壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com

rock ' n roll fragility

2018/3/19 | 投稿者: komori

久々のブログ更新です。

3/24(土曜・昼)に、代官山晴れたら空に豆まいてにて、久しぶりの壊れかけのテープレコーダーズpresents開催します。


クリックすると元のサイズで表示します
■3/24 sat/daytime
代官山晴れたら空に豆まいて
壊れかけのテープレコーダーズ
presents
【rock ' n roll fragility】
OPEN/START 12:00/12:20
ADV/DOOR ¥2,500/¥2,800(+1D)
【出演】
ビイドロ
関口萌
壊れかけのテープレコーダーズ


ビイドロは、昨年9月にこもゆさで対バンし、「来年は壊れかけで!」と約束をし、念願の初対バンです。3ピースという最小限のロックバンドの編成の中で、常に自らを脱構築する実験性、しかしながら普遍的な歌心を常に忘れない、我々がその背を追うべき大先輩であります。今回の共演は本当に光栄です。

関口萌くんは、かつて我々の歴戦の対バンを繰り広げた盟友・Paradiseのドラマーであり、同時に天才的なSSWでもあります。その天性のポール・マッカートニー的ポップセンス、ただただ純音楽家たるミュージシャンである彼の一番ネイキッドな表現は、ソロにこそあるような気がしています。結構久しぶりの共演で、非常に楽しみです。

そしてこの日、壊れかけのテープレコーダーズは、新しい音源『FRAGILE E.P.』を会場先行で発売開始します。高橋豚汁君参加後の現体制での初の作品になります。

クリックすると元のサイズで表示します
壊れかけのテープレコーダーズ
『FRAGILE E.P.』¥1000税別
1、フラジャイル
2、祭のあと
3、restart & reunion


作詞/作曲:小森清貴
編曲:壊れかけのテープレコーダーズ
録音、ミックス:小森清貴
マスタリング:狩生健志(YAKEN STUDIO)
デザイン:英真也(SUSAVI)



収められている3曲はいずれも2016年の末頃、前ドラマーの44Oの脱退が決定しそのニュースの発表前の、これから壊れかけはどうなるのか、と思い悩んでた時期に書かれたものです。そして3曲とも新体制になりまずバンドでアレンジを始めた曲で、昨年7月の復活ライヴでの披露の為に用意をした曲達です。

だから、どうしても昨年のうちに録音もしておきたかった。2017年の僕らの呼吸を作品にしておかなければならなかった。

レコーディングは僕自ら、録音ミックスまでやりました。色んなエンジニア案もありましたが、初心に帰る気持ちでDIYな制作を敢えて試みたかった。マスタリングだけは流石にプロフェッショナルな人間に頼もうと、俺はこんなもんじゃないの狩生さんにお願いしたら、魔法のように良くなって返ってきて驚きました(笑)

デザインは今やLUNA SEAも手がける売れっ子の英真也くんにお願いしました。言わずもがな、高橋豚汁と彼はかつて「Far France」として活動を共にしたメンバー同士。だからこそ、今回は英くんしかないな、と思ったんです。彼には特に何も注文を出さず、曲を聴いてくれた感性のそのままを表現してもらました。

結果、最少の制作陣で、自力と信頼出来る旧知の繋がりを頼りに、また過去の作品の何れとも違う、バンドの次の10年の門出となる新しい作品が出来たと思っています。

3/24のライヴで会場先行で販売しますが、4/25からは全国流通も決まっていて、タワーレコードやディスクユニオン等でも購入可能になります。

でもまあ、ぞんな大それたことでも、ないんですよね。なんだか風潮として、リリースの時だけトピックスみたになる感じが段々どうでもよくなってきて、バンドはこれからも存続し生き長らえ続けますし、存在し続ける限り作品は売り続けますよ。レコードに残すってのは遠い未来に知らない誰かが手にとってもらえる可能性を見越して、記録として、物として、残すものでもあるのです。作品を作るとは、そういう夢や願いを託す作業でもあります。

まだまだ未踏の未来は待ち受けてるわけで、この作品がそんな未来への手紙となり、あなたのもとに届く為に、まだまだ頑張ります。まだまだ、止まれませんよ。

そういう、途方もない夢こそが、

やっぱり、ロックンロールなのかな、と僕にとっては、ね。

そう、思うのです。



1



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ