壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com

MUSIC LIFE 2014

2014/1/6 | 投稿者: komori

ここ最近、またリスナーライフが活性している。音楽を聴くのが楽しくて仕方ない。

その発端として、まずストーンズ来日のニュースに感化されてのストーンズ熱再燃があった。取り分け、60年代後半〜70年代前半にかけての米南部音楽に傾倒していた時期の作品を集中的に聴いたことにより、今度はそこから南部繋がりで再びザ・バンド熱が再燃。更にジョン・フォガティなんかも聴きつつ、ルーツ・ミュージックへの興味が日に日に募ってきている今日この頃。ストーンズの「メインストリートのならず者」とザ・バンドの「ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク」の懐の深さに想いを馳せたり。

あと、ブルース・スプリングスティーンが遂にきた。今更!いや、ずっと分からなかった、というか、勝手に構築してしまった先入観で完全に誤解していた。でも、やっと、ちゃんと出会えたよ、ボスに。今年はまずスプリングスティーンを聴き漁ろうと思う。

グラム・パーソンズ周辺のカントリーロックももっと掘り探りたい。あとハンク・ウィリアムスとか。もう一度ちゃんと聴いてみたい。

かつてレコ屋勤務だったのもあるけど、知識としては一通りかじっているものは無数にあるのだが、音楽は知識じゃない。経験として出会うもの。この日々が、世界に無数に散らばる音達とど真ん中で合致した時、それはきっと僕らにとって掛け替えのないものとなる。

そんな音楽に今年も沢山出会えたらいいなあ。

で、明日はソロにてライヴ初めですよ〜。

よろしく!

■1/6 mon
下北沢 CAVE-BE
CAVE-BE presents「月刊金田康平」
OPEN/START 18:00/18:30
ADV/DOOR ¥1,500/¥2,000(+1D)
【出演】
金田康平(THEラブ人間)
小森清貴
イエヤス
The Endcores
二瓶寛史(ステフアンドジミー)


※金田康平君が「一ヶ月の間に出来た新曲のみでライヴをやる」という趣旨のマンスリーイベントの第一回目です。

1



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ