壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com

「千年の愉楽」を観た

2013/3/30 | 投稿者: komori

新宿で若松孝二監督の遺作「千年の愉楽」を観た。まだうまく作品を消化しきれず言葉が出てこないのだけれども 凄い映画だった。そして今回の作品を観て、数年前に観た前作「キャタピラー」をようやく理解出来た気がした。「キャタピラー」もそうだったし「千年の愉楽」も驚くほど「何も起こらない」映画だと思った。予めクライマックスの設置されたカタルシスのストーリーに反するかの如く、どこへも向かわぬ映画。だけどれども、ただ確かにそこにある映画。そんな作品だった。

生まれては死に、死んではまた生まれ…延々と続いていく、私達の間逃れ得ぬ業。それは人間の性の悲しいまでの重さでありながら、同時に生命の強さ、そのものでもあると言える、と作品を観ていて強く感じた。

若松監督が最後の最後に今回の作品のようなテーマの境地に辿り着いたというのも興味深い。テーマはずばり「血」だな、と思った。社会のグローバル化とSNSによるネットワークの拡大にまるで反するかのような、極端に狭い世界のことを扱っている。だけれどもそれは個人が個人をキャラクター化し分散させることが可能な現代の社会において、再び個を見つめ直すことを促すような、若松監督のメッセージと受け取られた。

「浅間山荘〜」のあとに「キャタピラー」、そして今回の「千年の愉楽」へと連なる流れにも、はっとさせられた。時代性、共同性は徐々に薄れ、最後の最後、裸の、剥き出しの生命に訴えかえられるような作品だった。

とにかく、僕がここで拙文を綴るのは無視し、とにかく作品を観てみることを推奨します!

そして、今一度、この偉大なる映画監督に、合掌。






0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ