壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com
2018/1/2 | 投稿者: komori

明けましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

表題件、本当は昨年の内に書きたかったのですが、年末まで色々聴き込んでいたので、改めて振り返りと今年のへの展望を兼ねるつもりで、恐縮ではありますが。

『2017 BEST DISC 10選』

@ Maison book gril 『image』
A Cornelius 『Mellow Waves』
B The XX 『I See You』
C おやすみホログラム 『15』
D SuiseiNoboAz 『liquid rainbow』
E 笹口騒音 『わたしのうたはどこいった』
F 冷牟田敬band 『μ』
G 姫乃たま 『もしもし、今日はどうだった』
H 大森靖子 『MUTEKI』
I Peter Perret 『How The West Was Won』


@この時代に盤をフィジカルにリリースする意味、その「アルバム作品でなければならない」という意義を猛烈に感じた作品。それこそ音楽は無数に、無料で、聴ける。だが、この「物語」の経験は、このアルバムを順番通りに聴かなければ体感出来ない。2017ぶっちぎりのベストDISC。Aこちらもまたブクガと同じ理由で選出。僕にとってデヴィッド・ボウイ『★』への日本からの回答のような作品。B今全世界で最も先鋭的な音楽をやりながら商業的な成功をおさめてるグループだと思います。ロックミュージックの未来を垣間見ました。Cオタク目線抜きにしても、最早アイドルで括れぬ純粋にかっこいいロックバンド。15歳の時に憧れた音楽そのもの。D表題曲は自分にとって2017年を生き抜くための糧となった超名曲です。EFに関しては自分がレコーディングで関わった作品、Gはレコ発で全曲サポートした作品、ということでやはり聴く回数も多かったですが、全部名盤ですし、自分の録音にも自画自賛しています。Hこの人の弾き語りを前には平伏すしかない。戦前のブルースか、はたまたビリー・ホリデイのようなへヴィーさ、ブルージーさ。Iオンリーワンズのヴォーカリストのソロ作。やっぱり自分はこういう、何の変哲もないただのロックンロールでしかないロックンロールがたまらなく好き。


****************************************************


『2017 BEST LIVE 5選』

@ Damon & Naomi with 栗原道夫@渋谷7th Floor 2017.11.10
A LCD Soundsystem@FUJI ROCK FESTIVAL 2017.7.29
B 大森靖子@夏の魔物 2017.9.10
C MASSIVE ATTACK@豊洲Pit 2017.11.28
D Maison book girl@Zepp Diver City 2017.12.28


@人生ではじめてくらいに、ライヴ終わった後席から立ち上がれなくなってしまった。デーモン&ナオミは勿論だが、栗原さんのギターが凄すぎて、自分の求めてたギターを全てやりつくされていて、ギターをやめたくなった程に、とんでもなかった。この日を機転に、自分の中の音楽に向き合う上での何かが変わった気がする。A最もフジロックらしいフジロック、というステージだった。悪天候の中、泥まみれになりながら数万人の人間がアホになり踊り狂う。そこに批評も理性も、何の役に立つ?Bめちゃくちゃ泣いた。C主催にはチケットの件で分かっていたが騙されたけど、ステヤンのヤクザ具合とマッシヴの素晴らしさが相まって、色々含め忘れられない1日。D歌、ダンス、映像、照明、全ての完全なる調和の元の完全なる芸術です。


今年も、素晴らしい音楽と出会えますように!

0




AutoPage最新お知らせ