壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com

3月

2011/3/3 | 投稿者: komori

3月に入って早々に体調を崩してしまった。概ねこの季節は、花粉症と、季節の変わり目の気温差にやらるパターンが、例年多い。

2月終盤は23横浜、25下北、28東高円寺と、ライヴが立て続けにあった。どれも、荒い箇所も多かったが、ロックバンド然とした演奏が出来た気がする。拳を突き上げるような、そんな演奏。復活した二万電圧は初めて出演したが、音が良かった。これぞ、二万!と思った。芯がある。

それぞれ、来てくれた方々、ありがとう。こうして2月もあっという間に過ぎて行った。新曲「迷路」も、もう8回も演奏した…が上手くなるどころか、課題点ばかり浮き彫りに!

バンドではまた新たな曲を作り始めている。「箱舟は来なかった」に代わるようなナンバーになるのではないか、という位、力を注いでいる。

2月の疲れがどっと降り注いだのか、体調を崩した3/1は20時間位、全く起きず眠っていたようだった。

また明日からライヴが始まる。4日はナインスパイスでクウチュウ戦、after the greenroom等と、6日はUFOでファンシーナムナム企画。その後は3月は18日HOMMヨ企画まで、随分空く。有効に、やれることをやっていきたい。

そういえば、ライヴとライヴの狭間、2/26に行ったクウチュウ戦×悲鳴企画、2/27のシベールの日曜日と割礼の2マン(割礼は観れず…)、どちらも良かった。対照的な2日間だった。26日は今まさにここで火花を散らし鳴らされてる音、って感じ。27日のシベールは、今ここにいながら、ここにはいないような、どこか彼岸から聴こえるような、音。

2月は自分のライヴが多く、あんまライヴ観に行けなかったのは残念だった。やはり、好きなバンドを観にライヴハウスに足を運ぶのも、自分の音楽を磨く手段の一つだよな、と思うくらい、感化された。

3月も音楽に打ちのめされたい。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ