壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com
2014/1/2 | 投稿者: komori

明けましておめでとうございます。今年も小森清貴のロックロール活動を何卒よろしくお願い申し上げます。今年の目標のひとつにブログをもっと定期的に書くことを掲げたいと思います。今決めました。なんか、毎年そんなこと言ってる気もするけど…。でも、音楽とも歌詞ともまた違う、ツイッターとも違う、言葉と思考のツール、あるいは痕跡として、ここは生涯残し続けたいので、はい、もっと頑張ります…。逢う人に「ブログ読んでます!」と言われると、「気まぐれですみません…」としか応答しようがないのもなんなので…。

で、新年1発目の記事は、これもまた元来昨年のうちにやっておきたかったんですが、「BSET DISC&BEST LIVE 2013」という内容にしようと思います。今更かよ!はい。なんか、色んな人が年末に書いたりしてるのをみて、自分もまねしたくなりました。新年早々、昨年を振り返ります…。

小森選 BEST DISC 2013
(順不動です。ぱっと思い付いた10枚。甲乙つけ難い。)

@Paradise「beatmoln flower」
ASuiseiNoboAz「ubik」
Bbloodthirsty butchers「youth(青春)」
CDavid Bowie「The Next Day」
DOGRE YOU ASSHOLE「confidential」
EBARAMON「BARAMON」
F大森靖子「魔法が使えないなら死にたい」
GBOZ SCAGGS「Memphis」
H股下89「3rd demo」
Iおとぎ話「THE WORLD」


<解説>@順不同と言いつつこれがベスト1。年末の作品ですが。俺がロック音楽に求める全てが刻み込まれていた。Aここにも俺がロック音楽に求める全てがあった。14歳の時に聴いてたら確実に翌日ギター買ったと思う。B1曲目「レクイエム」の出だしのドラムの時点で泣いた。Cマガジンが1位に上げてたが完全に賛同。逆に若者は何してんだという懸念も。D衝撃度ではこれが1番かも。E後世に語り継がれる名盤だと2秒聴いて思った。F居酒屋でウォークマンで1人聴きながら泣いた。G音がとてつもなく良い。特にドラム。HCD-Rだが、凄いクオリティ。グランジ。Iおとぎ話は全部名盤。

小森選 BEST LIVE 2013
(こちらは日付順。内容は甲乙つけ難いので順不同。ぱっと思い付いた10本。てか、感動に順位なんてつけたくないわ。)

@佐々木匡人 2/28@秋葉原CLUB GOODMAN
A大森靖子 5/13@渋谷CLUB QUATTRO
B灰野敬二 5/31@渋谷Mt RAINIER HALL
Cズボンズ 6/5@渋谷o-nest
DBRAHMAN 7/28@FUJI ROCK FESTIVAL'13
E下山+テニスコーツ+青葉市子+Merzbow 8/20@渋谷WWW
FTHEラブ人間 9/18@東高円寺U.F.O CLUB
GSuiseiNoboAz 10/12@代官山UNIT
Hmoools 12/6@渋谷o-nest
IOGRE YOU ASSHOLE 12/28@恵比寿LIQUIDROOM


<解説>@壊れかけ企画にて。お呼びして良かったと心の底から思った。Aワンマン。歴史的事件とでも呼ぶべき夜だった。B「真夜中のへヴィロックパーティー」にて。レクイエムだった。Cキングカーンの来日サポート。ムーさん脱退の日のライヴやラストライヴも行ったけど、敢えてこの日を。30分にかけられたエネルギーの爆発。まさかそんなバンドが終わる日が来るとは、その時は思いもしなかった。D万人規模のステージで観たのにライヴハウスのような臨場感。音の強度が他のバンドと余りにも違いすぎた。E奇跡のコラボ。みんながアカペラで歌う中、最後まで歌わず俯いていた秋田さんが微笑ましかった。Fピントカで出たYDO生誕祭。この日のラブ人間の5人の躍動たるや。まさかそこからピースが外れてしまう日が来るとは。でも、金田君なら何度でもその躍動を創り出せると思う。G「ubik」のツアーファイナルワンマン。同世代で、心の底から日本一かっこいいバンドだと思える。最強の3ピース。H「モールス祭」にて。継続の意志、そして世界を笑い飛ばすユーモア。バンドを続けるにあたっての大切なことを教えてくれた。Iオウガのあらゆる音楽への深き理解と愛に、俺は泣いた。



はい。おしまい。満足しました…!笑

さて、今年はどんな素晴らしいレコードやライヴと出逢えるかな?

今年もよろしく。


1




AutoPage最新お知らせ