壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com
2017/8/1 | 投稿者: komori

11回目のフジロックに行って参りました。


元来壊れかけ再始動関連のことをブログに記すべきでしょうが、それはまた後日。(笑)

取り敢えず、今年のフジも沢山のアクトを観て大いに感化されましたが、取り分け印象に残ってるものをフジロック2017参戦後記として、ブログに書き記しておきます。


7/28(金)

■サニーデイ・サービス
思春期に慣れ親しんだ楽曲達が、今もこうやって懐メロにならず胸を震わすのは、楽曲の底しれぬクオリティーの高さ、その時代を超えた普遍性と、バンドのロックンロールバンドとしての力の賜物だと身に沁みて感じた。最近の新曲群と20年前の楽曲群が全く等価に並ぶ。ああいう音楽性ではあるが曽我部さんは昔からいつでも尖ってるしギラギラしている。

■The XX
完全に不覚だった。前回出た時少し観て全く好きじゃないなと思ったが、昨今の評判から興味本位で観たが完全に打ちのめされた。こういう音楽がグリーンの夜枠をやるくらい商業的な評価を得ていることに驚いた。僕にはYOUNG MARBLE GAIANTSの現代版のようにも思えたり、ヴェルヴェッツチルドレンな雰囲気も感じたが、そのいずれとも違う新しさがある気がした。テクノともロックとも、何かが違う。

■QUEENS OF THE STONE AGE
初日のベストアクト。やはりクイーンズはハードロックともメタルともオルタナ/グランジとも違う。オーソドックスなバンド形態とリフもののディストーションギターサウンドに、まだこれほどまでに可能性があるか、と驚く。未だにグランジや70sハードロックの亡霊を引き摺り続けるクソダサいロックバンドもどきとは、格が余りに違い過ぎると思った。ジョシュはジミヘンレベルに評価されるべきギタリストである。


7/29(土)

■Cocco
余りにも余りにも凄過ぎた。神様に遭遇してしまったような心地だった。登場しただけで涙が溢れてきた。終止涙が止まらなかった。僕はCoccoは中学時代大好きだったが、なぜかいつの間にか聴くのをやめてしまっていた。あの自傷のように突きささる痛みを、大人になるにつれ避けてしまっていたのかもしれない。ただ、Coccoがステージに出て来た瞬間、自分の10代前半の頃の心の痛みが全身に蘇って来た。この神様が、確かにあの頃必要だったんだ。誰しもが大人になる。己を己で傷つけたくなるような気持ちもいつかは薄れ、それなりに社会と折り合いをつけ過ごすことが出来るように、僕らはなるだろう。だけど、そうは出来ない人間も、いる。そういう人達の為に、Coccoは自らを犠牲にし、歌い生きてきたのだろうと、その目を見れば、身体の細さや傷、全身全霊の身振り、そして歌、それらを見れば、分かった。伝える、伝わるとは、こういうことなのか、と。一番大好きな「焼け野が原」が聴け嬉しかったが、一番良かっのは最後にやった新曲だった。この人もただひたすら前に進んでいるんだ。痛み、を連れて。

■LCD SOUND SYSTEM
最高としか言いようがない。近年稀に見る悪天候の中、皆泥にまみれ、笑いながら、泣きながら、踊っていたのではなかろうか。ホワイトステージが巨大なダンスフロアと化した。ことばにするのも馬鹿馬鹿しいくらい、ひたすら頭を空っぽに踊り続けた。その光景は巨大な祝祭のようでもあり、最大のやけくそのようにも見えた。享楽がやがて終わればまた同じように困難な日常は訪れる。どうせ受け入れねばならぬ運命。ならば、例えそれが真夏の一夜の夢だとしても、すべてを忘れ、踊り続けた方が、多分人生最後の瞬間に笑っていられるんじゃないかね。そんな気がしたし、俺はそういう人生の楽しみ方を選ぶ。

久々の大雨の2日目、もう、上記2アクトに尽きた。


7/30(日)

■THE NOVEMBERS
ロックバンドってなんて美しいんだろ、と思えたライヴ。小林さんの絶叫は儚く美しい。実は昔は苦手だったノベンバ。ただ近年の新曲群が素晴らしくて、それはどこか退廃と絶望の耽美から、未来を見据えた希望を歌うようになったからかもしれないと、勝手な印象だが、思った。昔は前髪で隠れて見えなかった目が、この日は、見えた。シューゲイザーな音楽ではあるが、その目は髪をかきわけ、前を、未来を見ていた。信じられないくらい澄んだ真っ直ぐな目だった。

■REAL ESTATE

全く予備知識なしで、YouTubeで触りだけ聴きなんとなく観たが大正解。今年一番の発見。これからレコードを買って聴いてみたい!と心の底から思え、やっぱりフジロックはこういう予期せぬ出会いがたまらない。

■トリプルファイヤー

3日目ベストアクト。悔しいが、正直全アクトの中で一番尖ってると思わざるを得なかった。聞いたことない曲もいくつかやっていたが、サウンドも、吉田のワードチョイスも、より鋭利を増している。本物の、ポストロックだ。フジロックの、ロックンロールドリームを破壊し無化させるあの殺傷力。誰がフジロックで「銀行に行った日」なんてことばを発する?正直ビョーク観なくてもいいや、とすら思えた。観たけど。




■3日間総評
テント設営中の大雨だけは頼むから止めてくれ…。






1

2014/2/13 | 投稿者: komori

先週土曜日は記録的な豪雪。北海道以外であんな降雪を見たのははじめてかもしれない。翌日曜はまだ前日の雪積もる最中、日中は都知事選の投票に行き、夜は高円寺書林でkomori+yusaのライヴ。当初セトリには含まない予定だった「雪どけ水を飲みほして」を最後にやった。

「雪どけ水を飲みほして、春へ行くと 君はそんなことば高らかに謳えるのかい?」という、もう随分昔に書いた歌詞のことばを、今改めて己自身で噛みしめる。ポップな曲調とは裏腹に、これは皮肉と疑念の投げかけのことばだ。この街に、世界に、春は来るのか?今尚道の片隅で溶けることなく埃と泥ににまみれながら残された冬の残骸のような雪たちを見つめながら思う。

=================

壊れかけのテープレコーダーズの新しいライヴ動画がYouTubeにアップされました。先日1/29の新宿LOFTでのライヴの模様です。撮影編集はBOMBORIの坂下ひかり君。ありがとう!9分を超える大作です。長いんですが、是非観てみて下さいな。壊れかけのテープレコーダーズより、壊れた世界へ。

1

2014/2/4 | 投稿者: komori

1月のライヴ、終了しました。関わってくれた皆様、観てくれた方々、ありがとうございました。2月も既に1本、終えました。2/1、SOSITEレコ発。僕が世界で一番尊敬するロックバンドbloodthirsty butchersのドラマーでもある小松さんに直接今回のお誘いを頂き共演を出来た事は、本当に光栄でした。無論、SOSITEのライヴも素晴らしかったです。当日、場内BGMでは「kocorono」がかかっていたのが印象的でした。小松さんを見て、自分も何十年でも続けようと思いました。

で、その翌日はTRASH-UP!!×FALSETTOS×HOMMヨの共催によるMama’s Tattooというイベントに行きました。これで観たシーナ&鮎川誠のライヴが本当に本当に素晴らしかった!今もその感動の最中にいて、思い出しただけで目頭が熱くなります。調べたら、シーナさん60歳、鮎川さん65歳、なんという若さ!パワー!エネルギー!体力、体型だって、人間って生物学的に老いるはずでしょう?と思ってしまうが、全くそれを感じさせないお二人の佇まいに、ああ、やっぱりこれがスターなんだ、ヒーローなんだ、と思いました。そしてスターやヒーローはいつも僕らに夢を与え、未来を提示してくれる。最後シーナさん、満員のオーディエンスに「夢を諦めないで」と訴えかけていました。うん、頑張ろう。

最近思うこと。こうやってシナロケのライヴは、まだ観れる。ストーンズも今度観れる。日本にしろ欧米にしろ「ロック」というカルチャーの黎明期を築き上げて来た方々は、まだ伝説なんかに成り下がることなく、現在進行形でバリバリ活躍されている。でも、ルー・リードはもう観れない。大瀧さんも佐久間さんも亡くなられた。遅かれ早かれ、生物学的な死は僕らの誰しもに訪れてしまうのだ。語弊があるかもしれないけど、ロックの黎明期を作った人達はもう、おじいちゃん、おばあちゃんなのだ。だけど、まだおじいちゃん、おばあちゃんなのか、ということに気付く。沢山の人がまだ生きていて、現役バリバリな活動をされている。そう考えた時、「ロック」というものが、文化の歴史上で、なんとまだ若いカルチャーなのだろうか、ということに気付いた。戦後半世紀ちょいの間に、あまりにも多くのことが一挙に濃縮され、加速しながら現在まで駆け上がった、若き青春の疾走のようなものなのだ、ロックは、未だ。そしてそのスタート地点に立っていた方々の、いよいよ生物学的な寿命という地点に、ロックは差し掛かったのだ。次の10年後にストーンズは観れるのだろうか。そう考えるととても寂しくなるが、人間は死んでしまうのだ。自分のおじいちゃん、おばあちゃんも、母方、父方ともに昨年で全員死んでしまった。それはロックスターだって同じこと。ライヴを観れなくなるのだ、新譜を聴けなくなるのだ、いつかは。

ロックは半世紀ちょいを生き抜いて、今やっと過渡となる地点に差し掛かったのかもしれない。これから5年、10年、もっと多くのさよならをしなければいけなくなってしまうのかもしれない。だけれでも60代のシーナさん鮎川さんのライヴを観て、20代や30代の僕らの世代のバンドが感銘を受けたように、その灯は決して絶やされることはないだろう。そうやって継承され、ずっと続いてきた。それは今も昔も変わらない。

そんなことを考えながらシーナさんの言っていた「夢」という言葉に想いを馳せ、また今日も。ロックンロール。
2

2013/8/21 | 投稿者: komori

日曜日はshow boatで割礼宍戸さんソロとsakanaを観た。sakana実はライヴをちゃんと観るのははじめて。CDではずっと昔からファンだったんだけど、なぜかライヴを観に行くタイミングを逃し続けていた。ポコペンさんのうたは勿論、西脇さんのうたうギター、良かったなあ。ギターで、ギター以外の無数の楽器の役割を果たしてるような気がした。この2人編成で十分なんだなと思った。ひとつの楽器が、その楽器以外の何か別の楽器でもある、という可能性はとても重要なんだと思う。例えば、ストーンズにおけるキースのギターってもうひとつのドラムみたいなものだと思っている。そうするとチャーリーのドラムはドラムであると同時に、もうひと要素別種の何かをひそめたものに聴こえてきたりもする。

壊れかけでまた新曲を作っている。当初モータウン調のものを僕は想定していたのだが、バンドでアレンジしていくうちにTHE WHO的なロックの方向へとシフトしてきている。そういった過程を経てはじめて、フーやスモール・フェイセズ、ジャム等がソウルやR&Bを聴き、ああいった音楽に自分等が辿り着いたか、その気持ちが分かった気がした。ある形成された音楽(ここではあえてジャンルとでも呼ぼうか)が、その元来の出自となるコンテクストを越えて、別のコンテクストに移動される時、それははじめは模倣やコピーに過ぎないのであろうが、やがてその移行されたコンテクストが要求する形へと形成される。この混血性というものは悪く言えば土着性の排除なのだけれど、良い意味で言うとコスモポリタンな性質とも言えるんだよね。ロックミュージックの歴史の面白いところは、その発生から有史上ずっとそういう異種混合の葛藤を続けてるんだよね。それは21世紀になった今でもまだ過程の段階にある。と、そう僕は信じている、可能性を求めているから、面白いのです、ロックが。
0

2013/8/9 | 投稿者: komori

急遽もう1本小森solo決まりました。松崎ナオさんとは結構前にバンドで対バンしたことがあり、久し振りの共演です。

8/23 fri
下北沢 THREE
「土龍が如く」

OPEN/START 18:30/19:00
ADV/DOOR ¥2,000/¥2,300(+1D)

【出演】
松崎ナオ
松井文
土屋竜一(the highest)
小森清貴(壊れかけのテープレコーダーズ)



先決してる前の週のこちらもよろしくです。

8/16 fri
渋谷 HOME
「Beat Happening! VOL.1000 SPECIAL!
17 DAYS HAPPENING!
〜Accoustic BOY, Accoustic GIRL〜」

OPEN/START 18:00/18:30
ADV/DOOR ¥2,000/¥2,500(+1D)
※高校生以下の方は¥1000ディスカウントでご来場頂けます。
必ず学生証をご提示下さい。

【出演】
EG
水野創太
ゆうほ(the peggies)
山下秀樹(ザ・ラヂオカセッツ)
原コウヘイ(BAND A)
小森清貴(壊れかけのテープレコーダーズ)

0




AutoPage最新お知らせ