも行っちゃいました。「Won't Get Fooled Again」でタイミングをはずしたりと、横浜ほど出来は良くありませんでした。ギター破壊もなし。前日に無理してピートは腰痛だったらしいんだけど、そんな様子は全く見せず、元気に腕ぐるぐるやってたわよん。
 エアロスミスは横浜では王道の代表曲オンパレードだったけど、大阪ではマニア感謝祭のレア曲指数の高いセットだったわん。
 さすが大阪だけあってウルフルズが超もりあがってたわん。やっぱ本場で見ると違うんだわさ。

カワイイ度:☆
名曲度  :☆☆☆☆☆(ザ・フ〜)
ブラボー度:☆☆☆☆ (ザ・フ〜)
感涙指数 :☆☆☆☆ (ザ・フ〜)
0

2004/7/24

7/24(土) Rock Odyssey 2004/横浜国際総合競技場  ロック・フォーク・ブルース

 クソ暑いとはまさにこのこと。1日でペットボトル5本分の水分をとったけど、殆どが汗として出ちゃって、オシッコはチョロチョロ。長袖のシャツ着てたけど、日光にさらされてた手の甲はもろ日焼け。2日経った今日でもまた赤く腫れてるんだわさ。あたしの前にいたタンクトップの男の子の肩は、日焼けじゃなくてヤケド状態になってたよん。いや〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。
 この日は何といってもザ・フ〜よん。2人死んじゃって、残った2人も満身創痍の老兵って感じで、決して全盛期に匹敵するような演奏じゃなかったけど、デビュー40年後に初めて日本で演奏してくれたということだけで感無量!ロジャーのマイクぶん回し、ピートの腕ぶん回し奏法を日本で見れるとは思ってなかったわよん。アンコールのミニ『TOMMY』には感動。しかも、最後の最後にギターぶっ壊しまでやってくれたじゃないのさ。うぉぉぉぉぉ〜〜〜〜ん。後日談なんだけど、この時、腰がグキッときたらしいわん。もうお爺ちゃんなのに無理しちゃったのねん。あ〜あ〜あ〜、もう。
 エアロスミスはいつも通り元気。ポール・ウェラーは渋かったわん。そんで、以外に良かったのが稲葉ソロ。なかなかブルージーだったし、含蓄のある歌詞だったし、ちょっと見直しちゃったわん。

カワイイ度:☆
名曲度  :☆☆☆☆☆(ザ・フ〜)
ブラボー度:☆☆☆☆☆(ザ・フ〜)
感涙指数 :☆☆☆☆☆(ザ・フ〜)
0




AutoPage最新お知らせ