壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com
2012/11/6 | 投稿者: komori

ワンマンから早くも1週間。

その間に、また僕等は息をつくまもなく、過去に浸るでもなく、いつものように間髪入れずギグが、11/3、4と立て続けに2本の学園祭でのライヴをこなして、またこうやって何度目かの朝。

先週の、ワンマンの2時間は、あっという間だった。そりゃ息をつく間もないよ。瞬きひとつ分の速度で、音楽は、僕等のこの握ろうとしたその手の指と指の隙間から、いとも容易くすり抜けてしまう。目が覚めれば昨日は、昨日に。過去。想起可能な、最早形象と化した、時間も空間も。

それならば、とまた僕等は「動き」の只中に飛び込んでいくだろう。それが愚かさか果敢さの現われかは、後に歴史が決めること。四の五のぼやく暇があったなら、今はとにかく走り続けていたい。まだ止まれない。

ワンマンのセットリストや写真はコチラから。

いつも応援してくれてる人達、
どうもありがとう。

最新の曲の、歌詞を。

クリックすると元のサイズで表示します

「ロックスターのお墓参り」 作詞・曲 komori

番をかけられた扉の先の闇を灯すモリスンの炎
ボランのブギの電気にやられ 痺れ 朝まで踊る
ヘンドリックスの墓を掘り起こせニール
"Rust Never Sleep" その爪で
インタビュアーの書いた伝記を蹴散らせ
"Kick Out the Jams, Mother Fucker!" 叫べ

奴等、お涙頂戴の芝居で
ロックスターの墓の前に立ちすくむけど
フルボリューム ディストーションで壊してよ
ロックスターのお墓参り 未だ誰も眠っちゃいないんだろ?

バレットとヴィシャスの2人のシドが
向かった先は同じ場所
だけれども僕はそこには行かず ドラッグなしで踊る

彼等みたいな栄光と破滅を
17歳になるころは描いてたけど
伝説にもなれないロックンロール
27歳になる今も僕は続けてる

今も聴こえる 眠れずに鳴っている
ロックスターの墓の前で耳を澄ませば
フルボリューム ディストーションで壊してよ
ロックスターのお墓参り 未だ誰も眠っちゃいないんだろ?

今、もう一度歌ってくれよ

今、もう一度…

0




AutoPage最新お知らせ